日系コミュニティ

*2018年心理学ウィーク、日本語訳「人と人とのつながりのパワー」

毎年11月に、Australian Psychological Society主催で、心理学研究結果をもとにテーマと内容が設定され、サイコロジストによって行われているイベント。2018年のテーマは、The Power of Human Connection「人と人とのつながりのパワー」でした。

 

日本語でみなさまにポイントをお伝えしたく、プロの翻訳者というわけではありませんが、日本人サイコロジストが理解した内容をまとめます。日本語としてよりスムーズに内容が伝わりやすいように、単語や文章の意味の正確な直訳よりは、意訳にしてみたことをご理解ください。

 

他者とつながるためのポイント

 

人と関わり、つながることは、心身の健康の増進に役に立ちます。出会った人々とより良い相互交流を楽しむために、これらのポイントが役に立つでしょうし、それによってポジティブな相互交流の利点を感じとれるのではないでしょうか。

 

1 会話の中でポジティブに考える

対人状況について心配し過ぎると、どうやって関わるかについて、あなたを考え過ぎにさせます。人にどう見られるかについて心配するよりも、他の人や会話の内容自身に関心を向けましょう。

 

2 どのぐらい友だちを持っているかについて人と比べるのはやめる

他の人がより多くの、またより良い友だちを持っているように見えることについて、心配するのをやめましょう。友だちやつながりの数より、関係の質や、体験できる楽しさの方に意味があります。つながりの瞬間が見つけられた時にはいつでも、それらを十二分に楽しむようにしましょう。

 

3 人とのつながりにも変化があることを予期する

人との関係が変わってしまうことは、私たちに孤独感を感じさせ、弱々しくさせます。人との関係は時間がたつにつれて変わっていき、一時期は大事であった友だちとのつながりを失うこともあるものです。このような関係の変化は普通のことであると受け入れて、それにも適応しやすくなりましょう。

 

4 多少の不快さにも耐えられるようにする

不安感によって、人と付き合うことを避けるようになりがちです。人との場面でときどき不器用に思うことは、あなたが何か間違ったことをしたということを意味するわけではないを理解しましょう。人とつきあうことで、時間がたつごとにあなたの対人スキルは改善されていきます。

 

5 相手の話をよく聴く

相手の話をよく聴くことを練習しましょう。質問をして、自分のしゃべる番が回って来ることを待っているだけではなくて、相手の答えをほんとうによく聴きましょう。その人の体験について、あなたの姿勢や顔の表情や、ことばでの表現で、あたたかく応答しましょう。

 

6 会話のリハーサルをしてみる

会話の練習をしたことはありませんか?会話の状況で、あなたがする質問について、時間をとって考えてみましょう。もし相手が遠くまで旅行をしたのなら、あの博物館に行ってみたか、またはショーは楽しかったか、聞いてみましょう。

 

7 相手の名前を呼ぶ

相手について関心があることを示すために、その人の名前を知っているのなら、呼びましょう。自分の名前も言いましょう。その人にとって大事な人の名前を聞いてみましょう。または以前の会話の中から、相手のペットの名前などを口にして、相手の話や状況にあなたが関心を持っていることを示しましょう。

 

8 インターネットからオフラインになる時間も作る

ソーシャル・メディアはとても役に立ちますが、人から離れてしまうことも多くします。健康的なオンライン・ライフを持つようにしましょう。

 

9 知らない人とも会話してみる

予期していなかったところでの人とのつながりは、気分をとても良くします。知らない人や、よく見かける通勤客に、スマイルしたり目を合わせたりしてみましょう。よく知らない人と、共通の基盤を探してみましょう。

 

10 人に親切にする

誰かに親切にすると、とても気分がよくなるものです。誰かを助けたり、あるいは助けましょうか?と聞くことで、つながりを作りましょう。バッグを運ぶのを手伝ったり、エレベーターのドアを押さえたりするようなほんのちょっとしたヘルプで他の人は、見守っていてくれ、ケアしてくれていることを感じるものです。

 

11 自分からアクティビティに入ってみる

ボランティアや参加者として、アクティビティに自分から入ってみましょう。活動をいっしょにすることで他の人とつながれ、よりよく知り合える簡単な方法です。

 

12 疎遠になってしまった人とも再びつながってみる

過去につながっていた人に連絡をとってみましょう。多くの人は、あなたがその人のことをケアしているということをうれしく思うものです。

 

13 ストレスをマネージ

誰もが、気持ちが落ちてしまう対人場面というのを持っているものです。

深くゆっくりと呼吸をしてみるなどのストレス・マネージメントのテクニックを使って、不器用に感じてしまう瞬間のストレスをやり過ごすようにしましょう。

 

14 練習、練習、練習!!

対人技術は学べるのです。それを学ぼうとする意欲を落とさないようにしてください。人とのつながりは、あなたにとって役に立つものであることを覚えていてください。より良く人とつながれるスキルを身につけるのに助けが必要だと思ったら、サイコロジストがヘルプできます。

 

サイコロジストは感情や、より幸せに生きることや、行動についての専門家です。関係の問題を理解するのに役に立ち、対人交流を深めるのに役に立つ技術ややり方を学べ、それによって人生の満足度を上げることができます。関係のスキルを身につけるためにサイコロジストを探すには、findpsychologist.org.auにアクセスしてください。

 

https://psychweek.org.au/

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら