pec
医療/保険

膣カンジダ症

膣カンジダ症

膣カンジダ症は、ある種の酵母が原因で発症し、女性がよく罹る膣感染症です。(最も一般的な酵母はカンジダ・アルビカンスですが、他のカンジダ種が原因となることもあります)。

この酵母は通常ヒトの体内や体表に生息し、他のバクテリアとバランスを保って常在しています。何らかの理由でこの種の酵母が増殖すると発症します。4人に3人の女性が感染し、再発を繰り返す女性も多いようです。(By Dr Kevin Pedemont)

発症リスク

●抗生物質による治療

●妊娠

●経口避妊ピルの服用

●糖尿病

●肥満

●免疫系に支障がある、体調が優れない

症状

●膣の痒み、炎症、性交痛

●コテージチーズの様な白色で粘液性の強いおりもの

●膣の周囲が赤くなり、腫れることもある

●排尿時のしみるような痛みや、焼けるような痛み

このような症状は、膣カンジダ症に限ったことではないので、自己診断で治療を始める前に、医師の検診を受けて下さい。

診断

処方箋なしで膣カンジダ症の治療薬は購入できるので、自分で対応している女性が多いようです。通常、膣カンジダ症の疑いがある場合、医師は膣の内診をし、カンジダ症であるかどうか、他の原因はないかどうか確認します。

そして、膣の組織細胞を採取して病理検査をします。排尿時に痛みや焼けるような症状がある場合は、尿も病理検査します。

治療のオプション

●膣クリーム:クロトリマゾール(Canesten®)、ブトコナゾール(Gynazole-1®)、 ミコナゾール(Resolve Thrush®)、ナイスタチン(Nilstat Vaginal®)

●膣錠(ペッサリ-):クロトリマゾール(Canesten®)

●経口抗真菌薬:フルコナゾール(Diflucan One®)※妊婦、妊娠している可能性のある方は服用できません。

膣カンジダ症の治療オプションとして、ヨーグルトを膣内に挿入するというのがあります。しかし、治療効果は立証されていません。乳製品に含まれている乳酸菌は、膣内の乳酸菌とは全く違う種類なので、効果を出すほど長く膣内で生息することはできません。

パートナーの治療はあまりする必要はありませんが、再発を繰り返す女性のパートナーの場合は、治療を勧めます。

再発

再発を繰り返す女性には、経口抗真菌剤か6ヶ月間の膣錠(ペッサリー)を処方する必要性もあります。ゆったりとした服装や木綿の下着の着用、そして膣洗浄を避けることで、再発を予防できることもあります。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら