オーストラリアで永住権を目指す方法とビザの種類とは?

オーストラリアの永住権が欲しいけど方法が分からない…
そんな方をサポート!
留学情報センターエミク(EMiC)

オーストラリアには長期滞在可能なビザはいくつかありますが、よく知られているものとしては学生ビザ、ワーキングホリデービザ、ビジネスビザがあります。

これらのビザは就労時間と期間に制限があるため、「オーストラリアで生活したい」と思うなら、永住権の取得を目指すのが一番。

自分自身の学歴や経験から申請する永住権をはじめ、ビジネスビザを取得してから申請する永住権もあります。

先が見えないままのオーストラリア滞在延長でなく、「長期的にオーストラリアに住みたい」を目指すための留学を、オーストラリアの留学情報センター「エミク」が徹底的にプランニングし「大好きなオーストラリアに住みたい」を渾身サポートします!

永住権につながるビザ:技術独立永住ビザ

永住権を目指す方法として技術独立永住ビザがあります。
技術独立永住ビザには、自身の点数のみで申請するものと、オーストラリア各州のノミネーション付のものに大別されます。
また州政府ノミネーション付は、都市部で申請が可能なものと、地方都市限定のものがあり、その他にも地方都市限定で、親族がスポンサーするタイプなどもあります。

ビザ申請の審査はポイント制で、ビザ申請者の経歴(年齢、英語力、職歴、学歴など)をポイントに換算。
ビザ申請には申請職のスキルアセスメントの合格が必須となります。他条件が全て揃えばEOI(Expression of Interest)というビザ申請希望フォームを提出する必要があり、その後、移民局からの招待状(invitation)を受け取り、ビザ申請をすることができます。

技術独立永住ビザ【189】

一切のスポンサーを必要とせず、自力で取得することが可能なビザ。ビザ取得後の居住地域や期間に制限もないため人気のビザで、MLTSSLリストの職のみ申請可能となります。

確率的にいえば、技術独立永住ビザの職業に直結する専門学校や大学で学ぶことが、オーストラリア永住権を獲得できる可能性が一番高い方法と言えます。ただしスキルアセスメントの合格後にEOI(Expression of Interest)という意思表明をする必要があり、同職業のビザ申請者のうち高ポイント保持者からビザ申請できる招待状(invitation)を受け取ることができます。

技術指名永住ビザ【190】

8つのオーストラリア州・準州政府のスポンサー(ノミネーション)を得るオーストラリア技術独立永住ビザ。

対象職は、職業リストのMLTSSLSTSOL両方が対象となるため、申請できる職業の選択が広くなっています。しかし、スポンサー州の職業リストと条件に合う方のみの申請となります。

また、技術独立永住ビザ【189】の申請にポイントが不足する場合も、このビザなら州政府がスポンサーになる兼ね合いで5ポイントが加算されるため、オーストラリア永住権への可能性が高くなります。

地方移住技術就労ビザ【491】

8つのオーストラリア州・準州政府のノミネーションを得ての申請、その地方に住む親族のスポンサーを得ての申請の2種類があります。地方移住のための5年間有効なテンポラリー・ビザを取得できます。申請職は、MLTSSLSTSOL、また一部のROLです。州のノミネーションをうける場合、州の職業リスト、条件に合う方のみ申請できます。

住居・就業・就学は地方に制限されますが、当該地域で3年居住し、一定条件就労したことが証明できれば技術地方永住ビザ【191】への切り替え申請の対象となり、将来的にオーストラリア技術独立永住権ビザ取得の可能性は高くなります。

永住権につながるビザ:ビジネスビザ【482】

技術独立永住ビザとは別の永住権を目指す方法としてビジネスビザ(就労ビザ)があります。
オーストラリアでいうビジネスビザ(就労ビザ)は、就労可能な会社スポンサーを必要とするビザで、正確には、Temporary Skill Shortage Visa Subclass 482と呼ばれるビザです。
取得するとオーストラリアでフルタイムの正社員として就労することができます。

MLTSSL職にて3年間の就労期間を終えた後、オーストラリア永住ビザの申請が可能になります。(STSOL職からの永住権申請はできません)
有効期間内はビザスポンサーの雇用主の元で、ビザ取得時に申請した職業での就労が条件ですが、配偶者や扶養家族もオーストラリアでのビザ申請者に含めることができます。

ビザの申請条件

  • 会社のスポンサーシップ、ノミネーションが認可されていること
  • 2年間のフルタイム就業経験と職業(ポジション)の要件に適したスキルをもっている
  • 特定の給料水準に適した給料を証明できる
  • 職業(ポジション)に適する人材がオーストラリア市民にいない
  • 大きな犯罪歴がない

ことが求められます。

職業リストについて

職業リストにはSTSOLと、MLTSSLの2種類があります。

STSOLは最大2年間のビザが取得可能ですが、STSOLだけではオーストラリアの永住権ビザは取得不可です。

MLTSSLは最大4年間のビザが取得可能で、3年間の就労後にオーストラリア永住ビザの申請が可能です。

詳細はページ下部にて説明しております。

留学情報センター「エミク」では、過去に技術独立永住ビザ、ビジネスビザを通して永住権を獲得した留学生を数多くサポートしてきました。ビザのルールは変わりやすいため、まずは政府認定のビザコンサルタントのいる「エミク」にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

永住権につながる職業リスト

オーストラリア永住権につながるビザの多くが、オーストラリア移民局の定めた職業リストにある職業を選択することを前提条件としています。

職業リストにはSTSOLMLTSSLROLの3種類があります。オーストラリア政府が発表している各職業リストの詳細はこちらから。

MLTSSL

Medium and Long-term Strategic Skills Listの略。

掲載されている職業は、オーストラリア全土で中長期的に不足している職業です。オーストラリア永住権ビザへのオプションが多い職業になります。

STSOL

Short-term Skilled Occupation Listの略。

掲載されている職業は、オーストラリア全土で短期的に不足している職業です。オーストラリア永住権ビザへのオプションが限定的な職業になります。

ROL

Regional Occupation Listの略。

掲載されている職業は、オーストラリア国内でも地方でのみ重要のある職業です。オーストラリア地方都市でのビザ申請のみで使われる職になります。

エミクがおすすめする永住権までの道のり

永住権を取得するまでの道のりはさまざまありますが、どれも簡単な道のりではありません。これまでに多くの留学生の永住権取得を支援していた「エミク」では、永住権を取得するために計画的に留学をすることをおすすめします。

専門学校や大学、大学院でスキルをつける

オーストラリアで永住権を取得するには十分な英語力はもちろんのこと、過去の学歴や職務経歴も重視されます。永住権申請ができる職業に関連する分野の専門学校や大学・大学院のコースへ進学し、英語力を高めながら専門知識や技術を身に付けることが永住権に近づく一歩と言えます。また身に付けたスキルの証明となる資格を取得しておくことも重要です。

卒業生ビザを取得し、職歴を伸ばす

オーストラリアの専門学校や大学・大学院を卒業後は、学校によっては2年から4年間のオーストラリア滞在延長が許可される卒業生ビザを申請することができます。フルタイムでの就労も可能なため、職務経験を積むことで、永住権またはビジネスビザ(就労ビザ)を取得できるチャンスが増えます。

永住権を申請、もしくはビジネスビザを取得

学歴、英語力、職務経歴などのポイントに換算し、申請職のスキルアセスメントをクリアした後、条件が揃えばオーストラリア技術独立永住ビザの申請が可能になります。また企業にスポンサーしてもらうことで、MLTSSL職にて3年間以上就労した後に、永住権を申請する方法もあります。

永住権を取得する道のりはこれまでの経歴や学歴によって変わります。「エミク」ではあなたに合わせた永住権獲取得までの留学プランをご案内しておりますので、政府認定のビザコンサルタントのいる「エミク」にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

永住権を目指すための学校コース

オーストラリア永住権に繋がるビザの取得には、専門学校卒業でいいものと、大学の学位が必要なものがあります。自身が取得したいビザは、専門学校か大学どちらで学ぶべきなのか確認した上で、学費、環境などの面でも納得いく学校を選びましょう。

大学で学ぶコースには学術的なものが多く、職業リストMLTSSLにある職業が多いのが特徴です。
反対に、専門学校で学ぶコースのは技術的なものが多く、職業リストSTSOLやROLにある職業が多いのが特徴です。

\ オーストラリアの大学で学ぶコース /

IT

オーストラリアのIT技術者の給料水準は高く、優秀な外国人IT技術者が集まります。未経験からでもBachelor以上の学位を取得し、その後Professional Yearというコースを修了するか、1年間の申請職の経験を積んで技術査定を取得します。

看護師

オーストラリアでは看護師が常に不足し、外国人看護師の受入れに積極的です。Bachelor以上の学位を取得し、規定の英語結果とともに正看護師登録をします。卒業後にオーストラリア永住権ビザの取得が可能になるコースです。

チャイルドケア

チャイルドケアは教育意識の高いオーストラリアで需要が高く、かつ外国人留学生が入りやすい分野です。未経験からでもBachelor以上の学位を取得することで、卒業後にオースラリア永住権につながるビザ取得に有利になるコースです。

\ オーストラリアの専門学校で学ぶコース /

コック・シェフ

多国籍レストランの多いオーストラリアでは調理師の需要が非常に高く、オーストラリア永住権につながる新たなキャリアとして人気です。未経験からでもCertificate III以上の資格を取得することで、卒業後に実務経験を積んでから永住権に申請することができるコースです。

自動車整備士

国土の広いオーストラリアは車社会のため、自動車整備士の需要が高く、外国人自動車整備士も受け入れています。未経験からでもCertificate III以上の資格を取得することで、卒業後に実務経験を積んでから自動車整備士資格の取得およびオースラリア永住権に申請できます。

カーペンター

カーペントリーは卒業後に大工、建設業者、工務店などを目指せるコースです。オーストラリア全土で安定した需要があり、中でも大工は雇用率が高まっています。未経験からでもCertificate III以上の資格を取得することで、卒業後に実務経験を積んでからオースラリア永住権に申請できます。

学校コースを選ぶ上で気をつけるべきこと

職業リストに入っている職種と直接関連するコースを選択する

オーストラリア永住権につながる職業リストにある職業は、基本的にオーストラリアで足りていない職業や人員の少ない職業にあたります。それを踏まえた上で、どのようなコースとキャリアを辿ればオーストラリアの永住権に繋がるのかを調査し、オーストラリア永住権を申請する職業と直接関連のあるコースを選択することが重要です。

留学する・働きたい州の推薦職業リストを確認しておく

オーストラリアの職業リストは頻繁に変更されます。2019年にもオーストラリア技術独立永住ビザのポイント計算と地方ビザに大きな変更があり、以前はオーストラリア都市部とみられていたエリアも地方に組み込まれました。州によって有利な推薦職業リストが違うので、最新の職業リストを確認しておく必要があります。

ビザコンサルタントがいる留学エージェントを使う

オーストラリアのビザコンサルタントは、MARA(Migration Agent Registration Authority)への登録・規定遵守が義務付けられています。より確実なオーストラリア永住権につながるビザ申請代行とフォローアップが可能なビザコンサルタントは、オーストラリア永住権を目指すためには必要不可欠な存在と言えるでしょう。

オーストラリア留学情報センター「エミク」とは

「エミク」はオーストラリア留学生やワーホリメーカーのライフパートナーとして役立つことを使命に、オーストラリアでの留学、永住など、留学生一人ひとりの掲げる目標や夢の実現に取り組んでいます。「ビザ」と「留学」両方の専門家が、オーストラリアのビザと学校のダブルカウンセリングを実施。

オーストラリアの移民法や永住権につながるビザ申請など、最新情報に基づく裏付けされたアドバイスを丁寧にご案内、オーストラリアにおけるあなたの人生のステップアップをプロデュースします。

「エミク」を通して学校申込みをされた方は、変更の多い移民法に関するカウンセリングも就学中は無料で受けることができます。

 

学校・コース・各種ビザの豊富な情報量

あなたの留学目的に合わせてオーストラリア全土の語学学校・専門学校・大学・大学院を幅広くご紹介。各学校の担当者と連携し、常に最新情報をアップデートしているため、施設に関することからコースの詳細まで細かな情報提供が可能です。オーストラリアのビザと学校のダブルカウンセリングを実施しており、最新情報に基づく裏付けされたアドバイスを提供します。

政府認定のビザコンサルタント常駐

「エミク」には、オーストラリア政府登録のビザコンサルタント歴19年の日本人コンサルタントと24年の経験を持つオーストラリア人コンサルタントの2名が常駐。最新のオーストラリアビザ情報を基に、一人ひとりのオーストラリア留学・ワーホリ・永住権の間違いのない正確なアドバイスを受けられます。

「エミク」はオーストラリアで永住権を目指す方、各種ビザの申請や更新に不安がある方の味方です。

ワーホリ・留学・永住権希望者と幅広い層のサポートが可能

ワーホリビザや学生ビザ、オーストラリア永住権、どんなオーストラリア滞在ビザでも学校やコースの選択は非常に重要です。オーストラリア滞在延長とビザ申請のため手始めに何をすればいいのか、「エミク」では希望のビザに合ったトータルサポートを提供。学校申込からビザ必要書類、総合コストの計算まで、オーストラリア滞在に関する幅広いお悩みに対応しています。

利用者の声

お問い合わせはこちらから

会社概要

会社名 オーストラリアの留学情報センター「エミク」
所在地 Suite 29, Level 17, 327 Pitt Street, Sydney NSW 2000
電話 (02) 9264 1911(日本語対応)
メール emic@visanet.com.au(日本語対応)
ウェブ https://emic.visanet.com.au
お問い合わせフォーム http://emic.visanet.com.au/contact-us