dentalclinic
未分類

インビザライン矯正で「しゃくれ」を治すことはできる?

反対咬合(受け口)について

受け口は、本来の咬み合わせと異なり、上の前歯よりも下の前歯が前に出ている状態です。

サ行、タ行の発音がしづらくなる傾向があります。また、咬み合わせによる影響で、唾液による自浄作用が上手くいかず、虫歯や歯周病のリスクも高まりやすいです。

受け口になる原因としては、「親族からの遺伝」のほか、顎を前に突き出す・舌で下の前歯を押すなどの「幼少期から続いた癖」「口呼吸をしている」などが考えられます。

 

反対咬合(受け口)を放置するリスク

見た目だけではありません。上下反対のかみ合わせだと、下の歯の前歯に力がかかるので、歯周病を進行させてしまうリスクがあります。

歯周病は噛み合わせによっても進行を早めることがありますので、将来的の口腔環境を考えると治すことが大切です。

 

反対咬合の要素

①    上の前歯が内側に、下の前歯が外側に生えてきて、上下の咬み合わせが本来と逆になった受け口。骨ではなく、歯の位置異常や傾きの悪さなどの問題がある状態です。

➁ 上下のあごの成長量や位置がずれてしまった受け口です。
一般的に下顎は身長の伸びと一緒に成長して大きくなりますが、上顎に比べて下顎が遅れて大きく成長するという場合もあります。

②の要因が大きい反対咬合は、一般的に歯矯正治療の難易度が高いと言われています。

 

インビザラインで治療することができる?

可能です。

しかしお口や骨格の状態を検査・分析しなければ、矯正治療で改善できるか判断することは難しいので、一度ご相談にお越しください。

今なら無料のコンサルテーションも行っております。

ご予約は下記まで

📞Call us: 9269 0514 ◆ www.bestdentist.c­om.au ◆ Dr Knox Kim is Diamond Invisalign Provider and Invis­align’s only Clinical Consultant/ Speaker among General dent­ists in Australia Top 6th in the world in Invisalign Interna­tional Gallery #stra­ightyourteethwithout­braces #invisalign #braces #sydneydentis­t#dentalclinicatworl­dtower #cosmetic #be­stdentist #citydenti­st#cerec#onedaycrown­#rootcanaltherapy#wi­sdomtooth​ #インビザライン#矯正 #シドニー#歯医者 #歯科矯正#矯正女子#ビフォーアフタ­ー#海外#海外移住#歯#オーストラリア #マウスピース矯正#隐适美#牙科诊所#中文#牙医

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら