japancentre

留学を生かす!帰国後の就職に必要な準備とは?

こんにちは、ジャパンセンターオーストラリアの大橋です。

さて、もう師走ですね。毎度思うことは、オーストラリアで師走を迎えても外は暑いだけで、日本のような厳かな雰囲気やイルミネーションやホワイトクリスマスそして年末年始を迎える雰囲気もここオーストラリアにはなにもないです(笑)。一方で、当然夏真っ盛りの時期なってきましたので、外でのBBQなど、とても楽しいこともとっても多いですよね。少しでも多くオーストラリアの夏、そして夏のクリスマス、年末年始を皆さん楽しんで頂ければと思います!

でも、もう師走なので、そろそろ帰国を考える人も多いのではないでしょうか。帰国をすると当然、就活が必要となってくる方も多いと思います。

ジャパセンは、帰国後の就職サポートをオーストラリアにいる間から対応をしています。それは、実際には、良い就職にしていくための留学中のプラン立てや無料人材紹介会社への登録、エントリーシートの書き方の指導など、就職に必要なことを人材紹介会社のオーストラリアの窓口として対応をしています。

 ジャパセンの日本帰国後の就職サポート(英語環境に特化した仕事紹介中心)

更に、ジャパセンの就職サポートの特長は、なんといっても英語を使って仕事をする職場に特化した人材紹介をしているところです。具体的には、楽天さんやLINEさんなどの大手の企業等です。ご存知の方も多いと思いますが、楽天さんは公用語を英語としていますし、TOEIC800点くらいを一つの目安にしていらっしゃいます。

こちらはとてもレベルの高い例かもしれないですが、他にも多くの英語を使って仕事をする企業もあり、そういったところを中心に人材紹介として皆さんを紹介させて頂いています(英語を使わない環境の普通の環境の職場も多数あり)。

これは、せっかく留学をしているのだから、自ずと英語に触れているでしょうし、英語を使って仕事を将来したいと思っている方々も多いでしょうが、帰国をしてしまうとなかなかその願いもかなわない状況がもったいないと言う事と、日本の企業が現在、グローバル人材を求めている環境下にあることも相まって、こういったシステムが成り立っています。

グローバル人材とは一般的に、

〇 英語など多言語が操れること
〇 外国人の仕事の仕方やものの考え方に触れてそれを知ること
〇 そしてしっかりと日本人としてのアイデンティティーを持つこと

です。

背景としては、いま日本の企業は、逆ピラミッド型の人口構成のために、外国人労働者の労働力が必要です。また、外国に進出している日本の企業がとても多くなってきています。これは大企業に限らず、中小の企業も多くなってきています。これは日本のいわゆる匠の技術を持った企業が外国に販路を求めて進出を求めているところに起因しています。

それらの企業では、上記のようなことができるグローバル人材を求めています。グローバル人材は、日本に来る外国人労働者に対して、日本での社会人マナーや対応の仕方などを伝えていかなければなりませんが、その際に外国語を使って、その外国人の仕事の仕方やものの考え方をわかった上で、そしてしっかりと日本人らしいことを伝えていく作業ができます。

外国に販路を求めている場合は、自社製品をどうその外国人に販売できるかなと考えた時に、その国の方々に響くことは何であるかをよくわかっており、また外国語を駆使するのでそれにて説明ができます。

つまり、日本国内外でこのように活躍するグローバル人材が非常に今求められています。追い風としては東京オリンピックがあります。外国資本は今どんどん日本に入ってきていますし、日本が注目を浴びてきています。

以上の様に、日本帰国後に、現在留学をしている皆さんのような人材は、就活の際にとても期待されているそして注目をされている人材なのです。

では、帰国後の就活に備えて、今留学中にすべきことは何か?

ワーホリであれば1年間(セカンドの方は最大2年間)、学生ビザで来ている方はその就学期間が、帰国前の留学期間になると思いますが、その間に何をしていくべきかを考えることがとても大事となります。

その考えのヒントとなるのが、帰国後の就活の際の理想の自分像と現時点での自分像を見つめ、そのギャップはなんであるかを見極めることです。そしてそのギャップが明確になったときに残りの留学期間でそれをどう埋めていくかを考えることが、とても大事となります。

その内容によって、帰国まで準備をする内容は異なります。以下には、その準備をする内容の代表的なものを紹介しますので、ご参考ください。

【留学を生かす!帰国後の就職に必要な準備とは?】

①TOEIC600点以上、または730点以上

日本の企業のほとんどが就活の際にTOEICの点数を参考にしています。一般的に履歴書に書けるTOEICの点数は600点以上、そして外資系や英語を使う環境での基準は730点以上と言われています。留学をしていたのだから、TOEICの点数が600点くらいあるのは当たり前と思われる傾向も相まって(実際は難しい場合も多々ありますよね)、これくらいは取得しておいたほうがいいです。この点数を持っていない人は、当然その点数が取れる準備や勉強をしなければいけません。ジャパセンはTOEICの公式テストセンターですが、オーストラリアでは4週間ごとにTOEIC公式テストを行っていますので、ご自身のペースの中で、受験してみて下さい。因みにオーストラリアでTOEICを受けると結果が1週間後にもらえます。日本は1ヶ月間以上かかるので、就活したいときにすぐにその結果が手元にあることがオーストラリアで受験することの最大のメリットです。

②英語環境やオーストラリアという環境での職業経験

外国人のものの考え方や仕事の仕方を知る方法として、彼らと一緒に働く、彼らが働いている内容に携わる経験が必要です。その経験をしていると、例えば、英文メールの書き方、英語での電話の取り方、英語でのコミュニケーションの取り方、働く際に何がポイントとなるのか、彼らの働きぶり、振る舞いなど、多くの事を知ることができます。そして日本人との差も良い意味でも悪い意味でも感じると思います。それらの事はとても大事なことで、垣間見れるだけでも将来本当に生かせる経験となると思います。

それらが経験できるオーストラリアでの職場経験としてインターンシップがあります。インターンシップ自身は就活の際にとても注目をされています。これは、日本の大学生の就活の際にも必要なこととして認識をされているようで、日本国内での企業でのインターンシップ経験は就活の際に役立てているようです。ただ、そのインターンシップの実態はわずか数日程度のもので、とてもインターンシップ=研修という事ではなく、見学に近いものとなっているのではないかと思います。実際に日本の企業の人事の方も数日間程度のインターンシップはあまり効果的という点では見ていません。

それに比べてオーストラリアでの職業経験は最低1ヶ月間からですから、それは比べると就活の際にものを言う経験となります。もちろんそこでの仕事の内容や何をしたかが一番重要ですが、それこそが就活にとても役立つ内容になるはずです。そしてそれが英語環境であったり、オーストラリアという環境であったりするとなおさらだと思います。

③ビジネスレベルでの英語力

①のTOEICの点数はとても必要ですが、実は、実際の実践的な英語力をそれですべて図れるかというと難しさがあります。更に、英文メール、英語での電話でのやり取り、英語での資料作成、プレゼン、交渉事などTOEICの点数が高いからと言ってすべてこなせるでしょうか。結果から言うと、そうではありません。もちろん人によると思いますが、ほとんどが実務レベルでの英語に関してTOEICの点数のみを持っている方では難しさが伴うのではないかと思います。

でも、企業はグローバル人材には実務レベルでの英語力がどの程度あるかを見ています。それらを鍛えるには、ビジネス英語コースで一定のビジネス英語を学習するか、ケンブリッジ検定FCEを取得するか、BULATSを取るかなどビジネスレベルでの英語を学習しそれを評価してくれる試験などを受けてその結果を携えるととてもいい効果をきたします。

④人材登録会社への登録

ジャパセンのような人材登録会社へは留学中から登録ができます。基本的にはどこも無料です。この登録は早くにやるに越したことがないです、真剣に帰国後の就活を考えているのなら。なぜなら、登録することで、

・どう留学中にプラン立てをしたらいいかの相談をしたりアドバイスを受けたりすることができる
・随時就職先情報が送られてくる
・エントリーシートの書き方などの指導が受けれる

等があるからです。これらすべて無料です。また、タイミングが合えば、実は留学中に内定をもらえるケースもあり得ます。早く決めてしまえばそのあとだいぶ気持ちが楽ですよね。そういったメリットもあるので早め早めに登録をすることは実はとてもいいことなのです。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

人により何を必要としているかは違いがありますが、上記は、その主なものとなります。全部必要な方、一部が必要な方等いろいろとあると思いますが、大事なことは、何をしなければいけないのかをしっかり考えていることと、それをどうクリアーしていくかの計画、そしてその実行が必要です。

留学もあっという間に経ってしまいます。従って、これを読んでいらっしゃる方は、どうぞきちんと考えて今後に向けて準備を進めていってください。もちろん何かあればお気軽にご相談ください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

≪帰国前の就活準備として≫

〇 英語環境での職業体験(インターンシップ)
〇 ビジネスレベルでの英語力習得の専門英語コース受講
〇 就活に必須!TOEICの高得点取得のための集中講習受講
〇 上記人材紹介会社の無料登録

を各自必要なものを選択して、対応してください。どのようにして行けばいいかのプラン立てなども無料でカウンセリングしていますのでお気軽にお知らせください。また、いかに良く就職をしていくための就職サポートセミナーも隔週で行っています。どうぞお気軽にご参加ください。

お申込みは以下から。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【ジャパセンの日本帰国後の就活に向けての関連するプログラムはコレ!】

◇ 日本就職サポート(無料登録、英語環境に特化した仕事先を紹介)
◇ 就活にアピールできるインターンシップ(企業インターン、ホテル有給、スクールインターンなど多数)
◇ ビジネスレベルで英語が使えることを証明する英語コース
◇ 就活に必須!TOEIC730点以上を目指せ!集中講習と公式テスト

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンのオフィスはこちら
 各種無料説明会情報 (TOEICの無料模試や無料講座もあり)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

->全文はこちら

この記事をシェアする

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら