教育/留学/習い事

MBAを取得する、4つの利点!

1. MBAを持っていたほうが、MBAを持っていないよりもたくさんのことを得られる

Relish のリサーチで、 TransparentCareer が今年、MBA保持者のMBA前と後でのギャップについて発表しました。

 

 

The study aggregated のデータによる、11,000以上の、世界各国でMBAを2009年~2018年までに修了した、生徒が申告した収入が大きく異なるというものです。

 

 

平均で、MBAの卒業生は、$36,472ほど年収が上がっています。

このサイトのユーザーは、MBA前の年収が $79,505で、MBA後の平均年収は $116,248になっています。ほぼ50% の増収になります。

産業によっては、年収が低めのところもありますが、それでもMBA卒業生は、大きな年収の増額を経験しています。

 

 

これがよいニュースだとしたら、オーストラリアのこちらの結果を見たほうがよいです。

QS World University Rankings: Global MBA Rankings 2019.

オーストラリアでは、世界の高収入5位にランクインしています。

オーストラリアのMBA卒業生は、資格取得後に平均77%も年収が上がっているのです!

According to that study

 

 

2. MBAがあることで、昇進、キャリアアップが早くなる

毎年、Graduate Management Admission Council が、MBAの卒業生に、就学したものがどのくらいキャリアに影響があったか、統計を取っています。

結果 The results found は、ほとんどの卒業生が、MBAを持っていない人たちよりも、キャリアがどんどんつめているとしています。

 

  • 86% のMBA卒業生は、MBAを持っていない同僚よりも、昇進、キャリアアップが早いとしています。それは、資格取得中のスキルによるものです。
  • 84% のMBA卒業生は、MBAを持っていない同僚よりも、昇進、キャリアアップが早いとしています。それは、資格を持っているということ自体からきているものです。
  • 70% のMBA卒業生は、現在の仕事は、MBA就学で培われたスキル、知識なしではつけなかかったものだとしています。
  • 39% のMBA卒業生は、MBA前と異なる業界で働いています。コースで得たもののおかげで、現職につけたとしています。

 

 

3. よい MBAは、雇用主が求める’ソフトスキル’が身につく

世界経済は、さらなるデータの大切さ、AI、仕事場のカルチャーの多様化など、大きな変化を経験しています。

ビジネスがこのような変化に生き残るためには、マネージャーたちに、ソフトスキルが求められます。

‘soft skills,’ (コミュニケーション、共感する力、問題解決能力、関係構築、クリエイティブシンキングなど)

今の時代のマネージャーたちは、自信を持ちつつ、フレキシブルなリーダーであることが求められています。

 

 

Financial Times 2018 MBA Skills Gap Survey では、72の世界最大級の会社のオーナーに、MBA卒業生にどのようなスキルを求めるかを聞いています。

 

 

結果は? 会社オーナーが挙げたものは、ファイナンシャルマネジメントや、戦略計画などのタスクベースのスキルよりも、トップ5のスキルは、’ソフトスキル’という結果でした。

  1. チームで働ける能力
  2. さまざまなタイプの社員と働ける能力
  3. 複雑な問題解決ができる能力
  4. ひととのネットワーク構築、関係維持、ネットワークを広げることができる能力
  5. タイムマネジメントと、プライオリティを決められる能力

 

過去のMBAでは、会計などの技術的な側面にフォーカスすることが多かったです。

今のMBAでは、需要の高い、柔軟なリーダーシップが取れる人材育成のプログラムとなってきています。

 

 

典型的なMBAでは、グループアサイメント、問題解決のプロジェクトや、ソフトスキルを高めるための内容となっています。

other activities that develop these soft skills.

実際にMBA卒業生は、このような理由から、求められているのです。

他の学士、修士とは異なり、広範囲で、多様性に長けた、人にフォーカスした、コミュニケーションやリーダーシップが学べるものとなっています。

 

 

例えば、実践的なプロジェクトを遂行する Dynamic LeadershipManagement, People and Teamsなどといった教科のある大学もあります。

 

 

4. MBAは、仕事上で必要なネットワークづくりの後押しをします

過去数年で行われたリサーチでは、人は、ネットワークから仕事を得ているということが立証されています。

キャリアでの成功は、ネットワークから来ていることは明らかです。

 

 

LinkedIn survey では、ネットワークから85%の仕事が決まっていることがわかっています。

アメリカのABC Mediaの調査では、 sets the figure at 80%, 80%はネットワークからとしています。

また、オーストラリアの調査では、 60-80% of all jobs in the country. となっています。

 

 

MBAでは、この重要なプロフェッショナルネットワークづくりを強化します。

実際、2017 Financial Times survey of 9000 Alumniでは、ネットワークづくりは、教育のため、収入増加のためにつづく、MBAの生徒が入学を決めた3番目の理由としています。

Between 50 – 60% の生徒は、 MBAネットワークを利用して、仕事を得たと言っています。

MBAの生徒に、様々なネットワークの可能性を与えてくれます。

 

  • 他の生徒からのもの
  • 教授やスタッフからのもの
  • 業界パートナーや、イベントから
  • インターンシップやワークプレイスメントから
  • 卒業生のネットワークから

 

大学によっては、様々な業界でのインターンシップのサポートを受けられるところもあります。

また、卒業生用のイベントが定期的に行われているところもあります。

 

 

MBAについてのお問い合わせは、エミクまで

Email: emic@visanet.com.au

Tel: 02 9264 1911

Web: http://emic.visanet.com.au/

 

 

その他の最新情報はこちら

ビザに関する情報はこちら

この記事をシェアする

他のエミク記事も読む

オフィシャル Facebook

https://www.facebook.com/pages/Edu-Migrate-Information-Centre/135947306508712

お得な情報満載!エミクブログ

http://ameblo.jp/emic-visant/

ビザネット Twitter

https://twitter.com/VisaVisanet

エミク Twitter

https://twitter.com/emicsydney

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら