dentalclinic
医療/保険

*バレンタインシーズンのチョコと虫歯♡

バレンタインシーズン、普段よりたくさんのチョコレートが店内に並びます

そのチョコレートですが、歯に良くない食べ物の代表として取り上げられることも少なくありません。

チョコレートはカカオ・ポリフェノールの効用で’歯にいい事もあります

カカオ・ポリフェノールの効用

・むし歯菌(ミュータンス菌)への抗菌作用

・歯周病菌に対する殺菌効果

・歯垢をつきにくくする

・口臭を防ぐ

 

 

しかしながら悪い面も。。

チョコレートの歯に悪いとされているのは糖分!

虫歯菌は糖分(ショ糖)をエサにしプラークを作り、やがてエナメル質を溶かしむし歯にしてしまいます。

そのため、チョコレートを選ぶ際は糖分(ショ糖)の少ない物を選ぶのが大事なポイントです。

(ミルクチョコレートにはカカオ・ポリフェノールが少なく、ホワイトチョコレートには含まれていません。

抗酸化作用を得るためには、カカオ・ポリフェノールが多く含まれるビター・チョコレートがおすすめ!)

虫歯になりにくい食べ方のポイント

■歯に付いたままにしない

チョコレートの種類によっては歯に張りつきやすいものもあります。こんなときは飲み物などで洗い流すか、食べ終わった後には歯ブラシなどでよく落としましょう

■ 長時間に渡って食べない

だ液は、歯が少し溶けてしまっても、修復させて元に戻そうとする働きがあります。
しかし、それには時間がかかります。

そのため、頻繁に間食などがあると、修復の作業が間に合わず、虫歯となるリスクは高まってしまいます。

■ 寝る前には食べない

人は眠っている間、だ液の量が少なくなるので虫歯菌によって溶かされた歯を修復できず、虫歯のリスクがさらに高まります。

 寝る前の歯磨きは念入りに!

チョコレートと上手に付き合って、甘くて素敵なスイーツライフを!

虫歯になってしまったら?

お口のトラブルを見逃さないために、定期検診もご活用ください。
初期虫歯の状態では痛みもなく歯が濁る程度なので、気づかない方も多いです。

しかし、初期の段階で虫歯に気づけば、歯を削ることなく治療することも可能になります。
この段階で気づくために、歯科医院をぜひ活用してください。

定期検診ではお口の状態チェックのほか、自分では取りきれなかった歯垢(プラーク)や汚れの除去や、個人に合ったブラッシング指導も行います。

 

また、他のトラブルの早期発見にもつながるので、6ヶ月に1回程度定期検診にお越しください。

 

◆ www.haisha.com.au ◆
Dr Knox Kim is Invisalign’s Diamond Invisalign Provider and Invisalign’s only Clinical consultant/ Speaker among General dentists in Australia
Top 6th in the world in Invisalign International Gallery, シドニー中心街Dental Clinic @World Tower院長
   東京ANBI新宿歯科・矯正歯科副院長,  シドニーと東京の両方で1,500症例以上のインビザライン治療実績
両クリニックで400人以上の患者を治療,  オーストラリアの臨床医で唯一、インビザラインの症例レビューで世界ランキングトップ10入り,  2018-19
インビザラインオーストラリアの認定コースディレクター,  インビザラインの公式講師
上海、杭州、ソウル、東京、大阪、名古屋、ラスベガス、オーストラリア・ニュージーランドの主要都市で講演を行う。
#straightyourteethwithoutbraces #invisalign #braces #sydneydentist#dentalclinicatworldtower #cosmetic #bestdentist #インビザライン #シドニー歯科 #歯医者 #歯科矯正 #日本語歯医者 #海外歯科#オーストラリア #インビザラインダイヤモンドプロバイダー#隐适美#牙科诊所#中文#牙医

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら