pec
医療/保険

子宮頸がん予防接種

子宮頸がんは予防できる病気です!

子宮頸がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性の発症率第一位のがんです。
子宮頸がんは、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することにより発症します。発がん性HPVは多くの場合、性交渉によって感染すると考えられており、すべての女性の約80%が一生に一度は感染するとの報告があるほどとてもありふれたウイルスです。
子宮頸がん予防ワクチンを接種することで日本人の発症率の6割を占めるHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐことができますが、全ての発がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではありません。
現在CervarixGardasilと呼ばれる2種類のワクチンが認可されています。両方とも半年の間に3回の接種が必要になります。
Cervarix
HPV16型と18型に対しての免疫を高めるワクチンです。18歳以上の女性に対して接種が推奨されています。
Gardasil
オーストラリアでは13歳の市民権及び永住権を持つ女子に対して学校での無料接種が奨励されており、HPV6,11,16,18型に起因する子宮頸がん、前がん症状である生殖器の病変やいぼの予防を目的としています。9~26歳までの女性に対しての接種が推奨されています。
子宮頸がんワクチンをご希望の方は、ドクターとご相談の上、接種されるワクチンをお決めになってください。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら