教育/留学/習い事

日本語教師!アジアで就職することのメリット!!

こんにちは、ジャパンセンターオーストラリアの大橋です。

ジャパセンは、将来日本語教師になる人たちへ、日本語教師になるための資格として日本語教師養成講座420時間を開講しています。この講座に参加される方々は、もちろん将来日本語教師になりたい!と思われる方々が多いのですが、卒業後はどこに就職をしたらいいのだろう?と悩んでいる方も多いと思います。

もちろん、この講座をきちんと修了されて晴れて卒業ができれば、420時間の修了証が発行されますので、それを持ってどこででも就職活動をすることができます。つまり、

日本でも
オーストラリアでも
アジアでも
他の海外でも

どこででも就職をして行くことは可能です。

日本人ですから、基本的に日本で日本語教師として就職をしたいという人は多いと思います。もちろん日本で日本語教師として活躍することはできると思いますが、日本での就職は、専任講師としてと言う事で考えた時には、最初からはちょっと難しいかもしれません。

専任講師とは、別の名前として常勤講師と呼ばれるもので、つまり、フルタイムで勤務している日本語教師の事です。日本語教師に限らず、教師という仕事は、例えば公立の小中高校等で働かない限り、なかなかフルタイムとして勤務することは難しい職業です。

つまり、民間の英語学校にしても日本語学校にしても、与えられるコマ(授業)のみを担当することで雇われているケースが多く、そうなると週に数コマと言う事もあり得る業務形態となります。教師の職業ではこれを非常勤講師と言って、常勤講師の反対語として使われています。つまり、フルタイムではなく、与えられた任されたところのみで仕事をする事となります。

この非常勤講師ですが、日本で日本語教師として就職をするときには、採用されたとしてもこの非常勤講師から始まることが多いです。それは、常勤講師がその学校に既にいることもそうですし、いきなりすべてを任せることができるスキルを持った講師であるかどうかは採用時にはわからないことも理由として挙げられます。

つまり、最初は非常勤講師ですが、長年働いていることで、安心して任せられる、いいパフォーマンスをすることが認められ常勤講師になるチャンスが訪れたら、そこで初めて昇格となるケースが多い様です。

よって、一般的には日本で日本語教師をするときに、いきなり常勤講師からスタートすることは稀なのです。

ところが、アジアの日本語学校の場合はどうかと言うと、いきなり常勤講師からスタートすることが多いです。日本語教師の就職サイトなどを見てみるとよくお分かりになると思いますが、アジアの募集はほぼ常勤講師として募集されています。

従って、いきなり多くの事を任されるのがアジアの日本語学校の採用には多いと言う事となります。

これはどういうことかというと、非常勤講師よりは常勤講師の方が多くの時間、教えることができるので、より多く、より早く、日本語教師としての経験を積むこととなります。常勤の様に日本語教師の経験を多く積むと言う事は日本の採用では普通考えられないところ、アジアではそれが普通となります。

つまり、アジアで日本語教師として就職することは、あまり経験がない人であっても、いきなり常勤講師として雇われ、いきなり多くの指導経験を積むことができる環境下にあると言う事となります。

日本で日本語教師の常勤講師として雇われるには上記の通りに

①長年非常勤講師として働いてきたパフォーマンすが認められ、且つ、たまたま常勤講師の空きが出た

又は

②常勤講師にふさわしい日本語教師としての経験を持っている

のいずれにかになります。

日本語教師!アジアで就職することのメリット!

日本語教師養成講座420時間終了後など、日本語教師関連の資格取得後、

◇ 日本語教師として就職をしたい時
◇ その経験を多く積みたい時
◇ 将来的に日本で日本語教師として常勤として働きたい時

まずは、アジアで日本語教師になることをお薦めします。それは

◎ どんな人でもいきなり常勤講師として雇ってもらえる
◎ 常勤講師だから1年目から多くの経験を積むことができる
◎ その経験値が最終的に日本での就職にも功をきたす

ためです。

更に、アジアでは常に日本語教師の募集をしています。他にライバルなど競争率はあるかもしれませんが、日本での競争率の比ではないですし、基本常勤講師として採用してくれます。つまり、応募をすると採用される確率がとても高いのです。

そして、上記の通りに常勤講師としての採用となるため、即仕事が始まり、最初から多くの経験を積むことができるのです。

本格的に日本語教師を目指すなら
アジアの民間日本語学校を狙え!

ジャパセンは、従って、資格取得後、アジアでの日本語教師としての就職をお薦めしています。日本で日本語教師として働きたいと思っていたとしても最初はアジアから行くほうが上記の通りにいろいろなメリットがあると思います。

以上、本格的に日本語教師になるための一つの方法に関してお知らせをしました。どうぞご参考くださり、日本語教師養成講座420時間など、日本語教師関連の資格が取得できたら、その後の日本語教師になるための方法として上記を参考としてみて下さい。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【BBIC シドニーで日本語教師養成講座420時間】

費用:4950豪ドル(日本円で約445500円、1豪ドル=90円として計算をした時)
※オリジナル教科書2冊、みんなの日本語2冊、日本語教育能力検定試験攻略ガイド本含む
学習場所: ジャパセン内の教室
受講期間: 11週間(約3ヶ月間)、通学コース
スタート時期: 年8回開講
お申込み: オンラインでお申込みシドニーで日本語教師養成講座

≪220ドルオフキャンペーン♪ BBIC日本語教師養成講座420時間≫
キャンペーン内容: 講座費用から220ドルオフ!
適用条件: 2018年中にお申込みの方(ご入金含む)

【2019年の今後の開校日】
① 1月14日~3月29日
② 2月18日~5月10日(4月1日~4月5日 休校)
③ 4月8日~6月21日
④ 5月13日~8月2日(6月24日~6月28日 休校)
⑤ 7月1日~9月13日
⑥ 8月5日~10月25日(9月16日~9月20日 休校)
⑦ 9月23日~12月6日
⑧ 10月28日~2020年2月14日(12月7日~2020年1月12日 休校)

◇ 詳しいこのBBICシドニーで日本語教師養成講座420時間の詳細はこちら

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

> 英語を使って日本語教える間接法が学習できる通信で日本語教師養成講座
> 安い!今なら147000円で日本語教師へ、通信で日本語教師養成講座420時間
> ジャパセンの日本語学校 BBICollege Japanese Language School

≪ジャパセン(BBI)の学校部門≫

 ジャパセンのTOEIC集中講習及びTOEIC公式テストセンター
 日本語教師養成講座420時間
 BBIC Japanese Language School in Sydney

【ジャパセン(BBI)が適用する日本語教師養成講座420時間】

通学コース: BBICシドニーで日本語教師養成講座(全11週間)
通信コース: WJLC通信で日本語教師養成講座

◇ ジャパセンへのお問合わせ
 ジャパセンのオフィスはこちら

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

->全文はこちら

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら