教育/留学/習い事

シドニーの入場料が無料のオススメ観光スポット5選!

皆さん、こんにちは!突然ですが、「オーストラリアの物価は高い」と聞いたことはありませんか?

「今は語学学校に通っているだけでアルバイトをしていないからお金が無い…」

「日本に帰るまでにお金を貯めたいからなるべく節約したい!」

「高い入場料を払ったのに楽しめなくて苦い思いをしたくない!」

等々…お金を使わずに無料でシドニーを観光したい理由は十人十色ですよね…!生活をする上で必要不可欠な物価お金の存在。何かを楽しむためにはどうしてもお金が必要になりますが、実はオーストラリアではお金を使わずとも楽しめる場所が沢山あるんです!

今回はその中でも私が行ったオススメの無料で楽しめる観光スポット5つをご紹介します!

入場料が無料の観光スポット5選!

①シドニー天文台

名前:シドニー天文台(Sydney Observatory)
住所1003 Upper Fort Street, Millers Point New South Wales 2000
営業時間:月曜日から日曜日の10時から17時まで
所要時間:1時間から2時間
WebsiteSydney Observatory

シドニー内にあるザ・ロックスの丘の上に位置するシドニーで一番古い天文台です。1858年にシドニー港で働く人々に時間を知らせるために作られました。現在でもその名残として建物の外から一番上に時間を知らせるための黄色いボールが稼働し続けています。黄色いボールが一番下の時は午後1時の意味で港で働く人々の時間の目印だったそうです。

館内には月や星、惑星などの資料が沢山展示されています。無料とは思えないほどのボリュームの館内は休日は混雑していますが、平日は静かに見学が出来るので是非行ってみてはいかがでしょうか?

 

②バランガルー・リザーブ

 

名前:バランガルー・リザーブ(Barangaroo Reserve)
住所Hickson Road, BARANGAROO New South Wales 2000
営業時間:24時間365日訪れることが可能です。
所要時間:1時間から2時間
WebsiteBrangaroo Reserve

シドニーの中心地であるタウンホールから歩いて30分の場所にある大きな公園です。ここからは海やハーバーブリッジが見える観光客だけでなく地元の人々も訪れる憩いの場となっています。時間や日程を問わず、いつでも訪れることが可能なこの場所ももちろん無料です。

丘を上ると一面が芝生で覆われていて、ジョギングコースもあるので写真撮影を楽しむ人や散歩をしている人々が多く見られました。私がここに訪れた日はとても天気が良かったので一緒に友達と一緒に芝生の上に横になってお喋りを楽しみました!

 

③シドニー・ロイヤル植物園

名前:シドニー・ロイヤル植物園(Royal Botanic Garden)
住所Mrs Macquaries Road, Sydney New South Wales 2000
営業時間:6月と7月は7時から17時まで ※時期によって異なる
所要時間:1時間から2時間
WebsiteThe Royal Botanic Garden Sydney

 

シドニー内にある最大規模の植物園です。観光地であるオペラハウスの近くに位置しており、ジョギング、散歩、ピクニックを楽しむ人々が沢山訪れています。友達と学校帰りに訪れたのですが、お互いにお菓子やジュースを持ち寄りゆっくりと流れる時間に癒されながら楽しくお話をしました!無料で出入り自由なので自然が恋しくなったら是非とも訪れてみてください。

5月後半から6月の半ばまで開催されるVivid Sydney Festivalではここも大々的にライトアップされて多くの人々が訪れます。この期間ももちろん無料なのでオペラハウスを訪れた帰り、もしくは行く前でも立ち寄ることが可能なので都会の中に溢れる自然を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

④オーストラリア現代美術館

名前:オーストラリア現代美術館(Museum of Contemporary Art Australia)
住所140 George Street, The Rocks New South Wales 2000
営業時間:月曜から日曜までの10時から17時まで。(水曜のみ21時まで)
所要時間:2時間から3時間
WebsiteMuseum of Comtemporary Art Australia

サーキュラーキーから歩いて5分、ダーリングハーバーの目の前の場所にある有名な美術館の一つです。美術館って有料のイメージですよね…でもここは無料で入る事が出来ます!5階建ての巨大な美術館で中には沢山の作品がズラリと並んでいます。なんとフラッシュを使わなければ写真撮影も可能とのこと、驚きです!毎日ボランティアの方によってデイツアーや作品の解説が行われています。

私はとても気に入ったので帰りに受付近くにあるボックスに50セントの寄付(donation)をしました。

「美術館ってつまらないイメージ…」

「芸術とかよくわからない!」

「何だか敷居が高そう…」というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、是非とも無料なので行ってみてください!!

 

⑤コッカトゥーアイランド

名前:コッカトゥーアイランド
住所Cockatoo island
営業時間:月曜から金曜までの9時から17時まで(インフォメーションセンターは10時から16時まで)
所要時間:2時間から3時間
WebsiteCockatoo Island

コッカトゥーアイランドはシドニーで一番大きな島の一つで2010年に世界遺産に登録されました。第二次世界大戦の時に沢山の囚人がここで強制労働をさせられていた場所です。現在では観光地となっていますが、個人的な印象としては”退廃している刑務所”といった感じでした。世界遺産とはいえこの場所も入場料は無料となっております。

ここを訪れるためにはオーストラリアの公共交通機関の一つであるフェリーで直接向かいます。(約20分)コッカトゥーアイランド行きのフェリーがサーキュラーキーから出ているので簡単に行く事が出来ます。

中央に受付カウンターがありますが、マップはスタッフさんに声をかけなければもらえないので注意が必要です!この場所は昔の雰囲気が感じられますが、建物に圧倒され少し慄いてしまいました…!

まとめ

いかがでしたか?

シドニー内には沢山の観光地がありますが、どこも入場料が必要でお金がかかりますよね…。せっかく渡豪したのに学校が忙しくてアルバイトを始めるまでに時間がかかってしまい、生活の中でお金は減るばかり…。しかし、今回ご紹介した5つのスポットはお金を無駄にすることなく、全て無料で楽しめる場所なので是非とも訪れてみてはどうでしょうか?

->全文はこちら

この記事をシェアする

Morrow Worldのサービス

オーストラリア留学ワールド

http://tabiken.com/au/

フィリピン留学ワールド

http://tabiken.com/ph/

会社情報

会社名 株式会社Morrow World
所在地 Suite 605,Level 6 /68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia
電話 0401 713 952(日本語対応 担当:ヨシ)
メール info@morrow-world.com
LINE ID morrowworld

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら