pec
医療/保険

減量はゆっくりと!

急激なダイエットは、あまり効果がないことをご存知ですか?

急激な減量をすると代謝作用が低下し、脂肪の蓄積が増加します。食習慣を改めるにはある程度の時間が必要で、急にすると、すぐまた元の習慣に戻り体重も増えるという結果になります。いわゆる「リバウンド」です。

減量を成功させ体重を維持する秘訣は、カロリー摂取を長期にわたって徐々に減らしていくことです。

以下は、Australian Healthy Food Guide(豪州・健康的な食生活のガイド)による減量のコツです。(www.healthyfoodguide.com.au

  • 自分の意思をあてにしない。
    ズバリ、目のつくところに食べ物を置かないことです。「おやつ」はなるべく買わないようにしましょう。どうしても欲しいのであれば、中身が見えない容器に入れ、目のつかない所に置きましょう。ナッツなどはつい食べ過ぎてしまうので、一食分ずつ子袋に分けておくのが良いでしょう。
  • 「健康に良い食品」だからといって食べすぎない。
    低脂肪の食品はつい沢山食べてしまうということが、調査で判明しています。食べ過ぎてしまえば、カロリー摂取を抑えるどころか、かえって増やしてしまいます。
  • 飲み物にも気をつける。
    アルコールや果汁ジュースは、カロリーが高くお腹の足しにもなりません。なるべく水を飲みましょう。
  • 毎日、少しづつ摂取したカロリーを燃焼させる。
    階段を上がったり、昼休みに10分間歩くなど、大切なのは積み重ねです。
  • 食べる量を少し減らす。
    好きなものを食べてもかまいませんが、量を10%ぐらい減らすのです。これを10ヶ月続ければ、5-10kgの減量につながります。
  • 「・・ながら食事」は止める。
    TVを見ながらとか、何かをしながら食事すると、時間が長くかかり余分に食べてしまうことが調査の結果わかっています。食事はゆっくり、テーブルでナイフやフォーク、又はお箸をきちんと使い、何を食べているのか意識して摂るようにしましょう。
  • 外食をする時は、前もって計画を立てる。
    パーティや職場での催し物等では、おつまみやあまり健康的でない食べ物を避けるのは難しいかもしれません。出かける前に、スープや、少量の果物、ヨーグルトなどの健康に良い食品を摂るようにすると良いでしょう。

いかがだったでしょうか? 少しずつ自分の出来る範囲で長期的にダイエットしていくのが、リバウンドを避けるコツです。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら