mba_lawyers

車のCTP保険ってなに?

自動車事故で負ったケガは誰が補償するの?

CTP保険ってなに???

 

オーストラリアで車両登録をする場合、必須条件【CTP保険への加入】があります。車の持ち主は、原則一年ごとに車両登録を更新するのですが、登録・更新料として納める費用の大部分は、自動車事故で負傷した被害者に賠償金を支払う、という特定の目的のために貯められた資金に払い込まれます。こうして集められた多額の資金は、少数の保険会社によって管理されています。

 

自動車事故で他人(同乗者など)が負傷したときには、車の持ち主や運転者に法的責任が及びますが、それをカバーするのがCTP保険(正式には Compulsory Third Party Insurance、日本では自賠責保険として知られる)です。前述のとおり、車両登録の際に、このCTP保険加入が強制的に組み込まれています。

 

上記が意味するところは、もしあなたが車を運転していて他人を負傷させてしまった場合(自動車事故などによって)、ケガをした人はその車をカバーしているCTP保険会社から賠償金を受け取ることが可能なのです。こうしたオーストラリアのCTP保険制度によって、ケガをした人が、事故を起こした運転者を直接訴えることは認められていません。

 

なお、オーストラリアのCTP保険は、車両のダメージについては一切カバーしませんのでご注意ください。

 

オーストラリアで事故に遭い怪我をしてしまった!でも近くに頼れる人がいなくて困っている方はいませんか?

MBA法律事務所は日本とオーストラリアの法律、医療、保険制度の違いに戸惑う日本の方に対して、日豪制度間の"かけはし"となり、有益かつ強固なリーガルサービスを日本語で提供しています。

お問い合わせはこちら

MBA法律事務所 [MBA LAWYERS JAPAN] 
メール:mbajapan@mba-lawyers.com.au

この記事をシェアする

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら