イベント情報
アート

12月のメルボルンイベント/神秘的な月を間近で体感しよう!

イベント情報

日付 2018.12.01 〜 2019.04.28
時間 10.00 〜 16.30
料金 [Museum of the Moon] 博物館入場料15ドル/[Earthlight: Lunar Hub]:博物館入場料15ドル+22ドル
開催地 Scienceworks, 2 Booker Street, Spotswood VIC 3015
電話番号 13 11 02
ウェブサイト https://my-moon.org

イギリスの芸術家ルーク・ジェラム(Luke Jerram)氏による巨大でリアルな月の模型作品が展示される「ミュージアム・オブ・ザ・ムーン(Museum of the Moon)」が、今年12月1日(土)より約5カ月間にわたりメルボルンのサイエンスワークス博物館で開催される。

この「ミュージアム・オブ・ザ・ムーン」は、2016年にUK各地でのツアーを開始し、これまで通算2,500万人を動員した大人気企画。制作された月の巨大模型は直径7m。実物の50万分の1の大きさを誇り、表面にはNASAの月面画像の描画が施され、あたかも本物の月がすぐそこにあるような圧巻の景色を味わうことができる。

2017年からヨーロッパ各都市やニューヨーク、香港などの世界20カ国以上を巡り、今回メルボルンに上陸する。展示方法は各回によって異なるため、開催地独自の演出を楽しめるのが、”空間そのものを体験する”インスタレーションアートならではの魅力である。今回は、月光を模したライトアップと数々の受賞歴を持つダン・ジョーンズ(Dan Jones)氏の音楽が醸し出す神秘的な雰囲気の中で展示される。

また、サイエンスワークス博物館では、この展示と合わせて月面のバーチャルリアリティー体験アトラクション「アースライト:ルナー・ハブ(Earthlight: Lunar Hub)*」が設置される。受賞歴を持つゲーム会社オペーク・スペース(Opaque Space)による制作で、今回がアトラクション初の一般公開となる。

5人のチームメートとともに小宇宙船に乗り、月でのミッションを遂行する20分間ほどのライド。1セッションあたり最大6人のグループでの参加が可能である。月から望む地球の姿や月面歩行も体験できる内容で、「ミュージアム・オブ・ザ・ムーン」よりもさらに近くでリアルな月を堪能できる。

「ミュージアム・オブ・ザ・ムーン」は2018年12月1日(土)〜2019年4月28日(日)の5カ月間限定、「ルナー・ハブ」は12月17日にオープンし、常設アトラクションとなる。シティにいながら月の絶景と宇宙旅行を体験できるまたとない機会をお見逃しなく。

*ルナー・ハブの入場は13歳以上。

ルナー・ハブの公式ホームページはこちら ↓
https://museumsvictoria.com.au/scienceworks/whats-on/earthlight-lunar-hub

ルーク・ジェラム氏の公式Instagramでは、過去の展示の様子が見られる ↓
https://www.instagram.com/lukejerramartist

この記事をシェアする

この記事をシェアする

その他のイベント記事はこちら