マーティン・プレイスのクリスマスツリーメッセージ

マーティン・プレイスの広場に毎年恒例の巨大なクリスマスツリーが飾られています。高さおよそ21mのツリーには、デジタルサイネージがリボンのようにツリーに巻かれていて、常に英語の文面が映し出されています。

じつはこのツリーには、自分の好きなメッセージを流してもらえるんですよ。昨年は指定の電話番号にテキストメッセージを送る形式でしたが、今年は特設サイトからメッセージを送信する形式に変更されたもよう。

https://www.sydxmastree.com.au

送り方はカンタン!
自分の名前とEmailアドレスとメッセージ(英語で90文字まで)を入力して送信ボタンを押すだけ。しばらくして「検閲して問題なければ何時何分に映し出されます」という自動応答メールが届きますが、約2〜3分で自分の送ったメッセージが現れます。ひとつのメッセージが映し出されている時間は大体20〜25秒ほど。

「好きなメッセージ」と言いましたが、公序良俗に反する内容や英語以外の文章はスルーされるので注意! そうと分かっていても、私はカタランの友達にカタルーニャ語で誕生日メッセージを送りたかったので、試しに英語のうしろに無理やりカタルーニャ語をねじ込みました。

「HAPPY BIRTHDAY(名前)MOLTES PER MOLTS ANYS!」

こんな感じで「英語→名前→短い多言語」の並びにすると、固有名詞として認識されたのか、サービスなのか、カタルーニャ語も無事に流してもらえました。「CONGRATULATIONS ON YOUR(年数)ANNIVERSARY! GANBARE(名前)」というのもちゃんと流れてきました。というわけで、一部の単語なら他言語でも通るよう。

中には「MARRY ME?」のメッセージが映し出された直後、ツリーの前に跪いて恋人にプロポーズしていた人も! その手には指輪ではなくテディベアを持っていて、ツリーを囲む人々から微笑ましく見守られていました。気になる返事は……ふざけ合って終わっていましたが、イエスと思いたい!

クリスマスツリーの点灯期間は来年のお正月までとのこと。とっても簡単に試せるので、大事な人へのビデオメッセージやサプライズにいいかもしれません。

 

文:武田彩愛(編集部)

連載『編集雑記』の過去記事一覧はこちら
>>https://www.jams.tv/author/jams_editorをクリック

この記事をシェアする

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら