torii
マネー

新型コロナ経済特例措置:スーパーアニュエーションの引き出し

新型コロナ措置の特例として、経済で影響を受けている人を対象に年齢に関係なくスーパーの引き出しが許されるようになりました。

スーパーアニュエーションの引き出しが対象となる条件

オーストラリアとニュージーランド永住者・市民の場合

引き出せるのは、2020年7月1日前に$10,000まで、7月1日から9月24日の間に$10,000まで。これは、上記を一回ずつ、計2回しか申請できません。

対象は、下記より一つ以上該当する人となります。

・失業している
・JobSeeker、Youth Allowance (Jobseeker)、Parenting Payment、Special Benefit、Farm household Allowance を受け取る資格のある人
・2020年1月1日以降に、
┗解雇された人
┗雇用時間が20%以上減った人
┗個人事業主の場合、ビジネスが中断中、または20%以上の売り上げ減

スーパーで引き出したものは、課税所得ではなく、センターリンク受給にも影響しません。 

テンポラリービザの場合

引き出せるのは、最大$10,000、7月1日前までに一回のみ

対象の人は、

・Student visa学生ビザで12か月以上滞在していて直近の生活に困窮している人
・Skilled work visaスキルビザで、職場に籍は残しているが、実働時間がゼロになった人
・上記2つを除くその他のTemporary resident visaで、直近の生活に困窮している人

ご自分のビザが上記に当てはまるかどうかは、移民局か、ビザ専門のエージェントにお問い合わせください。またこのページの最後にあるテンポラリービザのスーパー引き出しヒントもご覧ください。

スーパーアニュエーションの引き出し申請方法

スーパーアニュエーションの引き出し手順 ※申請開始は4月20日から

「myGov」にログイン

  • myGovにログインします。※ログインをしたことのない人は、登録が必要です。<create an account> ここでID確認が必要となります。
  • myGov内で、政府の期間とリンクできるようになっています。ここでATOとリンクしているか確認し、まだの場合はリンクさせます。
    リンクさせる際には、再度本人確認が必要で、
    ┗ATOに電話してリンクコードをもらうか、
    ┗自分の銀行口座、Tax returnのNotice of Assessment、Payment Summary, Superannuationの口座などの情報をいれて本人確認をする必要があります。
    ┗申請前に、ご自分のスーパーファンドにオンラインでアクセスして、残高の確認をして下さい。ATOで掴んでいる額と違う場合があります。スーパーのアカウントログインができない場合は、スーパーに電話をして残高を確認する方法もあります。
    ┗スーパー口座が複数ある場合、5つの口座まで一度に引き出しすることができますが、一回の申し込み時に同時にしなければいけません。

スーパーを受け取りたい自分の銀行口座を確認して、myGov → ATOにログインします。

「ATO」にログイン

ATOへログインができたら、

Viewをクリック

Applyをクリックすると引き出しの条件が出てきますので、進めたい場合はそこから進めてください。

スーパーアニュエーションの引き出し申請が済んだら

申請をした後は、4日以内に、承認かどうかの手紙がmyGovのInboxに来ます。承認された場合は、ファンドから5日以内に送金があります。

また、これのサポートを装った詐欺がある場合が考えられます。この方法でスーパーを引き出すのには、手数料はかかりません。ATOやスーパーファンドになりすまして個人情報を引き出したり手数料を取ろうとして、電話やテキスト、Emailが来た場合は、個人情報を渡したり、メールのリンクをクリックしたり、myGovへのログイン情報などを渡さないようご注意ください。

ご心配な場合は、下記に電話で確認してください。

ATO 1800 008 540
※日本語で電話をしたい場合は TIS 13 14 50 の通訳サービスがあります。

(注)この制度はあくまでも生活に困窮した人への救済策です。この制度を逆手にとって所得税を減らそうという行為は、税金回避とみなされますので、罰せられる可能性があります。(税務署もはっきりそう言っています)

(注)スーパーは、経済の悪い時には価値が下がっています。今は価値が下がっている時ですので、今出すと損になるかもしれません。まわりに惑わされないよう、ご自分の状況をよく考えてご判断ください。

(注)全額おろしたり、残金が$6,000以下になると、スーパーに付随しているIncome Protection保険や生命保険がキャンセルになるかもしれません。

(注)myGovからの申請はご自分でされるものですので、第三者が代行することはできません。また、myGovの登録のお手伝いも弊社ではしておりませんので、ご了承ください。

テンポラリービザのスーパーアニュエーション引き出しヒント

テンポラリービザの通常のスーパーの引き出しは、DASP(Departing Australia Super Payment)と呼ばれ、これは、出国してビザが切れてからの引き出しとなり、引き出し時に35%の税金が、WHは65%の税金がとられます。しかも、帰国時はWHビザではなくても、引き出そうとするスーパー口座にWH時代の積み立てが少しでもあった場合は、65%の税金をとられてしまうという理不尽な法律になっています。

そういったこともあり、現在WHではないのにご自分のスーパーにWH時代の掛け金が入っている場合、ここでなるべく全額おろして、再度、仕事についてスーパーの入金をしてもらう場合に、新しい口座を作ると良いと思います。(そうすることによって、新口座はWH時代の積み立て金がない口座となりますので、帰国時にDASPで出す場合でも35%の税金で済みます。)

ただし、今回おろす場合は、雇用主が最後に入れてくれたスーパーの入金を待ってからおろしてください。(1月から3月までの給料に関するスーパーは4月28日までにFundで受け取る事となっていますので、その入金をまず確認してください。)

(注)DASPの申請については、弊社で代行しております。しかし、今回のコロナ救済のmyGov経由の申し込み方法のご相談は受け付けていませんので、ご了承ください。

甘利会計事務所

住所:Suite 1003, Level 10, 84 Pitt Street Sydney NSW 2000
電話番号:(02) 9223 7448
メール:info@taxjp.com.au
詳細ページ:https://www.jams.tv/amari
営業時間:月~金 10:00 – 18:00
※7月から10月は土曜も営業(要事前予約)

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら