オーストラリアで麺と餃子といえばWPM Japanで決まり!

WPM Japanとは

WPM Japanは、2008年11月の創業時より、高品質なラーメンの麺と餃子の製造に力を注いでいる製造会社です。シドニーを拠点とし、ブリスベンやキャンベラ、メルボルン、アデレード、パース、ホバートを含むオーストラリア全土とニュージーランドでも事業を展開。現在は他にもシュウマイやラーメンのスープベースなどを製造し、日本食レストランやアジア系食料品店へと販売しています。

長年「自分の店に合った麺・餃子が作れる」「安心・安全・高品質で信頼できる」といった理由から多くの顧客の支持を集め続けているWPM Japanは、日本食レストランやラーメン店を陰から支えている立役者。「新メニューを検討している」「商品のクオリティを上げたい」「新店舗を出店予定」といった店舗のオーナーからの相談も数多く寄せられています。

WPM JAPANが選ばれる理由

“自家製”以上のクオリティ

他工場や店舗にはない最新設備、高性能の機械を導入することで、人の手では真似できないきめ細かな作業を実現。単に生産量をあげるだけではなく、手作業を減らすことでより安心で安全な食品を顧客にお届けできます。「お店のニーズに合ったおいしい麺・餃子」を目標とし、オリジナルブランドの製造など、顧客のこだわりに応えられる体制が整っています。

安心で安全な食品

WPM Japanは、基準が厳しいオーストラリアのフードオーソリティの食品安全法などすべての関連法を遵守し、最上級評価のAランクを毎年獲得しています。現場のラインからスタッフの服装・身のまわりまで衛生管理を徹底し、高品質で安全な食品を製造しています。さらに、HACCPを基本とする食品安全プログラムに基づく検査を定期的に行い、食の安全を満たしています。すべての厳重な基準をクリアした食品だけを店舗やご家庭にお届けします。

食材と味の追求

高品質の小麦粉「プライムハード種」を始めとしたオーストラリア産の小麦、肉、野菜にこだわり、すべての食品をオーストラリア国内で製造。味の進化を常に求めて、高品質の原材料の選択と製造過程は定期的に見直しています。オリジナルブランドの食品を提供するだけでなく、「メニューのレパートリーを増やしたい」「新メニューで顧客の開拓をしたい」という顧客のために随時、新商品の提案もしています。

WPM JAPANの取り扱い商品

ラーメン

「黄色麺・博多麺・豚骨麺」の中から、さらに「太さ・重さ・形状(ちぢれ・ストレート)」などグラム数や麺の太さを顧客のオーダーに合わせてカスタマイズ。100種類以上を取り揃えています。

餃子

定番のポーク、ベジタブル、チキン、シーフード餃子の他、新たなニーズを求めてキムチ、Wagyuビーフ、ニラたっぷりの餃子なども製造しています。プライベートブランドを含めると、現在50種類以上の餃子を提供しています。

ラーメンスープ

味噌、醤油、塩味、和風豚骨の4種類のオリジナルスープを取り揃え。スープなどに薄めて使用できるタイプです。

シュウマイ

ポークミンチ、野菜、シーフードを混ぜた餡を、特製の極薄皮で包んで蒸し上げています。電子レンジで温めるだけでお召し上がりいただけます。

会社情報

WPM JAPAN CO PTY.LTD.
住所:Level 3, Bldg 1 25 Sirius Road Lane Cove, NSW 2066
電話:02 9427 3547
Email:info@ramengyoza.com.au
営業時間:月~金 7:30am~2:30pm
定休日:週末及び祝日(NSW州)

この記事をシェアする