mba_lawyers

サブクラス457ビザの廃止と新たなビザの導入

2017年4月18日、オーストラリア政府は2018年3月からテンポラリーワーク(Skilled)ビザ(サブクラス457)を廃止し、新たにTemporary Skill Shortageビザ(TSS)を導入すると発表しました。TSSビザは457ビザと似ているものの、より厳しい条件のもとに発給されます。

 

なぜ政府は457ビザの廃止(とそれに代わる新ビザの導入)を決めたのでしょうか?過去数年間、オーストラリアの労働市場は停滞しており、雇用機会拡大を求める有権者(オーストラリア国民)によるプレッシャーが、連邦政府によるこの政策を後押ししたと考えられます。しかしながら、現在457ビザ(4年有効)を保有し、海外からオーストラリアに来ている95,000人の人たちに今回の改正の影響はなく、457ビザの期限到来時にはオーストラリア永住権も申請可能です。

 

新TSSビザは、これまでの457ビザとは異なる特徴を持っています。457ビザとの比較を簡単にまとめると、①期間が短い ②職業スキルや労働市場テストに関して、厳しい条件が設定されている ことです。TSSビザをスポンサーする側のビジネス・オーナーもまた、新TSSビザのスポンサーとしての申請条件について、2018年3月までに必ず確認しておきましょう。

 

 

では、TSSビザの新しい条件ならびに改正事項について具体的にみていきましょう。

 

  • 熟練を要する職業において、最低2年以上の職務経験が必要

 

457ビザは、申請する職業と関連する職務経験がなくても申請可能でした。今回の改正で大きな影響を受けるのは特に、オーストラリアの学校を卒業したばかりで、仕事経験のないインターナショナル・スチューデントでしょう。

  • 犯罪経歴証明提出の義務化

457ビザには不要だった(犯罪歴がない限り)、無犯罪証明書の提出が必須です。申請者の国籍にもよりますが、該当証明書の取得に数ヶ月を要する国もあるでしょう。

 

  • ビザの期間

 

TSSビザは最長2までのShort-Term stream (短期間ストリーム)と最長4までのMedium-Term stream (中期間ストリーム)の2種類で構成されます。Short-Termストリームは、期限到来時に一度だけ更新可能ですが、オーストラリアの永住権は申請不可です。

 

Short-Termストリームは、適切な熟練オーストラリア人スタッフを確保できないビジネス分野において、一時的に外国人スタッフを雇って、その技能不足分を埋めることを目的としています。

 

Medium-Termストリームは、“より高度な技術”を必要とする職業において、オーストラリア国内で足りていない高度な熟練スタッフを海外からの人材に補ってもらうことを目的としています。このビザの発給条件は、高度な英語力が求められるなど、より厳しく設定されており、認められる職業・職種の数もShort-Termストリームに比べて少ないのですが、更新可能で永住権にもつながるビザです。

 

  • 英語力必要条件の強化

 

TSSビザの申請者には、英語力を測るIELTSもしくはそれに準ずるテストで、スコア5.0以上が求められます。(2年ストリームの場合、各分野4.5以上/4年ストリームの場合、各分野5.0以上)

 

 

雇用主側にとっての変更事項:

 

  • 労働市場調査

 

雇用主は、そのポジションの求人広告を出しても、国内で適切な人材を見つけることができなかったことを証明しなければなりません。

 

  • 最低限の市場給与レート

 

雇用主は、オーストラリア給与市場価格に見合い、かつTemporary Skilled Migration Income Threshold(4月18日時点:年収$53,900)を満たした給与を支払わなけばなりません。技術を備えたTSSビザ保持者に対して、オーストラリアの市場価格に見合った適切な給与を支払うことと、国内の労働者が不利(TSSビザ保持者を低賃金で雇うことで、国内の雇用機会が失われてしまう)にならないようにするためです。

 

  • ローカル・スタッフに対するトレーニング実施要件

 

スタッフのTSSビザ申請に関わる雇用主は、Skilling Australians Fundという基金に積立金を納めなければなりません。

 

  • スタッフのTSSビザ申請時に全額支払い

 

  • 売上高1,000万ドル未満の小規模会社の場合、1年(またはその一部)につき1,200ドル。それ以上の企業の場合、1年(またはその一部)につき1,800ドル。

この記事をシェアする

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら