イベント情報
カルチャー

6月のシドニーイベント/ストラスフィールド交響楽団、秋のメルヘン演奏会

イベント情報

日付 2018.06.30 〜 2018.07.01
時間 00.00 〜 00.00
料金 大人 30ドル、コンセッション 20ドル、ファミリー 80ドル
エリア Strathfield
開催地 Strathfield Town Hall, Corner of Redmyre and Homebush Roads, Strathfield NSW 2135
ウェブサイト https://strathfieldsymphony.org.au

シドニーで活躍する日本人指揮者、村松貞治氏の率いるストラスフィールド交響楽団の秋の演奏会が、6月30日(土)と7月1日(日)の両日、ストラスフィールドのタウンホールにて開催される。

「Czech Please」と題された今回の演奏会では、『くるみ割り人形』と同じく人気のクラシックショートで、ワーグナーの影響を受けたエンゲルベルト・フンパーディンク作曲の『ヘンゼルとグレーテル』序曲、ルーマニアのブカレスト国立音楽大学で学び、スイスのローザンヌでヴァイオリニストのイェフディ・メニューインと同じマスタークラスに参加した経験もあるヴァイオリニスト、ティネル・ドラゴイによるパガニーニの『ヴァイオリン協奏曲第1番』、そしてストラスフィールド交響楽団のマスターピースでもあるドヴォルザーク作曲『交響曲第9番 新世界より』の3曲が披露される。

一度迷い込んだら出られない『ヘンゼルとグレーテル』の魔女の森で、パンくずを追いかけて行くような音楽の冒険を楽しみに足を運んでみてはいかがだろうか。

演奏曲目

●エンゲルベルト・フンパーディンク作曲 「ヘンゼルとグレーテル」序曲
●ニコロ・パガニーニ作曲 「ヴァイオリン協奏曲第1番」
●ドヴォルザーク作曲 「交響曲第9番 新世界より」

開演時間

●6月30日(土)19:00
●7月1日(日)14:30

この記事をシェアする

この記事をシェアする

その他のイベント記事はこちら

カルチャー

英語で能を楽しもう!

日本の伝統芸能である「能」を英語で演じる「Oppenheimer Noh Project」が、シドニー大学で開催される。1945年8月6日に広島に投…

2015.09.30 〜 2015.10.01