ozcareers

シェフの方必見【RPL制度】を利用して永住権

2017年7月1日からオーストラリアで就労ビザ(サブクラス457)の廃止、200ちかくの職業がビザ発行可能なリストから外れました


[現在の就労ビザ]

  • MLTSSL… 中期的に不足な職業 4年間のビザ発行 → 永住権の申請可能
  • STSOL…   短期的に不足な職業 2年間のビザ発行

永住権の申請が可能なMLTSSLビザの申請が可能な職業として、【シェフ】があります。

ジャパレスで働いているシェフの方で就労ビザの誘いがある方、職場から就労ビザの誘いがあっても、オーストラリアの学位がなくては申請ができません。

とはいえ、長期間学校に通うのは難しいケースがあります。

就労ビザに必要なものは?

①スポンサーを出してくれる雇用主
②英語のスコア(IELTS)
オーストラリアでの学位
そこで利用したいのが、これまでの職業経験を証明することで学位を短時間で取得できるRPL制度OZCAREERでは、RPL制度での学位取得のサポートをしています。クッカリー、ホスピタリティの他に、マッサージ、ビューティ、ビジネス、チャイルドケア、美容師、高齢者介護などに関するオーストラリアの学位が取得可能です。


(RPL制度を利用する利点)

  • 学校に通う必要がなくなる
  • フルタイムで仕事ができる
  • 学費をセーブできる→5分の一ほど(取得資格により変わります)
  • 生活費をセーブできる

見てわかる通り良い点ばかりです。


Ozcareerにはオーストラリア国内&ニュージーランドにもRPLを対応できるプロフェッショナルスタッフがいるので安心です。

日本人にあまり知られていないRPL制度を皆さん利用しましょう。

🙆弊社を通じてRPLで学位を取得された実例🙆

日本のレストランで1年、オーストラリアのジャパニーズレストランで2年と、合計3年のシェフ経験があるシドニー在住のMさん。勤務しているレストランから、「就労ビザに切り替えないか」という誘いを受けたものの、オーストラリアの学位がなくて申請ができませんでした。
将来的には永住権の取得を考えていたので、調理師学校に通って学位を取得すべきか悩んでいたところ、RPLという制度を知った。これまでのシェフとしての経験を証明して申請をすると、オーストラリアの学位を2週間で取ることができ、その後、就労ビザを取得し、現在は永住権を目指しています。

 

タイトル→「RPL/Jamsブログ」
メール→jpn@iworldstudy.com
お問い合わせは、OzcareerのYokoまで!
Regional Manager for Japan
Yoko (Japanese speaking, English speaking)
☏ 0426482190
LINE ID jpnozcareer

 

https://www.facebook.com/ozcareer.jpn/

https://www.facebook.com/I-WORLD-JPN

http://ozcareer.com.au/

 

 

この記事をシェアする

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら