pec
未分類

風邪VS インフルエンザ By Dr Albena Kausae

風邪の季節になりました。

今回は、知っているようで知らない、風邪とインフルエンザの違いについてご説明します。

 

インフルエンザと風邪は、違うタイプのウイルス感染によって発症する呼吸器疾患で、

同じような症状を発症するため、症状だけで見分けるのが難しい疾患です。

 

人が罹患するインフルエンザは、インフルエンザAとインフルエンザBの2種類です。インフルエンザは、感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染や、手指からの接触感染で、感染力が非常に強いのが特徴です。

 

感染後1-3日で、急に発症し、症状は疲労感・発熱・悪寒・頭痛・咳・くしゃみ・鼻水・食欲不振・筋肉痛などです。特に児童・妊婦・65歳以上の高齢者・既往症のある方などは、肺炎や心臓・血管・肝臓などに合併症を起こすことがあります。

 

更に、インフルエンザが流行るシーズンは、インフルエンザと同じような症状を発症する他のウイルス感染も流行る時期です。例えば、風邪の原因となるライノウィルス、児童や高齢者(65歳以上)が罹患すると重篤になるRSウィルス(呼吸器合胞体ウイルス)などがあります。

 

一般的に、発熱・筋肉痛・疲労感・から咳などの症状は、風邪よりもインフルエンザの方が重くなります。風邪は、鼻水・鼻づまりを発症することが多く、肺炎や細菌感染などを起こしたり、入院の必要が生じたりする事は殆どありません。

 

インフルエンザ感染を防ぐには、予防接種が一番です。予防接種に最も適している時期は、本格的に流行する冬までに免疫力を強くしておく必要があるので、初秋の頃が良いでしょう。(オーストラリアは2015年4月から予防接種を受けることができます)

 

生ワクチンではないので、インフルエンザを引き起こすことはありません。副作用は、発症したとしても軽度で、殆どの場合、注射を打った箇所が多少痛む程度です。ワクチンの配合は毎年違うので、免疫継続のためには毎年受ける必要があり、妊婦は、妊娠中どの時期でも受けることができます。

特に、妊婦・高齢者・持病のある方は、予防接種をされた方が良いでしょう。

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら