教育/留学/習い事

【どんな時も楽しく教育するのがオージー流!】チャイルドケアを学ぼう!

 

皆さま、Quarantine lifeをいかがお過ごしでしょうか?

ロックダウンが始まって1ヵ月以上が経ちました。

オーストラリアは新しいコロナの感染者数が大幅に減り、来週から規制を緩和する方向で調整していると政府から発表がありました。

お仕事は沢山の方が打撃を受けている状況ですが、そんな中でも継続的にお仕事がある職種があります。

それはチャイルドケアワーカー

もちろんシフトは減ったりしているようですが、オーストラリア人や永住者以外の学生であってもカジュアルとして仕事を続けている人も多くいます。

元々、チャイルドケアワーカーは、オーストラリアでは今後ますます需要が出てくる職業と言われています。

 

また、こんなコロなの一大事な状況でも、大人が神経をすり減らすばかりでなく、ピュアな子供たちの笑顔を守ることが大事ではないでしょうか!?

どんな時でも健やかで楽しい教育を提供し、子供たちの笑顔を引き出すチャイルドケアワーカーがこれからもっと必要になってくるかもしれません。

こんな時だからこそ、未来を担う子供達の教育者への道を考えてみてはいかがでしょうか?

 

コロナを逆手に手洗いの大切さなどを楽しく教える

とっても可愛い子供向けの英語の手洗いソングを発見したので、皆さんにシェア!!

子供の教育現場は、いつでも明るく楽しい☺

そして、天使のような子供達の笑顔に癒される!!

 

オーストラリアでチャイルドケアを学ぶメリット

仕事を見つけやすい

オーストラリアでは近年チャイルドケアセンターの人手不足が問題となっています。
と言うことは、「仕事探しに有利」と言うこと!
まずはCertificate Ⅲがあればアシスタントとして仕事に就くことができます。またCertificate Ⅲでは授業内容に実習があり、その実習先でそのまま採用されることがとても多いです。
さらにDiplomaを持っているとマネージメントなども任せてもらえるようになり、時給もその分高くなることが多いようです。

オーストラリアの文化に触れやすい

オーストラリアの幼児教育について深く知ることができ、日本の教育法とどう違うかなどを学ぶことはもちろん、実習では子供たちと一緒に季節ごとのイベントを楽しんだり、保護者などのローカルの人と触れ合う機会も多く、オーストラリアの文化を学ぶにはとてもいい環境です。

英語力が伸びる

チャイルドケアは特に高いスピーキングとライティングのスキルが求められます。Educatorとして子供に英語でしつける、教える場面が多くありますし、保護者や他のEducatorとの密なコミュニケーションも必要となります。また、英語で本の読み聞かせや、歌を歌ったり、アクティビティーのプランニングも英語で行います。さらには、日々の成長の記録やレポートを作成するのも大きな仕事の一つとなります。その為、チャイルドケアのコースでは、実践的なロールプレーやディスカッション、プレゼン、課題も沢山含まれており、英語力は必然的にブラッシュアップできます。

 

卒業ビザの申請が可能

2年以上かつDiploma以上のコースを終了し、IELTS6.0以上をお持ちであれば、その後卒業ビザ(Temporary Graduate Visa)を申請することができます。
このビザでは18ヶ月の滞在が認められ、就業時間の制限なども無く働くことが可能です。

永住権が取得できる可能性がある

チャイルドケアは永住権の申請が出来る職業リストに含まれています。(2020年現在)
条件的に簡単ではないですが、全く可能性が無いわけでは無い為、真剣に永住権を目指す方にとっては選択する価値のある職業です。また、地方(田舎)のチャイルドケアセンターで働く事も視野に入れられるようであれば、可能性は広がります。

 

チャイルドケアコースの期間と費用

学校によってコースの期間や費用は異なります。

その中でオススメはやっぱりCertificate Ⅲ + Diplomaの2年間コースです。
Certificate Ⅲのみだと半年〜1年ほどが多く、Diplomaで1年〜1年半くらいが基本です。
費用も目安としては1ターム1900〜3000ドルくらい。

費用を抑えて短期間で考えるか、コース後の卒業ビザ取得を目指して2年のコースを選ぶかなど、目的によって考えることが大切です。

 

チャイルドケアでボランティア(インターンシップ)で適性を見極めよう!

子供は好きだけれども、今後チャイルドケアでキャリアを積んでいくかどうか迷っている方!

自分に適性があるか、興味があるのか頭で考えるよりも、実際に経験してみることが近道です。

マイステージでは長年チャイルドケアセンターのインターンシップ(ボランティア)手配を行っております。

コース受講にまだ踏ん切りがつかない方は、まずはチャイルドケアセンターのインターンシップに参加してみてはいかがですか?

実際に、センターで現地の子供と触れ合ってみる、他のEducatorの働きぶりを見ることで、本当に自分が今後チャイルドケアでやっていきたいのかクリアになるはずです。

チャイルドケアセンターのお仕事は想像以上に体力勝負ですし、高い英語力も求められます。

 

学生ビザの延長のご相談・お手続きはMystageまで

 

丁寧にじっくりカウンセリングをさせて頂きながら、ご予算や希望に合わせてプランニングさせて頂いております。

チャイルドケアコースはとても人気で、学校の数も豊富です。
その中で費用や期間など、ご希望に会う学校をご紹介させていただきます。

チャイルドケアコースが気になる方、ビザ延長でコース選びを悩んでいる方、永住権を目指している方など、まずは一度お問い合わせください!

Mystageでは学校のご紹介はもちろんのこと、学生ビザの申請も無料でサポート!
日本人でも学生ビザの申請は複雑になりましたが、GTEエッセイの添削・作成サポートもさせて頂いているのでご安心下さいませ。

LINEでも気軽にやり取りをさせて頂いてます^^
LINE ID: mystageau

 

皆さまとお話しできるのを楽しみにしてます☺

 

★★オーストラリア留学・ワーホリ・インターンシップ★★
担当:Maiko
LINE: mystageau
メール:info@mystageedu.com
電話:02 9261 8914/0406 757 878
営業:月~木9:30-18:00, 金9:30-17:40(シドニー時間)
住所:Suite 43, Level 3, 650 George street, Sydney
Mystgae HP
ブログはこちらをクリック
Facebookはこちらをクリック
インスタはこちらをクリック

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら