dentalclinic
未分類

歯並びが悪いと滑舌や英語の発音も悪くなる

歯並びが悪いと滑舌や英語の発音も悪くなる

「歯並びが悪いと滑舌も悪くなる」と言われることがあります。
歯並びが発音に与える影響は、主に「歯の隙間から息が漏れる」ことによって起こります。
また歯並びだけでなく舌の癖も発音に大きく影響を与える原因ともいわれてます。すきっ歯や前歯だけが出っ歯な場合、反対咬合(しゃくれ顎)などの場合も滑舌が悪くなりやすい傾向にあるでしょう。
上顎の前歯が引っ込んで舌の動きが制限されることにより、サ行・タ行が発音しにくいと考えられています。

また舌が前歯より前に出ると、サ行・カ行・タ行が言いにくくなるようです。

ほかにも舌の動きが未発達なために起こる滑舌の悪さがあります。
「口蓋化構音」という、こもった感じのラ行がガ行に聞こえるような発音の誤りは、舌で口蓋(口の裏)をはじく力が弱いことが原因のひとつだそう。

また、こもって唾液が混じったような、「チ」が「キ」に聞こえやすい雑音が含まれる発音の誤りは「側音化構音」といい、舌の側面から息が漏れていることが原因で起こると考えられています。

歯並び悪い。その原因と治療方法を徹底解説!あなたの悩みがこれで解決します。大阪で歯並びを治すならスマイルデザインクリニックへ
英語の「s」や日本語のサ行の音は、「歯擦音(しさつおん)」といって、歯を擦り合わせてその隙間に息を通すことによって出す音なので、上下の歯が噛み合わない状態ではなかなか正確に発音することが、むずかしいですよね。
クリックすると元のサイズで表示します
さらに英語の「s」と「th」など日本語より区分けが細かいため、正確な発音ができないと、言いたいことが正しく伝わりません。

改善するには??

歯並びが原因となっている発音への悪影響を取り除くには、まず歯列矯正により歯並びを直すことが第一です。
歯並びを改善すると、確かに物理的には正確な発音が可能になります。
(発音は舌の動きとも深い関係があるので必ずではありません)
また以下に当てはまる方は全てではありませんが、矯正治療を受けることにより滑舌が改善する場合も!
・発音の際に口が十分に開いていない
・舌が滑らかに動いていない
・口呼吸になっている
・胸式呼吸をしている
・歯並びが悪く、歯の隙間から空気が抜けてしまっている
歯並びの悪さは英語の発音、滑舌の他、歯磨きがしづらいために虫歯のリスクが上がってしまったり、噛み合わせが悪くなることで顎の負担が大きくなったりすることなどデメリットも多くあります。
歯並びを気にしている方、当医院では、目立たないマウスピーズインビザライン矯正相談を実施しているので、是非相談にお越しください。
📞Call us: 9269 0514 ◆ www.bestdentist.c­om.au ◆ Dr Knox Kim is Diamond Invisalign Provider and Invis­align’s only Clinical Consultant/ Speaker among General dent­ists in Australia Top 6th in the world in Invisalign Interna­tional Gallery #stra­ightyourteethwithout­braces #invisalign #braces #sydneydentis­t#dentalclinicatworl­dtower #cosmetic #be­stdentist #citydenti­st#cerec#onedaycrown­#rootcanaltherapy#wi­sdomtooth​ #インビザライン#矯正 #シドニー#歯医者 #歯科矯正#矯正女子#ビフォーアフタ­ー#海外#海外移住#歯#オーストラリア #マウスピース矯正#隐适美#牙科诊所#中文#牙医

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら