教育/留学/習い事

【凄いぞ】世界最強の日本のパスポート!ビザなし渡航可能国No1!

皆さんは、日本のパスポートが世界最強だと知っていますか?日本から出国する時、外国に入国する時など皆さんも海外に行く時にはパスポートを持参しないといけませんが、”パスポートとは何か”、”パスポートの持つ力は国によってなぜ違うのか”などシェアしたい思います。

全部読み終わった後に、何気なく持っている日本のパスポートが誇りに思えるようになるでしょう。

外国に入国する時に必要なもの!

  • パスポート
  • ビザ

パスポート(旅券)とは?

世界のほとんどの国が、外国人の入国・滞在を許可する条件の一つとして、パスポートの携帯及び呈示を求めています。パスポートを持っていなければ、世界のどの国にも入国できないばかりではなく、そもそも日本から出国することさえできません。また、旅先でホテルへチェックインする時などにも提示を求められます。
*オーストラリアでは、パブなどお酒を飲むところに入る時も提示を求められます。

言葉の異なる海外において、自分が何者であるか(国籍、氏名、年齢など)を具体的に証明できるほぼ唯一の手段と言うことができます。つまり、パスポートは世界で通用する身分証明書です。

 

ビザ(査証)とは?

渡航先の各国大使館や領事館で発行されるものであり、入国しようとしている外国人が入国するに相応しいかを事前に判断する身元審査である。また、ビザには観光・商用・就労・留学など様々な用途の種類があり、目的も審査します。つまり、入国許可証です。海外に向かう際に、ビザが必要になるのは、自国に入国する外国人の活動目的や滞在期間に応じた事前審査を行い、問題がなければ入国を許可することで、自国の安全を守っている。

ビザ発行と聞いて、あれ?私が旅行した時はビザ発行してない。または、友達が旅行に行った時もビザが必要だという話を聞いたこともないと思った方もいるでしょう。

旅行などの短期間の滞在なら、ビザが不必要になることがあります。(理由は後ほど説明します)

パスポート(旅券)のランキング

ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)がビザ(査証)なしで入国できる国・地域の数に基づき世界各国のパスポート(旅券)を比較したランキングがあります。
webサイト→https://www.henleypassportindex.com/about

日本のパスポートが世界最強!!

2019年のランキングの結果は、日本とシンガポールが1位で190カ国・地域にビザなしでアクセスできます。昨年の1位に続き今年もランキングがトップでした。

最下位は、アフガニスタンの25カ国。

一方、107カ国中最下位だったのが、アフガニスタンの25カ国です。日本の7分の1以下です。

理由は治安の安定しない国の事情が関係していすが、海外旅行をしようと思っても、複雑なビザ申請とそれに伴う手数料で費用もかかるという大きなハードルがあります。

なぜ日本のパスポート(旅券)が強いのか?

まずパスポートが強いとは?

先ほどから、日本のパスポートは世界最強だと書いていますが、強さとはどういう意味か説明します。

パスポートの強さとは、ビザなしで入国できるということです。つまり、パスポートの持つ力が大きいという事です。先ほどのランキングで日本が190カ国の国と地域ににビザなしで入国でき、それが世界で1番多いということで日本のパスポートが世界最強だと言われています。

なぜ日本のパスポートが世界最強なの?

ビザなしで入国することを認めるということは、いわゆる第一審査がないということです。

じゃあなぜ、日本が首位でアフガニスタンが最下位なのか、両国の差は何か、パスポートだけで入国を認めるということが意味することとは、

  • 両国間の友好関係
  • 相手国の社会情勢
  • そして、1番は相手国への信頼です

日本のパスポートが世界最強だということは、日本が世界中から信頼されているという証です!!

先ほどのランキングの下位の国を見てみると、治安の不安定な中東などの国が多いことがわかります。

パスポートが強いメリット

世界中に安くそして簡単に旅行することができる!

世界中に安くそして、簡単に旅行できるこれに尽きると思います。

私達日本人の感覚的には、観光するときにはパスポートがあれば大丈夫だという認識が強いと思いますが、何度も述べているように、本来外国に、入国する際にはビザ(査証)を取得しないといけません。そのビザを所得するには、複雑な申請をしなければいけません。申請してから発行されるまでにも、1週間以上時間がかかることもあります。もし思い立って、「よし!明日海外に旅行に行こう!」と思って旅行できることが普通ではないということです。

そしてビザの発行には費用もかかります。私達日本人が申請する場合は比較的簡単に安く取得できますが、私のイラク人の友人は、フランスに1週間旅行に行く為にビザ取得したところ、300ドル以上かかったと話していました。外国に入国するだけでですよ!?私達は無料で入国できるのに‥
*イラクがビザなしで入国できる国は107カ国中、下から2番目の106位で、27カ国です。

このように、ビザを取得するには、時間とお金がかかります。私達はそれが無くてもほとんどの国に気軽に旅行することができる特権を持っているということです。

日本人のパスポート保有率

世界最強のパスポートを持っている日本人ですが、パスポートの保有率は25パーセント以下で先進国の中で最低水準だと指摘されています。ちなみにアメリカは42パーセント、イギリスは76パーセントです。これは日本が島国だから安易に外国に行くことが出来ないからではないかという意見もあります。

海外に出よう!!

パスポートの保有率にも出ているように、島国に育った日本人とって外国は遠い存在と感じている人もいるかも知れません。留学や旅行など海外に出る理由は色々ありますが、そこで得られることは本当にたくさんあります。実際に私が、留学と旅行をして感じた事をシェアします。

日本の良さに気付く事ができる

これは、海外に行ったことがある人がよく口にする言葉ですが、日本から出ることで、日本・日本人の良さに嫌でも気付くことになるでしょう。私の場合は、街中が綺麗なこと、日本食が美味しいこと、規律・マナーを守れること、またパスポートにも表れているように、外国人が日本人に対する信頼。など本当にたくさんあり、日本に生まれた事を誇りに思えるように海外に出たからこそ思うことができました。

世界を自分の目で見ることで視野が広がる

日本にいると外国や外国人のことを知る方法としては、テレビやネットニュースなどのメディアなど限られた方法でしか情報を知ることができませんが、実際に外国に出ることでニュースの中の世界を自分の目で見て肌で感じることができます。実際に私が感じたことは、語学学校で出会ったイスラム教の友人のおかげで宗教に対する偏見がなくなったこと、旅行で行ったカンボジアで現地の生活レベルを見て、世界の貧富の差を肌で感じたことなどです。日本にいたら分からなかった事、もしくは、説明されてもそこまで自分に響かなかったかも知れません。そこから、私は何事も自分の目で見ることが大切だなと強く感じました。

まとめ

日本のパスポートがどれだけ凄いのか記事を読んで分かって頂けたと思います。正直私も外国に出るまでこの事について全く知りませんでした。しかし、先ほど述べたように入出国する際、などその凄さに気付き、感じることが本当にたくさんありました。

私が留学して気付かされた日本の誇れるところです。私達は運がよく日本に生まれ、育ちました。そして世界中に国民性を信頼してもらっています。これは生まれながらに神様からいただいたギフトだと思います。ぜひ皆さんもこのギフトを使ってたくさん海外に行きましょう!!

ご留学のご相談はお気軽に!!

【参照】
*外務省 ホームページ→https://www.mofa.go.jp/mofaj/
*外務省 平成29年旅券統計
*2019年10月11日のデータです。

->全文はこちら

この記事をシェアする

Morrow Worldのサービス

オーストラリア留学ワールド

http://tabiken.com/au/

フィリピン留学ワールド

http://tabiken.com/ph/

会社情報

会社名 株式会社Morrow World
所在地 Suite 605,Level 6 /68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia
電話 0401 713 952(日本語対応 担当:ヨシ)
メール info@morrow-world.com
LINE ID morrowworld

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら