教育/留学/習い事

(憧れのお仕事No1)オーストラリアで教師になろう!

iae留学ネットは1992年創立より、留学生やワーホリの皆様の信頼を築きながら成長してきました。

知識豊富で迅速かつ丁寧なカウンセリングをご希望の際は、是非数々のエージェント賞を受賞してきた

教育機関提携数No1のiae留学ネットまで是非ご相談ください。

いつでも無料カウンセリングを承ります。

こんにちは、iae留学ネットです!

ここ最近、弊社に無料相談を訪れる方の中で、「日本語教師を目指そうかと思うんです、、」「オーストラリアでの日本語教師は需要はありますか?」といった相談が多く目立つようになり、日本語教師ブームが到来したように思います。

ということで、今回はオーストラリアで日本語教師になるには、についてご紹介します!

オーストラリアでの日本語教師の現状

まず、現状として、日本語教師の需要はますます多くなりつつあります。

その背景としては、日本の少子高齢化によって外国人雇用率が高くなり、それに次いで日本で住みたい、働きたい外国人や、実際に日本へ移り住む方が増加しているということ。

また、オーストラリアでの日本語学習者も年々多くなっているらしく、今まさに日本語教師の必要性が高くなっています!

オーストラリアでの教員職

オーストラリアでの教員職に就くにはそれぞれ教員資格が必要です。

Early Childhood Teacher:幼稚園の先生

Primary School Teacher:小学校の先生

Secondary School Teacher:中高教師 ◎

Languages other than English (TLOTE) Teacher:外国語教育の教師

この中で、日本語教師になりやすいのはずばりTeaching (Secondary)という、中高等教育の先生です。

オーストラリアで日本語学習者が最も多いのは小中高校生です。

ではなぜ中高等教育をおすすめするかと言えば、オーストラリアの小学校でも、日本と同じく必修科目は全て教えなければならなりません。

つまり、日本語教師を目指す、日本語を主に教えたい方はSecondary Teaching Teacher(中学・高校の先生)を目指すことになります。

大学の教育学部の入学条件

大学によって入学条件はそれぞれ異なりますが、オーストラリアでの 一般的な入学条件としては、

  • 学歴:日本の高校卒業後、大学付属のファウンデーションコース(大体1年)を卒業してから、大学進学

*他の学科には、ファウンデーションコースのほかにディプロマコースという、大体1年間のコースを終えるとそのまま大学の2年生として編入出来るものがあるのですが、教育学の場合はありません。

*また、日本の高校卒業後にそのまま大学に入学できる場合もありますが、受け入れをする大学があまりなく、日本とはまったく違ったオーストラリアの授業や課題に慣れるためにもファウンデーションコースを過程に入れることがお勧めされます。

  • 英語力:IELTS7.5 (ライティング&リーディング7.0、スピーキング&リスニング8.0以上)

オーストラリアのほとんどの大学が、教育学部に入学の際に必要なIELTSの点数を、アカデミックモジュールの7.5以上と規定しています。

やはり、教育職ですから高い英語力が求められますが、

他にも大学コースにより作文や面接がある場合もあります。

オーストラリアで教師になる過程

認定された大学で教員養成課程または一般学士課程を修了(3-4年)

一般的に大学は4年、大学院は2年の就学期間です。

大学選びの際に知っておくべきポイントは、大学・大学院から教員免許を取得+日本語教師を目指す場合、学校選びの際にSecondary Teachingコースと併行して、LOTE(Languages Other Than English)で日本語選択ができる学校を選択することです。

また、もう一つ覚えておくべきこととして、日本人であるからといって誰もが必ずしも日本語を教えられる、ということではありません。大学で言語学や日本語の勉強を終えてからのみ、日本語を教える資格が与えられるので、上記のようにLOTEでの日本語がある大学を探すことは重要です。

大学院(2019年から2年制の修士コース)で、教員過程を終え、仮免許登録

仮免許でも教員として教えることは可能です。

仮免許の登録条件としては、

  • 英語力:

1.オーストラリアで4年の教育学を卒業すると、英語力は満たしていると判断されるので通過出来ます。

2.大学院の教育学修士卒業をした場合、IELTSのアカデミックモジュールで7.5(speaking&listening 8.0, writing&reading 7.0以上)の英語力証明が必要です。

  • Numeracy and Literacy Test (算数・読み書き能力テスト)

③各州の試験を合格し、教員として本登録

教員の仮免許取得後、各州によって教育委員会が定める条件が異なるので、それぞれの条件を合格した後、教員として本登録ができます。

中高教師(Secondary School Teacher)になるには?

まず、自分が教えたい専門分野を2科目選びます;

英語・TESOL・言語(日本語、中国語、フランス語、スペイン語など)・数学・ドラマ・

ダンス・アート・音楽・メディア・人文学系・ビジネス系・地理・歴史・理科系・

心理学・体育・環境学・ITなど

 

また、オーストラリアでは、専門分野を2つ選ぶように、通常一教師につき2科目教えるのが一般的であるので、日本語以外の得意科目を持つことをおすすめします。

では、シドニーで中高教師を目指せるコースをご紹介します’。

  •  大学A

(1)Bachelor of Teaching

期間:4年

入学条件:ATAR77.00 留学生はその他試験を受けて同等の数値を出します

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$22,720 x 4年

(2)Master of Teaching/Bachelor of Arts

期間:2年

入学条件:ATAR77.00

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$22,720 x 2年

  •  大学B

(1)Bachelor of Education(Secondary) Graduate Entry

期間:2年

入学条件:学士レベルその他同等のもの

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$30,000 x 2年

(2)Bachelor of Education(Secondary)

期間:2年

入学条件

-学士資格その他同等のもの

-NSW Education Standards Authority(NESA)が認定する小学校や中高レベルを教えるための科目を修了していること(申請時に評価される)

-志望動機書

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$31,800x 2年

  •  大学C

Master of Teaching(Secondary)

期間:2年

入学条件

-オーストラリアの3年制学士レベル

-Working with Children Checkを所持していること

-大学以外での実務経験などあれば尚よし

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$24,096 x 2年

 

  •  大学D

(1) Bachelor of Arts Bachelor of Education

期間:4年

入学条件:ATAR70.30 (Primary)、ATAR70.45 (Secondary)

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$31,824 x 4年

(2) Master of Teaching in Secondary Education

期間:2年

入学条件:志望動機書(4つの質問にそれぞれ250字で答える)

入学期間:2月

英語力:IELTS7.5(SL8.0、WR7.0)

学費:$25,872 x 2年

*ATARとは、州によって異なるのですが、オーストラリアの高校生が学期末に受ける試験の結果の最終総合点数や、高校生活全体の成績から出される最終点数のことです。

大学レベルの教師になるには?

大学レベルの教師(Lecturer)になるには、

  • 学士過程+修士号または博士号を修了、
  • 論文を作成できるに値する数年以上の日本語教育経験、
  • コース概要の作成(コースのアウトライン、シラバスなど)、
  • 執筆論文、記事、出版物など継続的な学問的資料 が求められる。

 

また、大学などの高等教育機関で教える場合は、単に日本語を教えるのではなく、日本の文化、社会問題、文学や芸術など、日本に対してのより深い知識や専門性に重点を置かれており、日本語教師だからといって日本語のみを教えるということはそうそうありません。

つまり、日本についてのエキスパートであることが求められます。

大学で日本語を教えるのは、「その次」みたいなものと考えればいいと思います。

 

いかがでしょうか?

オーストラリアでは、教員職は全体的に安定職なので人気が高く、

また、日本人であるからこそ教えられる日本語を、日本が好き!日本語を学びたい!という現地学生に教えること、すごく価値があることだと思います。

弊社では、一人一人にあったプランを提案させていただくので、

他の教科を教えたい、大学進学するまでのプロセスが知りたい、など

なにか少しでも興味のある方は、

是非一度無料カウンセリングにお越しくださいね😊

 

上記は2019年3月の時点での一般的な情報です。大学入学査定や教員登録は各機関の審査過程により異なり、ケースバイケースとなります。

 

関連記事『最優秀エージェント賞4回受賞!iae留学ネットのすべて

 

*.゜。:+*.゜。:+* 1992年からの老舗エージェント  iae留学ネット ゜。:+*.゜。:+*.゜。

◆教育機関提携数 No1◆

語学学校、専門学校、TAFE、大学進学に関するご相談いつでも承っています。

学生ビザ拒否率・驚きのゼロ!

Suite 301, Level 3, 405-411 Sussex st Sydney

Central駅からのアクセス解説はコチラ

E-MAIL(迅速対応!): iae-sydjapan@iaeoz.net  

日本語TEL: 02 9217 7719 / 日本語MOBILE: 0433 359 500

WEB: http://www.iaeglobal.com.au

    いいね!とフォローするとコピー100枚無料↓

インスタグラムはじめました★

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら