worldciti
医療/保険

●世界的シェア講師の日本語歯科でベストな歯列矯正法を!

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」で歯科矯正をするメリット

カリスマ的な高い技術力でリピーターの多いマシュー院長 日本語が堪能で日本にいるような歯科治療と評判のクリス歯科医

 

マシュー歯科院長は世界的シェアのインプラントの講師を務める腕前。歯科機器会社から講演の依頼が絶えません。その院長から直々に矯正やインプラントが受けられます!

1: 矯正計画に、一般歯科に通じる精密な診断技術を適用

歯並びや噛み合わせを改善する歯列矯正には、いくつかの治療法があります。口内の歯の構造の診断をしっかりしておかないと効果的な矯正計画が立てにくく、選択する治療法によって矯正装置の種類や期間、支払う費用も異なってきます。

「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」では、高い検査技術を持った歯科医が、歯並びの悪くなった原因を骨格などから分析し、なるべく短期間で完了する歯科矯正の方法など、患者さんが十分に納得・満足できるようしっかりとした検査をしてくれます。

2:TRIOS 3Dスキャナーをはじめとする最新鋭機器でより正確な診断を

  ←高性能マイクロスコープ治療中のマシュー院長(右)

口の中から3Dスキャンする最新鋭機器で、口腔内の状態をデジタルに把握する画期的な方法を取り入れています。

また、日本の医療機器メーカー・モリタ製作所が手掛けた世界最先端のCTスキャン・X線を用いて、3Dでパノラマな頭部測定画像を撮影。

最新機器を用いることにより、一般歯科も歯科矯正の治療においてもより多角的な視点での診断と最新鋭の治療を実施することが可能になっています。

3: 矯正治療は分割払いで支払える

歯科矯正の治療費を分割払いできることも、「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」の大きな特徴。患者さんの中には、矯正治療費全体の例えば6500ドルの半額の3250ドルをまず最初に支払い、残額は来診時に毎回150ドルずつ分割するという方が多いそう。しかも矯正費用は、そもそもかなり良心的。

矯正の他にもインプラントや歯根管治療にも分割払いができるそうです。

 

「JAMSスタッフが行ってきました♪」で、編集部スタッフが、日本語堪能な歯科医からまるで日本のような歯科治療を体験!

ワールドシティ日本語医療・歯科センターで歯科治療を受けてみたいけど、事前に先生や病院の雰囲気を見てみたいという方は、JAMSスタッフが実際に歯科治療を体験する様子をレポートした「JAMSスタッフが行ってきました♪」を要チェック!

前回の取材では、日本語が堪能なクリス先生とベラさんに「歯科検診」と「歯科治療」をしてもらい、一般人には分かりづらい治療方法の違いや治療に関するメリット・デメリット、その人の環境に合った治療方法などしっかりと提案してもらえました♪

ワールドシティ日本語医療・歯科センター

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら