一般

WA州元駐日貿易官 汚職行為が発覚

【パース13日AAP】  WA州の犯罪汚職委員会(CCC)は、同州政府の元駐日代表貿易官のクレイグ・ピーコック氏が在職期間中、二重に手当を受け取るなど重大な違反を長期にわたり犯していたと報告したが、海外で起きた事例であるため調査が難航していることを明かした。

 

ピーコック氏は、公費を使って友人たちと繰り返し高価な食事を楽しんだり、2011年に公用車を運転中に起こした飲酒運転で2日間拘留されていたことを隠したり、2015年には自由党の政治家2人と温泉旅行を計画していたことが分かっている。同氏が使い込んだとされる費用総額は約50万ドルに上る。

 

WA州のマゴーワン首相はCCCによる報告は“ショッキング”で、問題とされる複数の行為に“ゾッとしている”と感想を述べ、WA州民にとってはまったく受け入れがたいこととの見解を示した。また、自由党2人の議員がピーコック氏と「芸者バーに行ってみたい」などのテキストメッセージを交換していたことについても、受け入れられないとしている。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら