教育/留学/習い事

【想定外!?】事前に把握しておくべきだった留学費用5選

突然ですが質問です。留学費用と聞いたとき、みなさんは何を思い浮かべますか?学費、ホームステイ代、飛行機代、生活費、、、きっとみなさんは留学にかかるメインのお金を想像すると思います。しかし忘れがちですが、実は他にもいろいろなところでお金がかかっています。また生活費でも様々な枠があって、何を考えておけば良いのか分からない人もいるかもしれません。

今回は実際に留学している私が経験に基づいて、把握しておいたほうが良い留学に関わる費用5選をみなさんにお伝えします!

事前に把握しておくべき留学費用5選

1. 予防接種代

予防接種は受ける人と受けない人がいると思いますが、心配な方はやっておくべきでしょう。しかし、これがなかなかの出費でした。

参考に私が実際に受けた予防接種とその料金です。

狂犬病 13,500円×4回=54,000円
A型肝炎 13,000円×2回=26,000円
B型肝炎 5,000円×3回=15,000円
日本脳炎 公費
三種混合 9,000円
MMR 9,500円
合計 113,500円

 

私は小さい頃にあまり予防接種をしていなかったので、少し高めだと思います。

なので人によって受けていない予防接種の種類や数はそれぞれ、また年齢によっては公費で受けられるものもあると思うので早めに病院へ行って予防接種のスケジュールをたてることをおすすめします♪

 

2. ビザの申請料金

ふたつめはビザの申請料金。私が学生ビザを申請した時(2018年1月頃)は560ドルでした。しっかりしている人は忘れないと思いますが、私の場合はとにかくビザを申請することで頭がいっぱいで、申請料の正体を知ったのは、実際にビザを申請してクレジットカードの情報を入れる時でした。

また学生ビザの延長や更新するのにもお金がかかるので、オーストラリアの留学を現地で延ばす予定のある人は一括でビザを申し込んでおくと良いかもしれません。

 

3. 到着後の交通費

オーストラリアに実際に来て、最初にかかったお金が交通費でした。私の場合はホームステイ先から学校、観光、遊びに行くのを含めて約週50ドル4週間のステイだったので合計で200ドルくらいの出費でした。ホームステイ先と学校の距離は多くの場合、交通機関を使って一時間以内のところになるので、金額も同じくらいだと思いますただ交通費は必ずかかるので、持っていくことをおすすめします♪

 

4. シェアハウス代

ホームステイが終わると、きっとみなさんはシェアハウスに移動すると思います。実際私もホームステイ後は、シェアハウスに移動しました。渡航前に「シェアハウスのお金についても考えておこう。」と思ったのですが、「オーストラリアに行かないと分からないか!」と思い考えずに来ました。

しかし!私はみなさんに助言しておきます!悪い事は言いません!しっかりシェアハウスのお金について考えておきましょう!事前に日本からシェアハウスの物件を見ることも可能です。それぞれの地域でレント(家賃)は異なるので、先に確認しておきましょう。

シェアハウスの物件を探せるおすすめサイト

英語のサイトもいくつかありますが、英語がまだ苦手な方は日本語のサイトが一番手っ取り早く情報をキャッチ出来ると思うのでおすすめです。

私は6回くらいインスペクション(内覧)をしましたが、あまりに安すぎる場所は「家では勉強は出来ないな、、、」というのが感想です。また最初にシェアハウスに移動した際、レント(家賃)以外にボンド(保証金)の支払いがあります。大体ボンドはレントの二週間から四週間分になります。そのため最初は少しお金がかかるので、それも含めて資金準備をしましょう♪

 

5. 交際費

オーストラリアは思っていた以上に物価が高かったです。日本では1,000円以下でランチが食べられるし、しかもメインだけでなくセットで何かしら付いてきたりします。しかしオーストラリアではそんな素敵なものにはなかなか出会えません、、、。基本的にランチは10ドル以上はかかります。私がランチを食べに行くときは大体15ドルは使います。しかもメインだけ!

普段はなるべく外食は控えていますが、やっぱり友達と遊びたい、、、!なのでオーストラリアに留学する人で、勉強と遊びを両立させたい人はメインの留学費用だけでなく交際費も含めて貯金をしておくと良いと思います♪

まとめ

みなさん、どうでしたか?きっとしっかりしている方は「こんなの当たり前に考えてるよ!」と思うかもしれません。また、「考えてなくてもそんなに高くないから大丈夫じゃない?」と感じる方もいるでしょう。しかし物価の高いオーストラリアで過ごしていると、「日本でちゃんと資金準備しておけば良かった」と後悔する方もいます。

留学エージェントや個人で調べたときによく出てくる主な留学費用の学費、初めの滞在費、航空券代、生活費だけでなく、その他の費用もしっかり把握しておくことによって、現地でお金のことで焦らずに留学に集中できます♪

私の経験がみなさんのお役に立てたら嬉しいです!ではまた今度♩

->全文はこちら

この記事をシェアする

Morrow Worldのサービス

オーストラリア留学ワールド

http://tabiken.com/au/

フィリピン留学ワールド

http://tabiken.com/ph/

会社情報

会社名 株式会社Morrow World
所在地 Suite 605,Level 6 /68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia
電話 0401 713 952(日本語対応 担当:ヨシ)
メール info@morrow-world.com
LINE ID morrowworld

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら