法律/ビザ

ワーホリメーカー要注意!セカンドビザについて(実話)

マイステージでは、日本語以外にも、

英語、韓国語、中国語を話すお客さまも多くいらっしゃいます。

そのため、日本人マーケット以外にも、

幅広いマーケットの情報が得られるため、

常に最新の情報を、ご利用いただくみなさんに共有できるよう心がけています。

そこで、今日は「セカンドワーホリにまつわるエピソード」をシェアしたいと思います!

どれも実際に、マイステージのお客さんから聞いた実話です。

 

学生ビザがある日突然キャンセルされる!

Aさんは、セカンドワーホリビザ取得のため、ファーム仕事を終え、無事にビザを取得。ワーホリビザが切れるタイミングで、専門学校へ通うため学生ビザを取得。

学生ビザの2年目に、何の前触れもなく、移民局から「あなたの学生ビザをキャンセルします。28日間以内に、オーストラリアから出国してください。」と突然の電話。

学生ビザ違反になるようなことは一切していなかったAさん。それにも関わらず、ビザが突然キャンセルされてしまったAさんに唯一心当たりがあるのは、「もしかするとファームでの88日間の労働日数が数日足りていなかったからかもしれない…」ということでした。

  • 仮に、ファームのオーナーさんが「88日間まであと1日~2日だし、こっちでカウントしておくから大丈夫だよ。」と言われたとしても、必ず移民局が指定している労働日数を満たしてください!

 

セカンドワーホリビザを買ったものの、まさかの・・・

Bさんは、友達に紹介されたセカンドワーホリビザを販売しているエージェント(実はこういったエージェントが少なくないのです!)からビザを買いました。

通常、移民局のウェブサイトからセカンドビザを申請し、無事にビザが下りた場合、ビザグランドレターと呼ばれる証明が送られてきます。

しかし、何とそのエージェントでは、「ビザグランドレター」を捏造!パスポート番号や、有効期限など、加工ソフトを使い、Bさんの情報に差し替えただけ。それを見たBさんはてっきり無事にセカンドビザが下りたと信じていました。

しかし、Bさんのセカンドビザはそもそも申請されておらず、ファーストワーホリビザの有効期限が切れたあと、1年弱も不法滞在状態!

 

  • 不法滞在の経歴は一生消えません。もし将来的に、オーストラリアを含め他国での観光ビザを申請する場合でも、ビザ却下のリスクが高くなります。また、ビザを買った場合、仮にビザが下りたとしても、不正が発覚し、突然キャンセルされたり、その後他のビザを申請したい場合にも必ずリスクが伴います。ビザは絶対に、買わないでください!

 

セカンドワーホリビザの取得を考えている方は、安易な気持ちでビザを買ったり、友達からの情報だけをうのみにせず、移民局の正確な情報を基に、動いてくださいね😊

 

Mystageは学校の紹介、学生VISAの手配を無料でサポートしております。

はじめての学生VISA、学生VISAの延長などを丁寧にご説明をしておりますので

お気軽にご連絡いただければとおもいます😊💕

 

 

MyStage ふみのまで💖

0406 757 878

営業:平日9:30-18:00

住所:Suite 40 Level 3 650 George Street Sydney

LineID:mystageau

(通常、お返信は日祝日を除き、一営業日内にはさせていただいておりますが、

自動的に迷惑メールに分類されている場合がございます。返信がない場合は、

お手数ですが、迷惑メールフォルダ等をご確認くださいますようお願いいたします。)

 

 

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら