pec
医療/保険

健康診断チェック項目 性感染症(STD)

私たちの生活よくみわたすと運動不足・偏った食事・不規則な生活・睡眠不足・飲酒・喫煙など健康を乱す要因がいっぱい。 気にはなりながらついつい自分の身体のことは後回しになっていませんか?

そんなあなたの健康管理を私達がお手伝いします。 健康に関して気にかかる言葉と健康診断で分かることを集めてみました。

性感染症 (STD)

性感染症は、セックスで移る病気です。

一般的に、STDは初期の自覚症状がほとんどなく、感染してからの潜伏期間が数週間から10年ぐらいと、なかなか気づきにくいものです。

ただ、放置しておくと、不妊症になったり、骨盤内炎症、膀胱炎、呼吸器疾患そしてひどい場合は命にかかわる危険性もでてきたりします。

感染率の高いものとしては、クラミジア、淋病、ヘルペス、そのほかに、HIV(エイズ)、コンジローマ、カンジダもあります。

なかでも、クラミジアは最近10-20代の女性で急増中です。

新しいパートナーと性交渉をしてから、下り物の変化、膀胱、排尿時の違和感、下腹部痛、だるい、のどがいたいなどの症状が出てきたら、まず検査をうけてください。性交渉の経験がある人はみんな感染する可能性があります。今まで検査を受けたことのない方はぜひチェックしてみてください。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら