マネー

KVB新サービス!豪在住日本人のための資産運用

高レートの外貨両替や外国送金サービスを提供し、日本人にも馴染みのある「KVB」。昨年オフィスを移転してから始まった新サービスをご存知ですか?

オーストラリアに長期滞在しているなら、皆さんの貯蓄を守っていくためにも、KVBの資産運用サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

KVBの資産運用サービス

「具体的に希望の投資商品が決まっている」
「投資に興味はあるけど、どんな商品が自分に適しているか分からない」
「資産運用に関する総合的なアドバイスが聞きたい」

そんなオーストラリア在住日本人のために、信頼のおける現地の運用アドバイザーと、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ金融経験の豊かな日本人スタッフが、日豪両面から皆さんを誠心誠意サポート。

  • 投資信託・仕組商品・株式・債券・FXなどの金融商品の仲介
  • 総合的なファイナンシャルアドバイス
  • 保険商品に関するアドバイス
  • スーパーアニュエーションのサポート

 

安全・安定したリターンが得られる「モーゲージファンド」や、四大銀行(NAB/CBA/ANZ/WBC)から発行されている株式と債券の両方の特性を持つ「ハイブリッドノート」など、普段あまり耳にしないながらも安全志向の高い日本人に向いた投資商品も用意されています。

資産運用部の問い合わせ先

電話:(02) 8263-0186(担当:山田)
問い合わせフォーム(日本語可):https://www.kvbkunlun.com/jp/contactus/

※投資判断を行う前には、各商品の商品開示文書(Product Disclosure Statement: PDS)およびKVBが発行する金融サービス指針(Financial Services Guide: FSG)を熟読してみましょう。PDSおよびFSGは、KVBに請求すると無料でもらえます。

KVBについて

KVBは複数の金融サービスを提供する国際企業。外国為替取引、流動性ソリューション、 資産管理、証券投資、金融ITソリューションなどのグローバルな顧客や企業向けの金融商品やサービスを提供しています。

・質の高いサービスと専門的資格が、複数の金融規制委員会等からライセンス取得で証明済み

・多国籍、複数ライセンスの権威監督機関の規制に適合

・主要業務の外為取引ビジネスは、香港証券取引所(香港証券コード:6877)に成功裏に上場

・金融投資における産業的、地理的制限の突破口を開くサービスの提供

・個々の顧客に合わせた投資ニーズを満たすサービスの提供

・企業の取引プラットフォーム、企業の為替管理、その他機関投資家向けに複数のソリューションを提供

・ますます複雑化するビジネスモデルやリスク管理システムに対処するための最新の取引と管理ツールの継続的な調査と開発

・科学技術基盤の研究開発投資を重視し、金融技術の最新研究成果を積極的に活用

・最先端のハイエンド金融プラットフォームソリューションを提供することを約束

・オーストラリアのシドニーとメルボルン、ニュージーランドのオークランド、カナダのトロント、中国の北京、香港、台北、その他多くの国際都市に100%所有の会社や代表事務所を設立

・週7日24時間対応のグローバルな電子取引およびサービス*(英語、中国語のみ24時間対応)


 

プロフェッショナルで先見性のある金融商品とサービスを提供するKVBといっしょに、皆さんのオーストラリアでの人生を設計していきませんか?

KVB Global Markets Pty Ltd

ウェブサイト:www.kvbgc.com/jp

シドニーオフィス

所在地:Level 33, Governor Macquarie Tower, 1 Farrer Place, NSW 2000 Australia(窓口でのサービスを利用される場合は電話にて予約してください。)
電話:(02) 8263-0186(日本語直通)
Email:jpau@kvbkunlun.com
営業時間:月~金 9:00-17:00(現地時間)、土日祝日休業

メルボルンオフィス

所在地:44F, Rialto South Tower 525 Collins Street, Melbourne, VIC 3000, Australia(窓口でのサービスを利用される場合は電話にて予約してください。)
電話:(03) 9660-1886(日本語直通)、カスタマーサービス (03) 9660-1889
Email:jpmel@kvbkunlun.com
営業時間:月~金 9:00-17:00(現地時間)、土日祝日休業

この記事をシェアする

JAMS.TVからのお知らせ

Pick Up

PickUp-bottom-01

メンバー一同こころよりお問い合わせ・ご相談をお待ちしております。

JAMS.TVへのご相談はこちらから

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら