dentalclinic
医療/保険

セラミック治療の新しい形として注目されている「セレック」

セレックとは?

セレック(CEREC)とは、シロナ社が開発したセラミック治療を行うための歯科用機器の名称で、1985年に世界初の歯科用CAD/CAMとして臨床応用されるようになりました。

CADとはコンピューターでデザインを行うシステムで、CAMとはデザインしたものを削り、セラミック歯にする機械を指します。

ヨーロッパやアメリカを中心に世界中の歯科医院で採用されており、その症例数は1,000万以上といわれています。

What is a CEREC Crown and What is the Process?

セレック治療をおすすめする人

セレック治療は以下のような方におすすめです。

銀歯を白い歯にしたいと思っている方
セレック治療で使用するセラミックは、天然の歯に近い自然な色調、発色が特徴です。

審美的な観点から、銀歯を白い歯にしたい方にはセレック治療がおすすめです。

短時間で治療を終えたい方
一般的にセラミック治療は、時間がかかるとされています。

まず歯科医院で型取りを行い、歯科医は技工所にセラミック歯の製作を依頼します。

そして技工所で歯科技工士がセラミックを削り、人工歯を製作していきます。

製作は1つ1つ手作業のため、数週間を要する場合があります。

それに対してセレック治療は、歯科医院に設置してある機械で口腔内をスキャンして、CADでデザインしCAMでセラミックのブロックを削ります。

その場でセットできるため、最短1日で治療は完了します。仕事などで忙しく、なかなか通院できない方におすすめの治療法です。

虫歯の再発が心配な方
銀歯などで詰め物をしても、さまざまな原因で虫歯が再発することがあります。

セレック治療で使用するセラミックは審美的にも優れた素材に加え、虫歯の細菌が付着しにくいのが特徴です。

そのため、きちんとケアをすれば虫歯の再発リスクも抑えられるので、虫歯に悩まされてきた方にもおすすめの治療法です。

金属アレルギーを持っている方
保険適用の治療で歯の詰め物などに使用される金属には、銀・銅・亜鉛・パラジウムなどがあり、蓄積すると人体にとって有害な場合があります。

こうした金属は口の中でイオンとして溶け出し、アレルギーを引き起こす点が指摘されているのです。

それが原因で歯茎が炎症を起こしたり、手足のかゆみ、皮膚炎、肩こりや頭痛、疲労感につながったりするともいわれています。

金属アレルギーが心配な方には、セレックで使用されるメタルフリーのセラミック治療がおすすめです。

型取りが苦手な方
一般的なセラミック治療では、人工歯を製作するために型取りをしなければなりませんが、不快に感じたり、気持ち悪くなったりする方もいます。

それに対して、セレックでは3D光学カメラで口腔内をスキャンするだけで、歯列のデータがわずか数秒でコンピューターに取り込まれるため、型取りが苦手な方にもおすすめの治療法であるといえるでしょう。

 

セレック治療は金属アレルギーの心配がなく、高精度なので虫歯や歯周病のリスクが少ない「体にやさしい」歯科治療です。

◆ www.bestdentist.com.au ◆
Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider and Invisalign’s only Clinical consultant/ Speaker among General dentists in Australia
Top 6th in the world in Invisalign International Gallery
#sydney#australia#orthodontics #invisalign #invisaligndoctor #braces #beforeandafter#instasydney#happy#sydneydentist#dentalclinicatworldtower #cosmetics#smile#makeover#celebration #bestdentist #インビザライン#矯正 #シドニー#歯医者 #歯科矯正#矯正女子#ビフォーアフター
#海外#海外移住#歯#オーストラリア #マウスピース矯正#隐适美#牙科诊所#中文#牙医

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら