japancentre

就活に間に合う、間に合わない?あなたの留学生活!!

こんにちは、ジャパンセンターオーストラリアの大橋です。

さて、先日は、就活にはTOEICが必要だ!というお話をしました。

> 就活にTOEICは必要か?有利になる点数は730点??

ジャパセンは、日本での人材紹介会社のオーストラリア窓口として、オーストラリアにいながら、日本の就活ができるサービスを提供しています。主なサポート内容としては、

◇ 帰国後の就活に向けて!就職サポートセミナー
◇ 人材紹介会社への無料登録
◇ 就活に向けてベストな方法、具体的なプラン立ての案内
◇ 実現するためのプログラムの手配(TOEIC、ケンブリッジ検定、インターンシップの手配など)

をしています。

いかに就職を成功させるか、いかに留学を生かしてアドバンスな状態で就活を迎えるか、留学をどう活用するかの具体的なプラン立てなどに焦点を当てて、皆さんの目的に沿って提案や案内をしています。

留学に来たての頃や、ワーホリできたころは、解放感や多くの刺激等でとても楽しく、そして新しい友達もできたりで留学生活をエンジョイしたいでしょうし、是非是非そういった事もたくさん味わってほしいです。

ただ、上記の就職セミナーをしている時にいつも思うことが、

帰国後の就活に向けての出足が皆さん遅すぎると言う事!

準備をしようにももうあと数週間で帰国というときに、就活に向けての準備の大事さに気が付く人が多いです。よくもらう感想としては、『もっと早くにこのセミナーに参加しておけばよかった』など、留学の楽しい時に楽しいだけでそのまま流されてしまって、結局は帰るにあたっての準備が伴わない、できないことに愕然とされる方が多いように感じます。

留学に来たての頃に、帰国後の就活に備えて準備をせよ!ということは、とてもドライに感じてしまうので、個人的にはあまり強くには言いたくはない気持ちもあるのですが、一方で、この帰国後の就活に向けて準備をするのは早ければ早いほど良いこともよく知っており、もしできるのであれば、留学を決めた日本にいるときから、留学後の自分を就職に対してどうしていたいかをしっかりと考えて渡航をしてほしいとも考えます。

それでは、成功する就活をするために何をしたらいいのでしょうか。

それを分かるためには、現在日本での就職状況や日本の企業が就職希望者に望んでいることを知らなければなりません。同時に自分には何ができるのか、何をしていきたいのかの自己分析もしっかりできている必要があります。

ご自身がしたいこと、今後こう言った方面で仕事をしていきたいことなどは、個人によって様々ですし、留学中にじわじわとわかってくることもあるので、その点は個人にお任せるとして、では、日本の企業は何を求めているかを少なくともしっかりとわかっていることで、留学中の過ごし方や具体的なプラン立ても変わってくると思いますし、是非役立ててほしいと思っています。従って、ここでは、まず、日本の企業が何を求めているのかを知ることから始めてみたいと思います。

 

それがわかったら次に行うことは、就活前の理想の自分と現在の自分とを客観視し、何が足りないのか、何を必要とするのかをしっかり見極めることです。

 

 

そして、それがわかったら、そのギャップをどう残りの留学期間で埋めていくかを考え、具現化し、計画を立てて帰国に備えるプラン立てが必要となってきます。

 

お金の準備

 

これができればあとはそのプラン通りに実行に移すのみです。

 

こう考えていくと、帰国後の就活に向けては、準備を早くすれば早くするほどしっかりとしたことが整えられるし、その分自信を持って就活に臨むこともできると思います。つまり、就活に間に合うようにこの留学をいかにプラン立てをして備えるか、そしてそれを実行するかがとても大事となります。

留学を楽しむことは、留学ででしかできないことなので、存分に楽しんでほしいと思います。でも一方で、帰国をすることが必然であるのなら、冷静にそれに向けて準備も着々としていかないと、何のために留学をしたのかがわからなくなってきます。留学をするにはある程度の投資を皆さんしたと思います。それは将来の自分への投資だと思います。であれば、最後には実りある結果を迎えたいですよね。

そのためには、留学中の就活に向けてのプラン立てとその実行はとても必要です。そしてそれができるには、早くにそのことに気が付き、準備をすることです。

是非、このことを肝に銘じて、それこそいい留学生活を送ってください。ジャパセンはそういった人たちを応援しています。お気軽にご相談ください。皆さんの水先案内人になれるように、プロとしていろいろと提案をしていければと思っています。

 

 

既に今年も2月が平気で来ていますね。1月があっという間に終わっちゃいました。ジャパセンとしても年始が始まってからなんだかバタバタと時が過ぎていきましたが、そのバタバタには少し理由もあります。

ジャパセンは、TOEICの公式テストセンターとして、オーストラリアのTOEICに認定をされて、ずーっと動いてきています。日本と違ってオーストラリアでは4週間ごとにTOEICの公式テストがあって、今年も1月16日(金)を皮切りにその後4週間ごと試験が行われて行きますが、昨年末から続いているこのTOEIC公式テストは、毎回満席状態で、いつもキャンセル待ちなどの状況が続いています。

現時点でも直近の2月16日(金)も満席で、その次の3月16日(金)まで満席となっています。2月についてはキャンセル待ちがあまりにも多かったので実は更に別会場を手配して当初の予定以上の受験者を受け入れられるように動いていました。

そんなこともあって、本当にバタバタしながら1月があっという間に過ぎ、今に至っている感じです。

さて、そのTOEICですが、何で、こんなにもこの時期に混んでいるかというと、それは就活のためです。

毎年11月頃から3月くらいは日本に帰国される方が多い時期で、当然帰国となると、就職を視野に入れて対応をしなければいけない方もたくさんいらっしゃるでしょうし、それは自然の流れです。ほとんどの方が近い将来、就職をしていかなければいけないと思うし、少なくともその意識を持って臨まれる方が多いと思います。

その準備の一つとして日本の就職には必要不可欠なTOEICの点数があります。特に留学をしていたのであれば、就活の際に当然何をしていたかなど聞かれるし、英語はどうであるのかも確認されるでしょう。そうなるとTOEICの点数を持っているほうがよくまた、それが例えば英語環境で働けることの目安としてあるTOEIC730点以上であればなお良いはずです。

よって、そういった想いや少なくとも速やかに就活ができるように皆さん帰国前にオーストラリアでTOEICを受けていくので、こんな風に毎年込み合ってくるのです。

さて、そのTOEIC、本当に就活に必要なのでしょうか。

結論から言うと、『はい、必ず必要です!』と答えます。

その背景にあるのが、このTOEICの点数を採用時にでも昇進時にでも採用している企業が全体の7割以上と言われているからです。また、企業によっては英語自身を社内の公用語として従ってTOEIC800点以上が採用基準であると話している企業もあります。

日本人の就活において、従って、このTOEICは切っても切り離せられない存在で、その点数を取っているに越したことはありません。特に留学に行っていたのであれば、TOEICの点数がないとマイナスなイメージになってしまうかもしれないですし、逆にあると、そしてそれが高得点であるとやはり注目を浴びることとなるはずです。

少し横にそれますが、では、TOEICの点数があれば安心ができるのか、また、実際に英語を使って仕事ができる素養を持っているのかと判断されるのかは微妙なところがあります。採用に関しては、もちろん英語力のみではないでしょうし、実際に英語を使って働く場合にTOEIC高得点だからと言って即戦力として英語を使って働けるかというと必ずしもそうではないからです。

ただ、日本の採用の場合は、仕事上の実際の英語力がどうであるかというよりも、例えば4年制大学卒業のような体と一緒で、TOEIC○○点以上というのが一つの目安採用基準又は参考採用基準となっている様で、その先にある本当の使える英語があるかどうかというよりも書類選考で残るために、一定の英語力がありますよということを示すために、TOEICの点数が重宝されているきらいがあるように感じます。

つまり、先述したとおり、就活にはTOEICは絶対必要なのです。その先にある使える英語力があるかどうかは別として、とにかくTOEICの点数を持っていることが、採用時には影響を施すと言う事となるのです。

さらに、最近の採用の潮流として、グローバル人材という人材が注目を浴びています。日本の企業は現在グローバル人材を求めています。

グローバル人材とは一般的に、

〇 英語など多言語が操れること
〇 外国人の仕事の仕方やものの考え方に触れてそれを知っていること
〇 そしてしっかりと日本人としてのアイデンティティーを持つこと

です。

そのグローバル人材であるかどうかを判断するものとして企業が気にしているのが

◇ TOEIC730点以上(最低600点以上)
◇ 英語環境での職場経験をしているか
◇ ビジネスレベルでの実践英語力があるかどうか

です。つまり、履歴書に上記の事が書けているとグローバル人材候補として、企業が見てくれています。ここにもTOEICの存在が出てきます。

採用には当然その方の人物評価やそれまでのキャリアなどが重視されるでしょうから、英語力やそれを証明する内容は、最終的には二の次の感ももちろんあるのですが、それでも、書類選考を考えた時、一般的に就活時に注目されている英語力を見たい時、やはりこのTOEICは日本の就活をするときに避けては通れない代物となります。

逆に言うと、TOEICくらいいい点数を取ってしまって、就活に臨もう!と思って頂き、高得点を取るための準備を是非して頂ければと思います。

ほとんどの方が、そのようにご理解をされているので、冒頭で話した通りにこの帰国間際になるとTOEIC公式テストの受験者数が他の時期と比べるととても多くなります。

よって、就活にはやっぱりTOEICが必要です。そして、採るべき点数の目安として以下をお考え下さい。

◇ 履歴書に書ける最低の点数 ・・・ TOEIC600点
◇ 英語を使う職場で採用される点数 ・・・ TOEIC730点以上

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

留学に来て、その後は日本で就活をするのであれば、必ずTOEICは受けて、そしてできれば高得点を取ってください。そうしないと、留学したことを逆手に取られてマイナスイメージになりかねません。(もちろんほかの事でカバーできるのであれば気にしなくてもいいかもしれませんが。。)よって、留学した以上、絶対いい点数を取ってほしいです。

ちなみに、オーストラリアでTOEICを受験されることは以下のメリットがあります。

【オーストラリアでTOEICを受験するメリット】

メリット①
結果が試験後1週間で受け取ることができる!
こちらが最大のメリットだと思います。日本だと受験後1か月後に発送なので、就活したいときに結果がない場合もあります。しかも試験の申し込みも結構前にしないといけないので、最短でも申し込んでから結果受け取りまで2ヶ月半程度かかります。オーストラリアの場合は上記のとおりにすぐにもらえるのでその点が現実的にとてもいいのではと思います。

メリット②
英語に慣れたままの状況!
当然日本に帰国してしまうと、英語から離れた生活となります。英語が体に染みついていない限りあっという間に日本語の自分になってしまいます。よって、英語に否が応でも普段触れているオーストラリアにいる間に受けてしまうほうが、いい点を取れる可能性が高くなるのではと思います。

メリット③
旧形式の試験体制!
昨年5月より日本と韓国ではTOEICは新形式となりました。より、普段の生活に近い形での出題に変更されています。具体的にはつまり、例えばリスニングのテストの場合、複数の話者の問題が2名までだったのが新形式は3名以上となりました。考えてみれば当たり前の状況でこれは日常によく興り得る事です。従ってTOEICもそのように試験形式にしてきたいのですが、リスニングに慣れていない人であれば2名までであればわかりやすいですが、それ以上となると聞き取りや理解に難しさが伴う可能性があります。でも、オーストラリアまだ旧形式なので上記のテストは旧形式のままで、従って聞きやすい環境下にあります。よってその点も落ち着いて試験が受けられる環境下ではあると思います。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上の様に、就活にTOEICは必要であると言えると思います。特に留学に行っていて帰国後就活をする際には、必須と考えておいたほうがいいと思います。留学する目的は皆さん様々です。帰国後の就職先も皆さん様々です。でも、留学したことを当然のように前向きに取られるのであれば、そして帰国後の就職を考えるのなら、このTOEICは、絶対取っておくべきもので、できれば730点以上取りたいものです!もしその点数が現時点では難しいのであれば、留学中に鍛えていけばいいもので、それさえすれば、恐らく誰でも取れるチャンスはあるのではと思っています。

是非、いい就活になるように、そしていい就職先が決定できるように、そしてその後のキャリアに役立つように、是非TOEIC受けて、いい点数を取って、就活に臨んでください!

 

【ジャパセンの日本帰国後の就活に向けての関連するプログラムはコレ!】

 プラン立てが大事!帰国後の就職に向けて留学を生かす!
 サンプル帰国後の就職先!ジャパセンの就職サポート
 留学を生かす!帰国後の就職に必要な準備とは?
 ジャパセンの帰国後の就職サポート ブログ記事トップ

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

◇ 日本就職サポート(無料登録、英語環境に特化した仕事先を紹介)
◇ 就活にアピールできるインターンシップ(企業インターン、ホテル有給、スクールインターンなど多数)
◇ ビジネスレベルで英語が使えることを証明する英語コース
◇ 就活に必須!TOEIC730点以上を目指せ!集中講習と公式テスト

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンのオフィスはこちら
 各種無料説明会情報 (TOEICの無料模試や無料講座もあり)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

投稿就活に間に合う、間に合わない?あなたの留学生活!!はの最初に登場しました。

->全文はこちら

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら