worldciti
医療/保険

◉9/25 COVID19新感染者数 VIC14 NSW4

当院GPは二人とも女医です(写真)!英 or日英韓の通訳のできる受付と看護師を募集中です。

COVID−19の新感染者数(24時間)

9月25日(金)NSW州4人、VIC州14人、全豪18人 

ビクトリアは2回目のロックダウンの甲斐があって、10人台の新感染者数になってきました!

9月24日(木)NSW州1人、VIC州12人、SA州1人、WA州3人、全豪17人

9月23日(水)NSW州6人、VIC州15人、SA州1人、全豪22人

9月22日(火)NSW州2人、VIC州28人、WA州3人、全豪33人

9月21日(月)NSW州4人、VIC州11人、QLD州1人、全豪16人

 

9月19日(土)NSW州3人、VIC州21人、全豪24人

9月18日(金)NSW州6人、VIC州45人、全豪51人

9月17日(木)NSW州5人、VIC州28人、WA州1人、QLD州1人、全豪35人

9月16日(水)NSW州10人、VIC州42人、WA州1人、全豪53人

9月15日(火)NSW州7人、VIC州42人、QLD州1人、全豪50人

9月14日(月)NSW州4人、VIC州35人、全豪39人

9月13日(日)NSW州9人、VIC州41人、全豪50人

2020年。これ以前の感染者数は、こちらのブログで。

https://www.jams.tv/wp-admin/post.php?post=182292&action=edit

豪政府健康省による詳しい統計はこちら。https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers

コロナ検査場所の検索や、自宅にいながらコロナ検査が受けられるシステムについては、以前に書いたこちらのブログ記事からご覧になれます。https://www.jams.tv/special-offer/179291

英語力に自信のある方!医療受付他スタッフ募集中

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」では、日本語・英語(・韓国語)を話せるスタッフを募集中!

英語を毎日使うお仕事です。英語と日本語が通訳レベルでできる方は要チェック!

  • ポジション:
    ①医療受付+通訳のスタッフ
    ②歯科助手
    ③看護師(豪資格保有、日本での看護師・保健師経験者も歓迎)
  • 応募資格:
    日本語と英語での通訳ができる程度の英語力
    日本語・英語・韓国語の3カ国語話者は優遇
  • 応募方法:
    英文メールにて英文履歴書をお送りください。
    manager@worldcitimedical.com.au
    (応募専用メール)

ワールドシティ歯科の院内紹介レポート&日英を話すスタッフ募集

新型コロナウイルスのパンデミック最中、世界中で医療現場の重要性がますます認知されています。シドニーでGP(開業医)の一般医療と歯科医療美容医療パソロジー検査や日本語カウンセリングがある「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」は、オーストラリアの新型コロナウイルス第一波によるロックダウン中の非常時にも、オーストラリア政府のガイドラインに従って診察を続けてきた、日本語対応の頼れる総合医療センター。

本院のGP(一般開業医)は患者の安心を第一に電話GP受診のテレヘルスも対応し、お子様に重要なインフルエンザなどの各予防接種と、70歳以上のメディケア所持者を対象に肺炎球菌の予防接種も無料で実施中

院内ではソーシャルディスタンスを確保。オーストラリア政府の衛生基準に従い、徹底的な衛生対策を実施しているので、安心して受診できます。今回はそんな「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」本院内の医療・歯科・受付スタッフのインタビューから、現在の新型コロナウイルス対策や診療の様子、そして日本語と英語を話すスタッフの募集についてお伝えします。

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」の新型コロナウイルス感染防止対策

新型コロナウイルス感染防止に最善を尽くして医療を受けていただくため、当院にいらっしゃる患者様にマスクの着用をお願いしています。また、お手数ですがエレベーターのご移動は一度にお一人様とさせていただきます。

院内の待合室の椅子は、ソーシャルディスタンスを十分にとって配置してあります。

【患者様にお願いしていること】
① 来院時に、額にかざす形で体温を計らせていただきます。
② 抗菌ジェルによる手の消毒をお願いいたします。
③ 氏名と連絡先をご記入ください。
④ 歯科の場合は、治療前に抗バクテリア・マウスウォッシュでのうがいにご協力ください。
【医師が対策していること】
① オーストラリア保険省から義務付けられたマスクとメガネ、診察ガウンを着用して診察しています。

【新型コロナウイルス感染の疑いがある場合】
熱やのどの痛みがある方や、2週間以内に海外からの渡航歴があり、GPの受診を望まれる場合は診察前に必ず同院の日本語ラインに連絡してください。新型コロナウイルスについてのご相談も日本語ライン、もしくはシティ歯科直通番号にお問い合わせください。

日本語ライン:02 9281 0348

こちらのページから、検査場所の検索や自宅で検査が受けられるシステムもご利用いただけます。

ロックダウン以後の治療と9月のキャンペーンについて

歯科の治療と9月のキャンペーン

・歯科健診とクリーニング(フッ素塗布付き)150ドル!
※「メディケア小児歯科プログラム」を利用すると、2歳以上17歳未満の児童は歯科検診やクリーニングなどの通常の歯科治療を自己負担なしで受診していただけます。

・審美歯科の歯列矯正またはインプラント治療の初回相談&プラン作成(レントゲン撮影・モデル作成・希望者にレントゲンハードコピー)が250ドル!
※当院で歯列矯正またはインプラント治療をスタート(プラン作成後1カ月以内)されると、その250ドルを返金させていただきますので実質無料となります。

・9月中はズーム院内ホワイトニングの施術と(+自宅で使えるホームホワイトニングキット)が699ドル!
※ズーム院内ホワイトニングでゲットした歯の白さを維持したい方は、施術後1週間ほど経過してから歯の色を再診させていただき、その際にホームホワイトニングキットを進呈いたします。

・ホームホワイトニングキット(単体)は199ドルで販売!
※ホームホワイトニングは専用のマウスピースに薬剤を塗布して毎日自宅で装着します。歯の白さの持続力と費用の安さは圧倒的。自然な白さに仕上がり、知覚過敏も予防します。

「ワールドシティ歯科」には常時、虫歯や詰め物(インプラント)の治療をされる患者様が多く来院します。これらは新型コロナウイルスのロックダウン中であろうと、待ったなしの歯のトラブル。

その後ロックダウンが解除されると、通常の歯科健診を受けることができなかったり、数カ月で溜まったお口の汚れを落としに、多くの日本人が、同院の歯科健診とクリーニングと受けに来院しているそう。

一般歯科担当で日本語が非常に堪能なクリス歯科医:

半年に一度の歯科検診で、お口の病気予防になります。定期的な歯科検診の記録が残っていると、歯科医の方でも患者様だけの特徴や歯の状態変化を把握することができるので、お気に入りの行きつけの歯医者さんを見つけておくことをおすすめしております。

また、ロックダウンが解除されてからは、歯列矯正の定期治療を求める方も多く来院するのだとか

歯列矯正は費用と時間のかかるコミットメント。複数の歯科から見積もりを出した上で「ワールドシティ歯科」を選び、歯科全般のセカンドオピニオンを聞くために同院の診察を希望する方も後を断ちません

「ワールドシティ歯科」の歯科医チームは数々のケースに対する経験が豊富。特にマシュー歯科院長は、25年以上もシドニーの人々の歯の健康を守り続けています。他に類を見ない高いカリスマ性と技術から、歯列矯正の腕に定評のあるマシュー歯科医院長をリクエストされるリピーターも。矯正とインプラントなどの複雑な歯科治療でも、その審美性の再現度も含めてマシュー歯科院長は信頼されています。

お口の構造の正確なアセスメント結果に基づき、すべての矯正オプション(ワイヤー矯正・セラミック矯正・舌側矯正・インビザライン・透明マウスピース)から、一人一人のケースに最も矯正効果のある方法を提案してもらえます。

一般歯科・審美歯科担当のマシュー歯科医院長:
スタッフもそのご家族も、当院で虫歯治療や審美歯科を受診しております。所属クリニックの医師の腕を信じてもらえることは、我々医師が日々働くためのモチベーションと誇りでもあります。


歯科医対象の研修会講師を歴任するマシュー歯科医(左の青い衛生着)の研修会の様子

受付・通訳スタッフ:

同院は患者様のリピート率も高く、5年以上当院へ通われている方が大勢いらっしゃいます。毎日1〜2ケースの新規の歯科患者さまを診察させていただいておりますが、治療後の患者さまによるハイスコアの満足度は、当院の自慢でもあります。

【ただ今、受付・通訳スタッフを募集中! 詳細はこちら

「ワールドシティ歯科」のズーム院内ホワイトニングでは、最新の歯のホワイトニング技術「ZOOM! WhiteSpeed(ズームホワイトスピード) 」を使用。この施術には副作用がほとんどなく、歯を8段階にわたって白くします。

その効果を短時間で実感することができて、1回の通院でも高い効果を発揮するのが特徴で、同院スタッフもズーム院内ホワイトニングを利用しています。

スタッフによる「ズーム院内ホワイトニング」体験ブログ記事はこちら

GP(一般医療)の予防接種と美容医療のキャンペーン

  • 予防接種価格:一般 28ドル
    メディケアに加入している妊婦さんや70歳以上の方、生後半年から5歳未満のお子様はインフルエンザの予防接種費用が無料になります。
    ※日本人看護師からの注射が可能な曜日もあります。
  • 9月中はボトックス注入(顔の上半分の部位)15%オフ!

GP(一般医療)には、シドニーのロックダウン中から規制が緩和した現在まで、たくさんの患者様がインフルエンザ予防接種を受けに来院ているそう。

インフルエンザの予防接種を怠っていると余計に免疫力が低下し、新型コロナウイルスはもちろん他の病気に罹る危険性を高めてしまうことに。オーストラリア政府やユニセフ(国連児童基金)、WHO(世界保健機関)も「パンデミックの中でも予防接種は受けるべき」と勧めています。

特に、お子様のインフルエンザや麻疹、三種混合ワクチン(DTP:ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチン)など、予防接種を適切なタイミングで確実に受けておくことは非常に重要。

GP(一般医療)と美容医療担当のジェシカ医師:
今からでも遅くありません。インフルエンザ予防接種を受けておきましょう!

すべての治療を再開している現在は、さまざまな症例の患者様が来院する「ワールドシティ日本語総合医療・歯科センター」。

同院のGPは2人とも女性で、皮膚科系や婦人科系、女性のヘルスも強みとしています。日本人看護師と連携して一人一人の症状にきめ細やかに対応し、日本で保健師経験のあるナースがサポートしているので、英語に慣れないオーストラリア留学生の方にも入りやすいオープンな環境。

GP(一般医療)担当のナームン医師:

赤ちゃんの定期検診や、乳幼児の身体計測、健康相談も受付中。乳幼児健診や定期予防接種も安心・安全に受けていただけます。妊娠中の方や小さなお子様連れの方、お年寄りも大歓迎です。

新型コロナウイルスのロックダウンの自宅待機の長さを利用して、顔を見せない間に美容医療を受けられる方も少なくありません。

美容医療担当のジェシカ医師は、アメリカ美容医療学会のインストラクターを務める腕前で、筋肉を収縮させることでさまざまな美顔効果のあるボトックス注入も得意としています。

GP(一般医療)と美容医療担当のジェシカ医師:

オーストラリアでもマスク着用が推奨されている現在、お化粧をしても顔の上半分、特に目元や目力に視線が集まります。目の周りのしわや眉間のしわを目立たなくするボトックス注入は、マスク着用の患者様に人気。9月のキャンペーンで15%オフです!

同院内にある日本語心理カウンセリング

「ワールドシティ日本語総合医療・歯科センター」には日本人サイコロジスト(臨床心理士)も在籍。「こころクリニック」診察室にて、日本語による心理カウンセリングを受けられます。

日豪の資格と両国での臨床体験は28年、在豪日本人の心理カウンセリング経験も20年以上積んだ、谷野サイコロジストが日本人の不安に寄り添う心理カウンセリングを行います。

GP作成のメンタルプランさえあれば、メディケアでバルクビルや各種保険カバーで診察費はカバーされます。シドニー外にお住まいの方でも、テレヘルス(ビデオ通話)心理カウンセリングをご用意。こちらも診察費は保険でカバー可能です。

心理カウンセリング担当の谷野サイコロジスト:
新型コロナウイルスによるストレスや自粛疲れ、不安やパニックの症状がある方も、まずはお気軽にご相談ください。詳しくはこちら

ただ今、ワールドシティでは日本語、英語、韓国語を話す受付・通訳スタッフを募集中!

英語力に自信のある方!医療受付他スタッフ募集中

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」では、日本語・英語(・韓国語)を話せるスタッフを募集中!

英語を毎日使うお仕事です。英語と日本語が通訳レベルでできる方は要チェック!

  • ポジション:
    ①医療受付+通訳のスタッフ
    ②歯科助手
    ③看護師(豪資格保有、日本での看護師・保健師経験者も歓迎)
  • 応募資格:
    日本語と英語での通訳ができる程度の英語力
    日本語・英語・韓国語の3カ国語話者は優遇
  • 応募方法:
    英文メールにて英文履歴書をお送りください。
    manager@worldcitimedical.com.au
    (応募専用メール)

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」について

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」のシドニーシティ本院は、1階にGP(一般開業医)、2階に歯科を有する日本語サポート付きの総合医療センター。

皮膚科系や婦人科系などの女性のヘルスや海外渡航者のヘルスの医療知識に詳しい女性GP2名(ジェシカ医師とナームン医師)が、一般医療を担当。日本で保健師経験のある女性看護師(火金勤務、他の曜日は日本人通訳スタッフ常駐)が、老若男女に合わせた丁寧な医療サービスをサポートします。海外渡航者のためのヘルスケアや女性特有の悩みにも答えてくれます。

歯科には日本語堪能なベテラン歯科医日本人の受付スタッフが常勤。院内に血液検査などができるパソロジー検査機関や、日本人サイコロジストによる日本語心理カウンセリングにも対応しています。

本院のクリス歯科医(写真上)は、日本語が非常に堪能で、マシュー歯科院長と同じく日本人の患者を数多く診ており、約80%以上が日本人の患者になるそう。クリス歯科医はシドニーで生まれ育ち、日本への留学経験もあります。

日本語での歯科治療や説明を受けたい方や、まるで日本にいるかのような歯科治療を受けたい方は、丁寧で細やか、繊細で穏やかな感性を持つクリス歯科医がおすすめ。

シドニーシティ本院の他にイーストウッドケムプシーに歯科分院があり、3院とも「雰囲気が家庭的」「最新機器と技術で腕が良い」「治療費用は良心的」と評判の街の歯医者さん。すべての歯科でインプラント歯科治療や歯列矯正治療などは、カリスマ的な腕を持つマシュー歯科院長が直接赴き、治療査定や計画を吟味した上で指導しています。

新型コロナウイルス最新情報を常にチェック!

JAMS.TVブログ内では、気になる新型コロナウイルスのオーストラリアにおける新感染者数を毎日レポート中!

新型コロナウイルスの感染検査場所の検索や、自宅にいながら感染検査ができるシステムなどもJAMS.TVブログ内で紹介しています。

新型コロナウイルス感染の疑いがある場合

熱やのどの痛みがある方や、2週間以内に海外からの渡航歴があり、一般開業医(GP)の受診を望まれる場合、診察前に必ず同院の日本語ラインに連絡してください。そのほか新型コロナウイルスについてのご相談も日本語ライン、もしくはシティ歯科直通番号にお問い合わせください。

また同院ではテレヘルス(電話による遠隔診療)も引き続き実施中。受診をご希望の場合は下記よりお問い合わせください。メディケアでは7月21日から、1年以内に来院された実績のある患者さまのみ、2回目の受診からテレヘルス診察が可能と、システムが変更になりました。

日本語ライン:02 9281 0348
シティ歯科直通:02 9281 6744

そのほかNSW州在住で新型コロナウイルス感染の疑いがあり、医療が必要な方はまず下記に相談しましょう。

NSW Public Health:1300 066 055

※オーストラリア政府による新型コロナウイルスの情報はこちら

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」のポイント

  1. 各院ともに相談から予約、診療、アフターケアまで日本語対応
  2. 各院が同等の最新治療設備を完備し、治療方針の確認・共有、最新情報と高技術の精度をキープ
  3. 各院ともに夕方5時過ぎの予約可能、土曜日診療のため、空いた時間に通える
  4. 各院が良心的な治療費設定、さらにワーホリと学生は一般歯科の治療費が10%割引
  5. 本院は小児科・婦人科・皮膚科に強いGP、インフルエンザ予防接種もお任せ
  6. 本院は美容医療と矯正治療のコラボで両効果をアップできる
  7. 本院GP医療では、海外旅行保険はキャッシュレスサービス、OSHC(学生強制保険)自己負担はショート診察33ドル、メディケア(国民健康保険)はバルクビリングで自己負担ゼロ

日本語対応「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」のご予約・お問い合わせ

JAMS編集部スタッフも歯科治療を体験!

ワールドシティ日本語医療・歯科センター

日本語ウェブサイト:www.worldcitimedical.com.au/jp

住所:Level 1 & 2 / 722 George Street, Sydney NSW 2000
電話: (02) 9281-0348(日本語ライン)または (02) 9281-6744(歯科)
営業時間:月~土 9:00-18:00

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら