torii
マネー

【寄付して節税】史上最悪の山火事に私たちにできることは何か


参照:ABC NEWS

昨年から続いている山火事、どんどん悪いニュースが流れてきています。

多くの人や動物が被害を受けていることはもう言うまでもないことですが、自分に何かできないかと思っている人も多いことと思います。

色々な団体が寄付を募っていますので、下記に代表的な団体のリンクをつけました。

代表的な団体

Red Cross

寄付はこちらから

Salvation Army

寄付はこちらから

St Vincent De Paul Society (Vinnies)

寄付はこちらから

RSPCA

寄付はこちらから

NSW Wildlife Information, Rescue and Education Service (WIRES)

寄付はこちらから

Koala Hospital

寄付はこちらから

(このWebsite反応が少し遅いようですので、ご了承ください)

タックス計上の際のルール

こういった団体に寄付をした場合、タックスリターンの時に経費として計上できます。これらはあくまでも一部で、他にも沢山の団体があります。ただし、タックスの計上の為にはルールがあります。

それは…

  • 2ドル以上の寄付を
  • ATOにDeductible gift recipient(寄付金計上対象団体―以下DGR)として登録してある団体にして
  • 10ドル以上の場合はレシートがある事

となっています。

大きな団体は大抵はDGRですが、不明な場合はこちらから調べられます

このサイトで団体名を検索した後に、団体の登録内容の最後に、「Deductible gift recipient status」という欄があり、「xxx is endorsed」と書いてあります。 街角で募金をしている場合も、正式な団体の場合、頼めばレシートを出してくれます。

寄付なんだから、タックスの事考えるなんて…と思う方もいらっしゃるかも知れません。でも、100ドル寄付して、タックスリターンで例えばタックス分の39ドル戻って来るなら、じゃあ150ドル寄付しようかなと考えることもできるわけです。(同じ税率なら、150ドルに対しては、$58.5戻ります)

また、寄付は個人でも会社でも、経費計上することができます。

もちろん、DGRでなくても寄付は良いことですが、こういう時に寄付を装って詐欺をする、とんでもない人もいますのでご注意ください。

甘利会計事務所

住所:Suite 1003, Level 10, 84 Pitt Street Sydney NSW 2000
電話番号:(02) 9223 7448
メール:info@taxjp.com.au
詳細ページ:https://www.jams.tv/amari
営業時間:月~金 10:00 – 18:00
※7月から10月は土曜も営業(要事前予約)
JAMSスタッフの取材記事個人タックスリターンに関わる最新税法!

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら