pec
美容/健康

インフルエンザ予防について

シドニーの冬が、意外と寒いことにびっくりされている方も多いじゃないのでしょうか?

夏のイメージが強いオーストラリア、日本から来るときに薄着しか持ってこなかったとか、日中と夜の気温差が激しいことから体調を壊すことが日本にいるときよりあるような気がする。。など、思い当たる節はありませんか?

普通の風邪とインフルエンザの差はいくつかあるのですが、まずインフルエンザの場合は、高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などが諸症状です。これらの症状に咳、鼻水、くしゃみなどが伴う場合もあります。このような症状が発症してから48時間内に抗ウイルス剤(タミフルなど)を使用することにより、症状を軽減し、早期回復させ、インフルエンザの合併症を防ぐことができます。

自己判断や、ほかの人からお薬をもらうなどをせず、かかりつけの医師にご相談ください。

でも、一番は予防。手洗いが基本です。そして、水分をよく取る、バランスのよいお食事、睡眠をとることを心がけましょう。

60歳以上の方、呼吸器系が弱いかた(喘息をもってるかたなど)、医療関係、デイケアセンターなどでお仕事をされている方は予防接種を受けることをお勧めします。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら