イベント情報
カルチャー

2月のシドニーイベント/核兵器廃絶と平和を願うフォーラム

イベント情報

日付 2018.02.05
時間 18.00 〜 21.00
料金 無料(任意の寄付$25もしくは$50)
エリア Redfern
開催地 Redfern Community Centre, 29-53 Hugo Street, Redfern
ウェブサイト http://www.icanw.org/au/making-waves

ICAN(核兵器廃絶運動団体)とピース・ボートが共同催行する「第96回おりづるプロジェクト・オセアニア一周クルーズ」の核問題に関するフォーラム「Making Waves」が、オーストラリアの主要都市において実施される。

シドニーでは2月5日(月)に、レッドファーンのコミュニティ・センターにて開催予定。福島原発の被災者やオーストラリア先住民の核実験被災者らをスピーカーに迎え、現代の核問題に関する討議と交流の機会が日英の通訳付きで設けられる。

「おりづるプロジェクト」とは、2008年より広島・長崎の被爆者たちと共に船で世界をめぐりながら、核問題に関する証言を世界各地に発信するプロジェクト。これまで95回の巡航を経て、170名以上の被爆者たちが参加し、核兵器のない世界の実現に向け、被爆の実相を世界に伝えてきた。また、昨年にはメルボルンに拠点を置く核兵器廃絶運動団体のICANが、長年の活動実績を認められノーベル平和賞を受賞したことを受け、さらなる注目が集まっている。

スピーカー
●川崎哲(ピース・ボート共同代表、ICAN 国際運営委員)
●三宅信雄(広島被爆者)
●長谷川健一・花子(福島県飯舘村出身、原発被災者)
●カリーナ・レスター(オーストラリア核実験被爆者2世)
●スコット・ラドラム(元オーストラリア緑の党上院議員、ICAN オーストラリア名誉大使)
●ジェム・ロムルド(ICAN オーストラリア・コーディネーター)

この機会にぜひ核兵器廃絶のための世界的な動き知り、平和のかけがえのなさを学ぼう。

無料チケットの予約はこちら
https://www.trybooking.com/book/sessions?eid=342346

この記事をシェアする

この記事をシェアする

その他のイベント記事はこちら