教育/留学/習い事

留学って必要?留学の本当の目的とは

最近ではオンラインで英語を学ぶことができる時代になりました。そのため英語は留学をしなくとも習得できる時代です。しかし毎年多くの人が語学習得や大学留学、ワーホリなどさまざまな目的のため海外留学へ行きます。

本記事では留学の本当の目的について解説します。

本当の留学の5つの目的

最近では日本・海外場所を選ばず英語学習ができるオンライン留学が流行り出していますが、本当の留学の目的とはなんなのか?を解説していきます。

1. 新しい言語を学ぶ

留学の1番の目的は語学を学んで世界中の人たちとコミュニケーションを取れるようになるとでしょう。英語は世界共通語なので、英語を習得すれば海外生活だけではなく、ビジネスなど様々な場面で対応することができます。

少し前までは日本で暮らすのに英語は全く必要ではありませんでしたが日本を訪れる観光客も年々増加し、ビジネスの場で英語を必要とする人が少しずつ増えてきました。

今までは、英語を話せるだけで重宝な人材として扱われていましたが、近年では英語を社内の公用語とする企業があったり、英語が話せて当たり前のような風潮があります。

留学という海外で英語を学ぶことにより外国人の前で英語を話すという度胸とその雰囲気にあった言葉選びをすることができます。

 

2. 異文化交流したい

留学は海外での生活を体験することができるので、日本とは違う文化や風習を肌で感じることができます。異文化交流をすることで、海外のさらなる魅力の発見になりますし、改めて日本の文化の素晴らしさを知ることができるでしょう。

留学先として人気なオーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリスなどは世界中の留学生から人気があります。そのため、オーストラリアへ留学をしても、オーストラリア人だけではなく、ヨーロッパからきた留学生、中国や韓国からの留学生など異文化を交流をすることができます。

 

 

3. キャリアアップ

留学して転職やキャリアアップにつなげる目的で留学する社会人もたくさんいます。キャリアアップを狙う留学生は、語学学校で英語を学ぶだけではなく、海外の専門学校や大学へ通い実践で使えるスキルを身につけて日本に帰国したり、そのまま海外で就職したりする人もいます。

そして、キャリアアップだけではなくTOEICやIELTSなどのハイスコアを取って就職活動に活かす人もいます。就職活動において留学はネガティブなイメージを持たれやすいですが、英語のハイスコアを取得したり、資格を取って帰国すれば、アピールポイントになるでしょう。

 

5. グローバルな感覚を身につける

海外生活は初めは慣れないことや、日本だったら”ありえないこと”にも遭遇することでしょう。しかし、そのような経験を積んでグローバルな感覚を身につけることができるます。また、オーストラリア留学では学生も就労が認められているので、ワーホリで渡航した人や学生は海外のお店で働くことができるチャンスがあります。

海外で勉強やお仕事をすることによって、日本へ帰国した際に一回りも二回りも成長することができ、自信に繋がること間違いなしです。

 

5. 自分に自信をつけたい

留学で英語を習得できれば自分にとって大きな自信につながります。また、英語だけではなく異国の地で自分で生活をしていくことは簡単なことではないので、海外で生活すること自体、自信に繋がる一つかと思います。そのため、今の自分を変えたい、自分に自信をつけることが出来るでしょう。

語学留学の目的

語学習得を目的とするを解説します。

英語を習得

語学留学の1番の目的は英語の習得です。英語はコミュニケーションの一つではありますが、英語を話せるようになると、多国籍の友達を作りやすくなり、海外生活中のアルバイトも見つけやすくなります。また、将来海外就職を狙っている人、外資系で仕事をしたい人などにとって、英語は欠かせないものとなります。

 

海外の雰囲気を知る

語学学校にはモーニングクラスやイブニングクラスなどを開講しているところもあり自分のライフスタイルにあった学校を選定することができます。

モーニングクラスを受講した場合、夕方までに授業が終わるところがほとんどなので授業後や週末は現地での生活を堪能することもできます。また、語学学校では授業後にアクティビティを用意しているところも多く、クラスメイトと一緒に観光することもできるので、一人で行動するのが不安な人や初めての留学の人も安心して海外の雰囲気を満喫することができます。

 

進学のための英語スコアを取得

語学習得の留学だけではなく、将来海外の専門学校や大学へ進学を目指している人は入学条件を満たす必要があり、入学条件は、成績証明書やIELTSのスコアが必要となります。そのため日常会話だけではなく、その次のステップへいくための英語のスコアを取得するために語学留学をします。

専門・大学留学の目的

専門学校・大学留学の目的についてお話しします。

英語で専門的な知識を手に入れる

海外にある専門学校や大学で学習をする人も最近増えてきました。海外の専門学校や大学は当然ながら全て英語で専門知識を学習することになります。そのため、英語力の向上はもちろん、手に職を身につけることができます。また、英語で学ぶことにより、世界各国で通用する人材になることができるでしょう。

 

帰国後のキャリアアップ

就職や転職の間に留学をする場合、つぎのキャリアに向けて専門・大学留学をする人が多いです。特に社会人は再就職できるか、転職に不利にならないかなどリスクは少なからずあります。しかし、専門・大学留学では確実に専門的な知識やスキルを身につけることができるので帰国後も留学で勉強したことを活かすことができます。

 

海外移住

海外の大学・専門学校で留学をすれば卒業後そのまま現地で仕事が見つかることもあるかもしれません。そのため海外移住を目的とする場合は、よりスポンサービザを見つけるために学位の高い大学や大学院で勉強し、学生中に現地の企業にインターンをしそのまま就職につなげる目的で大学留学も一つの方法と言えます。

ワーキングホリデーの目的

ワーホリでは、16週間語学学校の就学が認められていたり、就労時間の制限もないので、好きなことを好きなだけできるビザです。

海外の企業で働く

ワーホリでは、海外にあるカフェやアパレルショップなどの企業に勤められるチャンスがあります。海外の働き方は日本と違う点もあるので、ビジネスの面で外国の文化を知ることができます。

 

いろいろなことに挑戦する

ワーホリでは、就学だけではなく観光も自由にすることができるので、海外ならではのアクティビティを堪能したりその国でしか見ることができない動物などと触れ合ったりすることができます。

また、ワーホリでは現地でお仕事をすることができるので渡航時の所持金が少なくても、お仕事をして生活費を補うことができるでしょう。

留学を成功させる上で大切なこと

留学する目的は人それぞれですが、目標が違えど成功する留学には共通点がありので、大切なポイントを紹介します。

渡航前から英語学習

英語学習は海外へ行ってからと思っている人もいるかと思いますが、渡航前に英語をやるかやらないかで大きな差が生まれます。

留学前に身につけておきたい理想の英語レベルは中級〜中上級レベル(IELTS5.0〜5.5)です。中級レベル程度あれば、渡航後のスタートダッシュをうまく着ることができるでしょう。

独学で英語学習が難しい場合、最近ではオンラインで外国人から英語を教えてもらえるオンライン留学や日本人が英語学習のアドバイスをしてくれる英語コーチングを利用すると、確実に英語力を向上させることができるでしょう。

 

目的を明確にする

留学の目的は人それぞれですが、どんな目的であれ明確に持つことが大切です。海外生活中はモチベーションが保てなくダラダラと過ごしてしまうこともあるかもしれません。

限られた海外生活を無駄にしないためにも必ず目的を忘れず過ごすようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は留学の目的についてまとめました。目的によって語学留学や専門・大学留学、ワーホリなど留学スタイルを決めるのも一つの方法です。

留学に興味のある方はお気軽にご連絡くださいませ。

 

->全文はこちら

この記事をシェアする

Morrow Worldのサービス

オーストラリア留学ワールド

http://tabiken.com/au/

フィリピン留学ワールド

http://tabiken.com/ph/

会社情報

会社名 株式会社Morrow World
所在地 Suite 605,Level 6 /68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia
電話 0401 713 952(日本語対応 担当:ヨシ)
メール info@morrow-world.com
LINE ID morrowworld

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら