教育/留学/習い事

【体験談】シドニーで日本語の通じる病院に行って治療を受けてきた!

今回は実際に日本語の通じるオーストラリアの病院に行って治療を受けてきたのでその経験を紹介します。

“オーストラリアで風邪を引いたり、怪我をした時にどうしたらいいのか?”、”英語を喋ることができないくても大丈夫なのか?”、”お金はどのように支払うのか?”、”保険は使えるのか?”、などいろいろ不安もあると思います。

実際の体験をそのままお伝えすることによってその不安が解消できればと思い、その際の診断の流れや自分の経験などをシェアしたと思います。

オーストラリアの病院事情

日本では、自分の症状によって専門の病院に行くのが一般ですが、オーストラリア では、まずGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医のところで診察してもらいます。軽い病気や風邪、ケガの場合はGPの診断で十分ですが、GPが総合病院や専門医の診察が必要だと判断した場合のみ、招待状を書いてもらい病院に行きます。ここで注意しないいけないのは、GPから招待状をもらわないで病院に行った場合、医療保険の適用外となり保険の請求ができなくなります。

病院(GP)に行く前の注意点

医療保険の情報を調べよう!

オーストラリア国民と永住者のための医療保険を持っている場合は、GPでの治療費は無料ですが、キャッシュレスサービスのない海外旅行保険やワーキングホリデー、学生向けの民間医療保険の場合は治療費を払わないといけないので、現金かクレジットカードを用意する必要があります。

保険なしでのオーストラリアGPの平均的な治療費は30ドル〜です。その為、事前にインターネットなどで、どこの病院がキャッシュレスサービスに対応しているかなど医療保険の情報をしっかり調べて行く事が大事です。

予約を取ろう!

混んでいる場合体調が悪い中、長時間病院の待合室で待つことになる恐れがあるので、事前に電話をして予約を取るようにしましょう。

病院に行く時に持って行く必要のあるもの

スムーズな受診や保険適応の為にも下記のものは持っていきましょう。

  1. パスポート(身分証明のため)
  2. 海外旅行保険などの契約書
  3. 現金またはキャッシュカード(支払いのため)

日本人でも安心「DR.CELINA RAPPAPORT(ドクター・セリーナ・ラパポート)」

今回私が行った病院(GP)は、タウンホール駅の近くにあるMedi Centralというメディカルセンターの中に入ってるDR.CELINA RAPPAPORT(ドクター・セリーナ・ラパポート)です。

こちらは、海外保険のキャッシュレスサービスにも対応しています。また、セリーナ先生は、日本語が喋れる先生なので通訳なしで安心して診察してもらう事ができます実際会って、先生はとてもフレンドリーな方で、ケガの事だけではなくオーストラリアの事、私の地元の話などいろいろお話ししました。笑

また先生は女医なので、女性の方も男性の方には相談しづらい事でも気軽に相談できると思います。ここには受付とナースに日本人の方がいるので受付から診断、保険のことまでスムーズにできました。

医院情報

名称 DR.CELINA RAPPAPORT(ドクター・セリーナ・ラパポート)
住所 MediCentral, Level 11, 501 George Street, Sydney NSW 2000
営業時間 月・火・木・金 8:00〜16:00
電話番号 (02) 8378-1717
ウェブサイト https://www.taslyhealthpac.com

 

開院日

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
午前
午後

 

行き方

DR.CELINA RAPPAPORT(ドクター・セリーナ・ラパポート)は、タウンホール駅から徒歩5分の距離にあります。

タウンホール駅を出て、ジョーシ・ストリート沿いにある、リージェント・プレイスの11階にDR.CELINA RAPPAPORT(ドクター・セリーナ・ラパポート)はあります。

ジョージストリートに面している入り口は10階なので、エスカレーターで1階上がるとメディカルセンターがあります。

こちらは病院全体の受付です。ここのクリニックには、眼科など他のGPも入ってます。DR.CELINA RAPPAPORT(ドクター セリーナ ラパポート)に診察に行く場合は特にこちらの受付に声をかける必要はありません。こちらをスルーして写真左側の通路を進んで左に曲がるとドクター・セリーナがあります。

そして、こちらがDR.CELINA RAPPAPORT(ドクター・セリーナ・ラパポート)です。この中に受付があります。受付には日本人の方がいるので気軽に日本語で話してみましょう!

受付からの流れ

1.受付

初診の場合はまず、受付で自分の症状を説明して、パスポートと海外旅行保険の契約書を渡します。

2.海外旅行保険金請求書と同意書に記入

ここには名前、保険の契約書の番号、オーストラリアの住所・連絡先、日本の住所・連絡先、症状の出た日、(事故の場合その理由)、署名などの記入欄があります。
※記入できない場所があった場合、請求できないのであらかじめ携帯などにメモしておきましょう!

3.診察

ここで実際にドクター・セリーナ先生に診断してもらいます。日本と同じように先生に症状を詳しく話して診断してもらいます。先生はとても日本語が上手でフレンドリーな方でとても話しやすかったです。症状のこと以外にもいろいろお話できました。
※診断の時に先生からの質問に答えられるように、いつから症状が出たのか、どのような症状でどのような痛みかなどを説明できるようにしておきましょう!

4.治療

私は軽度の火傷だったので、負傷箇所からばい菌が入らないように、ナースの方に丁寧に治療をしていただきました。この日は日本人のナースがいなかったのですが、先生が通訳もしてくれたので安心して治療を受ける事ができました。

5.次回の予約

私の場合は、経過診断が必要だと判断され次回の予約をしました。

6.処方された薬の受け取り

同じメディカルセンター内にある薬局に処方された薬を受け取りに行きます。ここにも先生が一緒に来ていただき、私の症状などを薬剤師の方に説明して、薬とガーゼなどを選んでいただきました。
※私は東京海上日動のキャッシュレスサービスのある海外旅行保険に加入していたので、支払いはなくキャッシュレスで全て行ってもらいました。

まとめ

この記事が皆さんの助けになれば嬉しいです。私も今回初めてオーストラリアの病院に行ったのですが、海外の病院で日本人・日本語の話せる方がいるというのは、とても安心でき受付から診断までとてもスムーズにできたので、なんのストレスもなく受診できました。

いつなにが起こるかわからないので、オーストラリアの病院のこと診察までの流れなど知っておくが大切だと思います。皆さんは病院に行くような事がないようのして下さい!!笑

 

->全文はこちら

この記事をシェアする

Morrow Worldのサービス

オーストラリア留学ワールド

http://tabiken.com/au/

フィリピン留学ワールド

http://tabiken.com/ph/

会社情報

会社名 株式会社Morrow World
所在地 Suite 605,Level 6 /68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia
電話 0401 713 952(日本語対応 担当:ヨシ)
メール info@morrow-world.com
LINE ID morrowworld

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら