pec
医療/保険

警告! 女性スモーカー

喫煙による悪影響は女性の方がハイリスク

喫煙が健康に与える悪影響は、男性より女性の方が大きいのをご存知ですか?

男性喫煙者と比較すると、脳卒中・心臓発作・ガンを発症するリスクは、女性喫煙者は35%も高いのです。さらに、女性特有の疾患に関しては、喫煙者の子宮頸がん発症率は、非喫煙者の2倍にもなり、乳ガンになるリスクも高くなります。

妊娠中の喫煙は流産の原因となることもあり、胎児の発育にも影響を及ぼします。また、誕生後の成長過程で学習・行動障害の原因となることがあります。

タバコをやめたら太る?

「タバコをやめたら太るのでは?」と思っている女性が多いのですが、4人に1人は体重が減るか、もしくは、そのままの体重を維持しています。

喫煙をやめることで得られる健康効果の方が、多少の体重増加が健康に及ぼす影響より、ずっと大きいです。太るのを気にして、必要以上に食事制限をすると禁煙が続かないことが多いという研究結果も出ています。一番良いのは、適度な食事と運動をすることです。

禁煙のヒント

  • 禁煙を始めるのに一番適した時期は、禁断症状が緩む生理後の最初の週です。
  • 心配事があったり、気分が優れないのを解消するために喫煙している人は、かかりつけの医師に相談し、瞑想やカウンセリングなどリラックスする方法を教えてもらいましょう。
  • 女性の喫煙はお付き合いや、コーヒーお酒ストレスなどが引き金になっていることが多々あります。コーヒーを暫くの間飲まないとか、喫煙する友人には、自分の前では吸わないように頼んでみたらどうでしょうか。
  • 周りにサポートしてくれる人がいる女性は禁煙を続けやすいようです。友だちやかかりつけの医師に気軽に相談してサポートしてもらいましょう。
  • 薬剤を使用することも可能です。

ニコチンパッチは、ニコチンガムやニコチンキャンディと併用すると効果が上がり、禁煙を始める2週間前位から使用します。男性より多くのニコチン量を必要とする女性が多いようです。

医師の処方を必要とする薬剤で、禁煙に効果のあるお薬も種々ありますので、かかりつけの医師に相談して下さい。

禁煙に関する情報:    www.quit.org.au      www.icanquit.com.au

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら