worldciti
美容/健康

◉8月は歯科矯正を!当院GPは女医が常勤です

コロナ禍の今年はインフルエンザ予防接種を受けるべき

当院のGPはふたりとも女医です!

 

おなじみの女医GPジェシカ先生に続き、ナームン先生(写真)が診療をはじめました!日本で保健師経験のあるナースや日本人スタッフが心をこめてサポートいたします。

寒くなってきました。赤ちゃんの検診や予防接種など・・

GPではコロナの疑いのある方はまず電話くださるようにお願いしています。豪政府のガイドラインを守り、待合室なども十分なソーシャルディスタンスを確保し、消毒を実施しています。

寒くなってきて風邪など様々な症状にかかる方が多いと思いますが、怖がらないでちゃんとGP受診をしましょう。赤ちゃんの定期検診や予防接種なども、麻疹も流行っているようですし、ちゃんと受けにきましょう。日本で保健師経験のあるナースが勤務しているので、乳幼児身体計測や健康相談も受けられます。

 

←歯科の待合室

↓医療の待合室

 

GPと、日本で保健師経験のあるナース

コロナ禍の今年はインフルエンザ予防接種を受けるべき

医療(GP)では、豪政府からもコロナ対策として推奨され、コロナと二重にかかってしまうとたいへんなインフルエンザの予防接種を例年以上にたくさんの方が受けにいらしています(予防接種の料金は30ドル妊婦、6ヶ月以上5歳までの子ども、65歳以上等はメディケアで無料)。感染症の怖さにさらされて、少しでもリスクを避けたいお気持ちはよくわかります。コロナとインフルエンザなど、感染症に複数かかることがあり得て、最初の感染症で免疫力が落ちていると、そこに次の感染症にかかりやすくなることがあるのです。

メディケアインフルエンザ予防接種無料になるのは、以下の方たちです、

  • all Aboriginal and Torres Strait Islander people aged 6 months and over アボリジニかトレスストレートアイランダーで6ヶ月以上の方

  • all children aged 6 months to less than 5 years of age (including Aboriginal and medically at risk)

    6ヶ月から5歳以下の子ども(またはアボリジナルか、医療的リスクのある子ども)

  • all individuals aged 5 years and over with medical risk conditions, namely: 5歳以上の方で、以下のような医療的リスクのある方

    • cardiac disease, including cyanotic congenital heart disease, coronary artery disease and congestive heart failure
    • chronic respiratory conditions, including suppurative lung disease, chronic obstructive pulmonary disease and severe asthma
    • other chronic illnesses requiring regular medical follow up or hospitalisation in the previous year, including diabetes mellitus, chronic metabolic diseases, chronic renal failure, and haemoglobinopathies
    • chronic neurological conditions that impact on respiratory function, including multiple sclerosis, spinal cord injuries, and seizure disorders
    • impaired immunity, including HIV, malignancy and chronic steroid use
    • children aged 6 months to 10 years on long term aspirin therapy
  • pregnant women (influenza vaccine can be given at any stage of pregnancy) 妊婦(妊娠中のどの期間でもインフルエンザ予防接種が受けられます)

  • people aged 65 years and over (vaccine that is specifically designed to produce a higher immune response is available for this group). 65歳以上の方(このグループの方には、より高度な免疫反応が起こる予防接種をご用意しています)

ぜひ当院日本語ラインにお電話ください。日本人ナースで保健師経験者からの健康相談やお注射も可能です。

豪政府からの要請を受けて、現在医療や歯科では・・・

世の中は新型コロナで非常時といった雰囲気ですね。しかし医療も歯科も、このように診療しております!

一階医療フロアでは日本語サポート付きテレヘルスを実施

コロナ感染の疑いがあり医療がご必要な方は、NSW Pubic Health1300-066-055にお電話して指示を仰いでください。熱やのどの痛みがある方、2週間以内に海外からお戻りの方でGPにいらっしゃる方は、かならず日本語ライン02−9281−0348にまずお電話ください。

電話を使っての診察、テレヘルスを実施しています!日本語のサポート付き(水以外)。メディケアではテレヘルスでもバルクビル(自己負担なし)です。

二階歯科フロアではすべての治療が可能です!

今月は、

歯科矯正 5%割引(通常$6500→$6175に値下げ *病状等により価格変動可)のキャンペーン中です。

歯科治療の必要は、どんなタイミングでも待ったなしですよね。当院シドニー内3歯科のスタッフも、懸命に治療にあたっています。

※ロックダウン中は緊急時や既存の患者様のみの対応になります。何卒宜しくお願い致します。

どうぞ日本語ライン02−9281−0348、またはシティ歯科直通02−9281−6744におかけください!

ワールドシティ歯科はシドニーに3院!

歯科矯正や美容医療のキャンペーンを試したい! 相談したい! という方は、以下から予約・お問い合わせを。

シティ歯科本院
住所:Level 1 & 2/722 George Street, Sydney NSW 2000
電話番号:(02) 9281-0348(日本語ライン)または (02) 9281-6744(歯科)

イーストウッド歯科分院
住所:3/14 Ethel Street, Eastwood NSW 2122
電話番号:(02) 9858-3000

ケンプシー歯科分院
住所:37 North Parade, Campsie NSW 2194
電話番号:(02) 9136-4777

ご予約の際は「JAMSを見ました!」とお伝えください。

JAMS編集部スタッフも歯科治療を体験!

事前に先生や病院の雰囲気を見てみたいという方は、JAMSスタッフが実際に歯科治療を体験する様子をレポートした「JAMSスタッフが行ってきました♪」を要チェック!

ワールドシティ日本語医療・歯科センターの過去記事はこちら
クリニックのモットーである「患者様中心ケア」について 
日本語通訳なしでOK!日本語堪能の歯科医が常駐
数ある矯正オプションから最も効果的な方法をご案内
世界シェア上位のデンタルインプラントも治療可能
ワールドシティなら医療美容も豊富で日本語対応

ワールドシティ日本語医療・歯科センター

www.worldcitimedical.com.au/jpm

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら