オーストラリアで学生ビザ延長する方法と学校選びのポイント

理想の留学を現実にしよう!

ワーキングホリデーや語学留学を経験し、さらに学生ビザで専門学校に通っている学生はたくさんいます。勉強したいことが決まっていて学校選びに悩んでいる方も、オーストラリアに残りたいと思いつつビジョンが見えていない方も、自分の「好き」をスキルアップしたい方も、オーストラリアには語学学校から専門学校、大学まで充実したコースがいっぱい! 

オーストラリア留学業界で20年以上のカウンセリング実績、過去2万人以上の留学手配経験があるアイエス留学と、焦らずじっくりと将来のためのオーストラリア留学プランを立てましょう。

オーストラリアの学生ビザ延長を申請するためには?

オーストラリアでは学生ビザを申請するための第一ステップとして、「どのようなプランにしたいのか」を考える必要があります。例えば、学校により規定の英語力が必要だったり、学費を一括払いする必要がなかったり、提出しなければならない書類があったり、入学に際してエッセイを書かなければいけなかったり、コース期間によってホリデーを挟むことができたりと、準備するものも変わってくるからです。

アイエス留学では、個人のニーズや目的をしっかりカウンセリングし、一人一人に合ったプランをアドバイスすることから始めます。それぞれが必要とする書類の準備などをステップごとにお手伝いします。まずは大まかにでも構いませんので「どんな学校で何を勉強したいのか?」や「将来関わりたい仕事は何か?」などをお聞かせください。

オーストラリア国内からの学生ビザ延長の申請条件

  • 日本国籍を含むアセスメントレベル1の国籍保持者で、申請時に6歳以上であること

  • 就学予定者(学生ビザ主申請者)が、同行する扶養家族(配偶者・18歳未満の未婚の子供)を含めて申請する場合

  • 就学予定者(学生ビザ主申請者)が、扶養家族を同行せずに単独で学生ビザ申請をする場合

オーストラリア国外からの学生ビザ延長の申請条件

  • アセスメントレベル1の国籍保持者で、就学予定者(学生ビザ申請者)が申請時に6歳以上であること

  • 入学コースの開始日まで4カ月(124日)を切っていること

  • オーストラリア就学予定期間まで有効期限があるパスポートを持っていること

  • 就学予定コース:本コース(principal course)・準備コース(preliminary course)または両方の入学許可証(eCOE)を入手していること(コピー可)

学生ビザ延長を申請する前に準備しておくべきこと

  1. 現在のパスポートとビザの種類・有効期限を確認する
  2. 現在のビザの申請国を確認する(日本かオーストラリアによって学生ビザ申請料が異なるため)
  3. 現在の自分の英語力を把握しておく(コースにより英語のエントリーレベルが異なるため)
  4. 日本の最終学歴の英文の卒業証明書と成績証明書を用意する
  5. どのくらいの期間のビザを取得するか決める
  6. 語学学校・専門学校・大学と、どんなコースがある学校に通うのか決める
  7. 予算と費用(学費・ビザ申請費・学生強制保険・コースによっては健康診断、のすべてを含んだ金額)を比較する

アイエス留学の一言アドバイス!

学生ビザの制度は、移民局の条件に加えてルールが度々変わります。お友達同士、または職場の先輩などから古い情報を入手している方も多く、それを元に間違ったプランを組んでしまう方も。常に最新の情報を更新していくことが最も間違いのない方法です。

重要!自分にあった学校選びとは?

オーストラリアの各学校には、バラエティに富んだコースが用意されています。学生ビザを申請することは、つまり「学費」と「時間」を使って自分の選んだ分野を勉強をすること。ですから、「自分の将来にプラスになるもの」を学びたいと思いませんか?

友達や先輩の意見に惑わされる方も多いかもしれませんが、学費を払って勉強するのは自分自身。誰かにとって合う学校やコースが、自分に合うとは必ずしも限りません。それよりも、さまざまな学校やコースの最新情報を仕入れ、自分自信の気持ちと考えを大事にして決めることが大事です。

  • 「こんなコースもあるんだ!」
  • 「こんなことが学べると思わなかった!」
  • 「自分のやりたい分野だと、あそこのコースしかないと思っていたのに、別のコース選択もあったんだ!」

じっくりリサーチをすることで、皆さんの可能性がぐんと拓けることもあります。学費と時間を支払う対価に大して身にならないコースを選ぶのではなく、対価に見合った分以上のことを学んで身につける。「将来への自己投資」として考えた方が、モチベーションも続きますし、「オーストラリア留学」という点から見ても、自分自身の付加価値を高めることができます。

アイエス留学の一言アドバイス!

現在のビザの延長や学生ビザの変更といった皆さんの中には、「自分がどの道に進むべきかわからない」という方も少なくありません。近年移民局が厳しくなり、転校の選択をすることも難しくなっています。知らないままで安易にコースを選び、後から損をしたり後悔したりする前に、まずは気軽にご相談ください。想像していなかったコースや興味が湧いてくるコースと巡り会えたケースも多々あります。

オーストラリアのコース別学校紹介

オーストラリアの各学校には、バラエティに富んだコースが用意されています。学生ビザを申請することは、つまり「学費」と「時間」を使って自分の選んだ分野を勉強をすること。ですから、「自分の将来にプラスになるもの」を学びたいと思いませんか?

お友達や先輩の意見に惑わされる方も多いかもしれませんが、学費を払って勉強するのは自分自身。誰かにとって合う学校やコースが、自分に合うとは必ずしも限りません。それよりも、さまざまな学校やコースの最新情報を仕入れ、自分自信の気持ちと考えを大事にして決めることが大事です。

  • 「こんなコースもあるんだ!」
  • 「こんなことが学べると思わなかった!」
  • 「自分のやりたい分野だと、あそこのコースしかないと思っていたのに、別のコース選択もあったんだ!」

じっくりリサーチをすることで、皆さんの可能性がぐんと拓けることもあります。学費と時間を支払う対価に大して身にならないコースを選ぶのではなく、対価に見合った分以上のことを学んで身につける。「将来への自己投資」として考えた方が、モチベーションも続きますし、「オーストラリア留学」という点から見ても、自分自身の付加価値を高めることができます。

アイエス留学の一言アドバイス!

現在のビザの延長や学生ビザの変更といった皆さんの中には、「自分がどの道に進むべきかわからない」という方も少なくありません。近年移民局が厳しくなり、転校の選択をすることも難しくなっています。知らないままで安易にコースを選び、後から損をしたり後悔したりする前に、まずは気軽にご相談ください。想像していなかったコースや興味が湧いてくるコースと巡り会えたケースも多々あります。

ビジネスコース

グローバル企業や海外オフィスで働くために必要な知識、テクニック、スキルなどを学ぶコース。日本と違って多国籍な環境で働くことを前提に学ぶので、さまざまな人々と対等に英語でコミュニケーションをとり、卒業後は国際的に活躍できる実力が身につきます。外国人とのミーティングや交渉では自分の主張を明確にしていくことが重要。そうしたテクニックやビジネスシーンで必須のプレゼンテーションスキルもしっかり学べます。学校によってはコンピュータースキルも基礎から学ぶことも。

「ビジネス」にも多種多様なコースがあり、自分の目的や将来の目標に合わせて選択することも可能。例えば、ビジネス一般を学ぶコース、マーケティングを学ぶコース、経営学のマネージメントコース、人事系の知識に特化したヒューマンリソース, 会計学のアカウンティング、貿易や個人経営者を目指すスモールビジネスなど、コースが細かく分かれてるのもビジネスの特徴です。

ビジネスコースに当てはまる職業
  • 総務部等事務系の管理職
  • 受付
  • カスタマーサービス
  • オフィスマネージャー
  • 個人経営者
  • 秘書
  • 管理職
  • 役員
  • 起業家

アイエス留学の一言アドバイス!

日本の企業はしっかりと研修で徹底的にスキルや知識を叩き込まれるスタイルですが、海外では自ら仕事を取りにいくスタイル。いかに自分が即戦力なのかを入社と同時もしくはインターンの際にアピールできることが重要です。これは海外で働いたり、外資系で働いする場合に最も必要なことでしょう。オーストラリアのビジネスコースにはケーススタディなども多く含まれ、知識のみならず実践スキルも同時に身につけることができるので、「卒業=使える人材」になることを目指せます。

ホスピタリティコース

2020年東京オリンピックはもちろん、世界中から訪れる観光客が年々増えていることもあり、英語を活かした職業として注目されているホスピタリティ業界。西洋のホスピタリティスキルに日本の「おもてなし」の心が加われば、世界一のサービスを目指すこともできる分野です。ホスピタリティのコースは、作り手になるクッカリーやパティスリー、サービスを提供するホスピタリティマネジメント、イベントを仕掛ける・運営をするイベントマネジメントなど、自分の目指す道に合わせて選ぶことが可能。近年は1種類の資格やスキルだけにとどまらず、パティスリーを学ぶ生徒がイベントマネジメントを併せて学んでいたり、ホスピタリティマネジメントとイベントマネジメントを同時に学んだり、自分のスキルをセルフプロデュースしていくことを目指す人も増えています。今後まだまだ世界で伸びていく分野になること間違いなし!

ホスピタリティコースに当てはまる職業
  • アコモデーションサービススーパーバイザー
  • ケータリング/ファンクションコーディネーター
  • ケータリング/ファンクションマネージャー
  • フードアンドビバレッジスーパーバイザー
  • エグゼクティブマネージャー
  • レストラン/ホテルマネージャー
  • パティシエ
  • シェフ
  • フュージョンシェフ

アイエス留学の一言アドバイス!

ホスピタリティというと「ホテルやレストランで働く人」というイメージがありますが、いろいろな職業に通ずるスキルを身につけられ、多角的に活躍できるチャンスもある、魅力的なコースです。身につけたスキルは国際化が進む日本でも活かせますし、世界中どの国に行っても活かせるスキルがホスピタリティ!

チャイルドケア

0歳~5歳(小学校にあがるまで)のお子様のケアと教育をするチャイルドケアティーチャーの資格を得るコース。取得資格は3歳までのお子様を対象にいわゆる親の役割のCertificateⅢと、4歳~6歳のお子様を対象に教育者として成長過程において大事な部分を形成する役割Diplomaがあります。オーストラリアではチャイルドケアのアシスタントレベルでも最低CertificateⅢの資格が必要とされており、Diplomaレベルになると学校の担任やスーパーバイザーを担ったり、自分でチャイルドケアを開園することも可能です。

教育者としての勉強は大変ではありますが、カリキュラムに含まれている幼稚園実習ではかわいい子どもたちと接することができ、癒やされるという方もとても多いそう。英語力があればDiplomaのみを学ぶこともできますが、過去に経験がない方はCertificateⅢのレベルから学ぶことをおすすめします。

チャイルドケアコースに当てはまる職業
  • チャイルドケアセンターアシスタント
  • ファミリーデイケアセンターエデュケーター
  • アーリーチャイルドフッドエデュケーター
  • 学童保育/時間外保育センターアシスタント
  • ベビーシッター
  • 任命スーパーバイザー
  • 有資格スーパーバイザー
  • エデュケーションリーダー
  • チャイルドケアセンター長

アイエス留学の一言アドバイス!

「子どもが好き!」という方の多くが興味を持たれますが、オーストラリアのチャイルドケアコースでは、しっかり理論を学び、数々のケーススタディを行います。そのため、子ども好きなら楽に卒業できるというわけではありません。0~3歳までの子どもにとっては親代わり、3~6歳の子どもにとっては教育者として働くことになるので、一人一人の子どもの人間形成をサポートすることを学びます。もちろん、自分が親になった時にも活かせるので、一生使える資格にもなるでしょう。

フィットネス

「好きを仕事にしたい!」という方が進むことの多いフィットネスコース。過去にアイエス留学を通してフィットネスコースを選んだ中には、「サッカーをしていた」「ヨガのインストラクターをやっている」「サーフィンが趣味」という、スポーツや体を動かすのが好きな方が、趣味や仕事で活躍する場を広げるために学ばれたことや、マッサージセラピストが顧客にマッサージを施すだけなく、日常に定期的な運動を取り入れてもらえるようフィットネスコースを学ぶこともあります。

フィットネスコースでは、マシーンの使い方から体の構造まで、初心者でも基礎から安心して学べます。多国籍の人々からバラエティに富んだスポーツやエクササイズの情報を得られるのもメリット。

フィットネスコースに当てはまる職業
  • フィットネスインストラクター
  • スポーツジムインストラクター
  • グループエクササイズインストラクター
  • パーソナルトレーナー

アイエス留学の一言アドバイス!

オーストラリアはスポーツ大国。フィットネス業界の最先端であるこの国でスポーツのプロを目指せます。活躍の場はさまざまあり、個人トレーナーになることもできますし、ジムへの所属、ブートキャンプやビーチでのトレーニング、女性専用トレーナーなど、アイデア次第でどんどん広がっていく業界です。大好きなスポーツを仕事にしていきたい方にオススメ。

ビューティー/マッサージ

アイエス留学では、学生ビザにして何かを学ぶなら「手に職をつけられる資格がほしい」と相談される方も少なくありません。ビューティーコースとマッサージコースは、まさに「手に職」の代表格! サロンで働けるだけでなく個人で開業もできますし、自分自身を癒やしたりキレイになれる一石二鳥以上の価値があります。スキマ時間を使った副業にする方も多く、フレキシブルに資格を活かせるでしょう。一人でさまざまなトリートメントができる分だけニーズも増えるので、活躍できるチャンスも広がります。ビューティーコースは、ネイルや脱毛、アイラッシュエクステンションなど、何かの施術に特化したセラピストとしてサロンを開業することも可能。

ビューティーコースとマッサージコースに当てはまる職業
ビューティー
  • ビューティセラピスト(ビューティサロン、スパ、クルーズシップ、リゾートホテル)
  • スキンクリニックスタッフ
  • メイクアップアーティスト
  • ネイリスト
  • ビューティプロダクト会社社員
  • ビューティスクール講師
  • 美容雑誌記者・編集者
  • 美容評論家
マッサージ
  • マッサージセラピスト(個人サロン、大手マッサージサロングループ、病院やクリニック)

アイエス留学の一言アドバイス!

国家資格が必要ない分野のため、日本だけでなく世界中で仕事をすることも。「次はカナダにワーホリ!」といった次の滞在先がある方は、オーストラリアの滞在中にスキルを身につけておき、次の国で仕事をするという選択もあります。学校によっては「世界資格」と呼ばれる資格も取れますので、より自分の価値を高めたい方にオススメ。

学生ビザ申請に必要な書類をそろえる!

皆さんが選ばれる学校やコースにより、必要な書類は変わってきます。英訳を取り寄せないといけない、有効期限があるなど、準備に時間がかかるものもあり、その書類がないと手続きが先に進められない場合は大変です。不明な点は必ず納得するまでエージェントに尋ね、期限に合わせて正しい書類を揃えるようにしましょう。

学生ビザ取得までの流れ

STEP1: 学校の申し込み手続き、学生強制保険への加入手配

学生ビザ申請を開始する前に、パスポートの有効期限を確認しておきましょう。移民局は6カ月以上期限が残っているパスポートを推奨しています。短い期間の場合、学生ビザの取得が遅れてしまったり、飛行機に搭乗できなかったりすることもあるので、更新することをおすすめします。また、学生ビザの申請は、決済を含めてすべてオンラインで行います。決済できるカードの準備をしておきましょう(本人名義以外のカードも利用可)

STEP2: 学費の支払い+入学許可証(COE)発行

COE(Confirmation of Enrollment)は、学費の支払い後に発行される入学許可書のこと。この書類がないと学生ビザは申請できません。記載に誤りがある場合、申請が受理されませんので、アイエス留学から正しいデータでのCOEの再発行を依頼します。

STEP3: 学生ビザ申請に必要な質問事項への回答

アイエス留学にご相談いただいた場合、学生ビザ申請時期に合せて、申請に必要な質問事項を記載したメールをお送りし、それにご返信いただきます。申請内容を日本語で内容確認できるので安心!

STEP4: ImmiAccountの作成

学生ビザを申請する前に、個人でImmiAccountというアカウントを開設する必要があります。移民局のサイトはすべて英語で記載されていますが、手順は至って簡単。

STEP5: 学生ビザ申請代行入力

アイエス留学にご相談いただいた場合、ご返信の回答事項をもとに、スタッフが代行して学生ビザの申請を開始します。

STEP6: 申請内容の確認+決済

その後、ご本人による入力内容の確認を経て間違いがなければ決済になります。アイエス留学では、スタッフが皆さんの学生ビザの申請状況をダブルチェックします。

STEP7: 健康診断の予約受診(必要な場合)

学生ビザの申請後、移民局から追加書類の提出や健康診断を求められます。移民局からの連絡にきちんと答えられないと、最悪ビザがキャンセルになることも。アイエス留学では移民弁護人のアドバイスを受けて的確なアドバイスを行うので、学生ビザ申請後の移民局とのやりとりも心配なく、健康診断の予約方法も随時お伝え。移民局への英文でのメール作成も代行します。

STEP8: 学生ビザ取得、航空券予約(必要な場合)

健康診断を無事に終えると、移民局から「IMMI Grant Notification」というタイトルのメールが届きます。これが、「学生ビザを取得した」という案内になります。アイエス留学では、元メールに記載されている学生ビザ条件の和訳メールをお送りします。

学生ビザ申請時にかかる料金(初回・専門学校の場合)

  • 学生ビザ申請費 $575+カード決済手数料(クレジットカード会社により変動します)
  • 学生強制保険(OSHC)費 約$45/月
  • 入学金 学校によって異なります。
  • 授業料 学校によって異なります。
  • 教材費 学校によって異なります。

※あくまで目安の金額です。学校やコース、保険により変動します。
※専門学校のコースによっては、または過去に中国やフィリピンなどに3カ月以上滞在経験のある方は、学生ビザの申請時に健康診断を課される場合があります。健康診断の有無や診断内容もケースによって異なりますので、詳しくはアイエス留学ネットワークのカウンセラーまでお尋ねください。

アイエス留学の一言アドバイス!

アイエス留学は、オーストラリア政府公認の移民弁護資格を持った移民弁護人が常駐しているため、ワーホリビザ、学生ビザの安全な代行申請が可能です。経験豊富なスタッフが、間違いなくスムーズなビザ取得に向けて無料でお手伝いします。誤入力や絶対に間違えられないビザ申請も失敗がありません。

ビザ申請の注意点

学生ビザ申請の審査は年々厳しくなっています。中でも提出必須のGenuine Temporary Entrance(「なぜオーストラリアでこのコースを学ぶために留学したいのか?」という動機を説明するエッセイ)は、国から認めてもらえるような説得力のある内容に作り上げる必要があり、例え英語に自信がある方でも、ポイントをきちんと把握した経験豊富なエージェントに依頼をするのが一番です。

アイエス留学の一言アドバイス!

現在、学生ビザ申請に必要な質問は非常に量が多く、「どのように書いていいのかわからない」という質問も多くいただきます。ここで間違った情報や虚偽の情報を記載してしまうと、学生ビザが取得できなくなることもあるので、慎重に取り組む必要があります。なお、2度目の学生ビザを申請される場合は、前回の学生ビザ申請内容と照らし合わせる必要があります。

アイエス留学に任せるメリット!

最適なプランを提案

就職を視野に入れて実践に基づいたアドバイスをするには、留学エージェントの中でも知識に加えて経験とスキルが必要。アイエス留学では、最新の就職事情や「どんな人材が求められているのか」という留学後を見据えた、旬の情報を常に仕入れています。留学が決して無駄にならないよう、将来に活かせるプランを提案できる自信があります。

移民代理人とのバックアップ

アイエス留学にはオーストラリア移民申請代理人が在駐しています。移民申請代理人登録機関から公認の有資格者から的確なアドバイスを受けることで、目まぐるしく変わる法律にも柔軟に対応。さらに専任のビザ担当者と、間違いなく学生ビザが取得できるようバックアップ。ビザ取得率100%を目指すサポートをいたします。

学校との連携実績

アイエス留学は20年以上の歴史を誇り、数々の留学生の留学パターンを熟知。オーストラリア全土の学校との関係も深く、現在の学生ビザの局面に際しても、学校側と問題解決に取り組みながら最高のケアを提供いたします。各学校の最新情報で、日に日に変わるオーストラリア留学の現状もしっかりお伝え。

お問い合わせフォーム

スキルアップをしたい、オーストラリアに残りたい、今後のビジョンが見えていないなど、悩みは人それぞれ。アイエス留学ネットアークでは、そんなあなたの要望に合わせて学校選びのサポートをしております。まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事をシェアする