未分類

あなたの食事マナー、オーストラリアではアウト?

こんにちは、iae留学ネットです。

2021年になりましたね。今年こそは自由に国内/国外を移動できればいいのですが、まだまだ先になりそうです。去年は大学やTAFE・語学学校についてJamsブログを書くことが多かったのですが、今年はなるべく色々な視点から書いてみようと思います。筆者(iaeカウンセラー)は2003年にオーストラリアに移り、人生のほぼ半分ずつ日本・オーストラリアで過ごしました。移民として感じてきたこと・日本とオーストラリアの違い・似た部分などアレコレを紹介していきたいと思います。

 


 

日本人が「食べ方が汚い」と聞いて最初にイメージするのは、どんな食べ方でしょうか?

口を開けてクチャクチャと音を立てご飯を食べる、食事の後片付けをしない、おかずも煩雑に残す。日本人から見たら「なんでそんなにマナーがなっていないの?」と心の底から思う人も少なくありません。

しかし、オーストラリアに長く住むことで思いもよらぬ洗礼と世界から観た日本のイメージを痛感する事になります。その理由を少しか紹介していきたいと思います。

日本人の食べ方が汚い?

ラーメン

最近では「ヌーハラ」として有名になってきた話ですが、実は日本人がごく普通にやっている麺類の食べ方は、オーストラリアの人達からはとても考えられないような食べ方だと言います。

日本ではテレビでフードコメンテーターなどが、美味しそうにラーメンをすすってグルメの紹介をしている姿をよく見かけます。そのため、日本のラーメンはずるずると音を出しながら食べるのが普通なんだとほとんどの人が思っているのではないでしょうか。

しかし、もしそう思っている方がいたらオーストラリアでは気をつけて下さい。

もし、オーストラリア人の友達や初デートのお相手とラーメンを出す日本食レストランなどに行き、ずずずっと音を出してしまったら「アウト」です。正直それを良く思うオーストラリア人はいないと思って下さい。

 

「自分は日本人だし、ラーメンは日本の食べ物だし、これが日本では普通なんだから良いんだ。」と思う気持ちもわかります。ですが、ここはオーストラリア。ぐっと我慢をして周りの食べ方を参考にして下さい。

あなたがそう思っていても、オーストラリアの人々はそのラーメンのすする音を良く思うことはありません。日本国内で外国人がクチャクチャと食べるのを日本人が不快に思うように、オーストラリア人は日本人のラーメンの食べ方を良いとは思っていないのです。

麺類を食べるときは、ゆっくりと音を立てずに。スープもすすらないようにしましょう。

 

和食が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された事もあり、海外での日本食の紹介がより多くされる事になりました。そのため、世界中で日本食の紹介がされ、それと同時に日本人の食べ方も紹介され、日本や日本食に興味を持つオーストラリア人もあなたの食べ方に注目するわけです。

日本人は気にしていなくても、オーストラリア人はあなたの食べ方を見ています。

鼻をすするのもマナー違反

鼻をすする

食べ物ではありませんがついでにお伝えしておきます。日本人が鼻をすする音もオーストラリア人から見たら大変不快に思われています。

こちらは本当に西洋人とアジア人の文化の違いですが、西洋人は鼻をすすらずしっかりと鼻をかむ方が良いとされています。

逆に、日本人などは公衆の場で鼻をかむのは礼儀がなっていないと思いがちで、鼻をかむのを我慢し鼻をすすっている事が多いです。これが原因で日本人はオーストラリアで不快に思われている事がよくあります。

コロナ禍も手伝って、人前で鼻をすするのもかむのも大変勇気のいる行為となりましたが。笑

まとめ

筆者もふくめ、マナーというのは自分の物差しで決めてしまってはなりません。「日本のマナーで育ったから」という考え方はこちらでは通用しません。オーストラリアに住んでいるからにはそのような考え方は捨てて、オーストラリアのマナーを尊重しましょう。

オーストラリアにも日本人から見てヘンテコなマナーや生活スタイルがありますが(?)、周りに迷惑をかけない・不快な思いをさせない程度に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

iae留学ネットとは

世界的な知名度を誇る留学エージェント

オーストラリアだけではなく、アメリカやカナダ、イギリス、アジアの合計16カ国に支店がある、1992年創業の留学エージェント。

オーストラリア政府教育省認定機関で、世界中から優れた留学エージェントや語学学校に与えられるStar Agency Award」と呼ばれる賞を4回受賞しています。

詳しい情報はこちら

大学と公式に提携している数少ない正規エージェント

オーストラリア全土の大学と公式に提携しており、提携教育機関数はオーストラリア最大級。2016年以降、移民局の教育機関に対する監視が厳しくなったことをうけ、大学側はこれまで以上に厳選し、信頼度の高い留学エージェントのみと提携するようになりました。

大学の公式窓口のため、最新の情報や入学金の割引、奨学金サポートなどの情報をいち早く大学側から入手することができ、通常価格よりも安く手続きすることが可能です。

詳しい情報はこちら

TAFE・専門学校・語学学校への手配実績

毎年約2万人以上の留学生のサポートをしており、日本人の学生ビザ拒否率が0%

カウンセラーは全員、「PIER(ピア:Professional International Education Resources)というオーストラリア政府公認の留学カウンセラー資格・長年の経験を持つプロフェッショナルたちで、カウンセリング・留学手続きが無料です。もちろんワーホリ・学生ビザのスタッフはおりません。

TAFEについての詳しい情報はこちら
TAFE卒業生のインタビューはこちら

iae留学ネットへのお問い合わせ

電話:0433-359-500(日本語直通)
メール:iae-sydjapan@iaeoz.net
所在地:Suite 301, Level 3, 405-411 Sussex Street, Sydney

 

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら