不動産/住宅/引越

オーストラリア国内の引越し/NSW州内・州外を合わせて紹介

長いオーストラリアの留学生活中やオーストラリアの赴任生活中に、誰もが一度は経験するであろう、オーストラリア国内での引越し

オーストラリア国外への引越しよりも融通が効きやすいですが、オーストラリア国内の引越しは国土が大きいため、大変な場合があります。

さらに、州内での引越しや他州への引越しでも注意すべき点がそれぞれ異なります

それらを踏まえた上でオーストラリア国内の引越し準備をしましょう。

本記事は2018年8月現在の情報を元に執筆しております。情報の取り扱いには細心の注意を払っておりますが、万が一内容に誤りがあり、訂正・追加・削除の必要がある場合、当社で調査の上、速やかに対応いたします。当社の上記請求・お問い合わせ先は下記の通りとなります。
editor@jams.tv

 

目次

1. オーストラリア国内の引越し方法

1. 1 オーストラリアの同じ州内で引越しする場合

1. 2 オーストラリアの他州へ引越しする場合

1. 3 オーストラリアの国内引越しを取り扱っている日本語対応引越し会社

2. オーストラリア国内引越しをするときの注意点

2. 1 オーストラリアの同じ州内で引越しする場合

2. 2 オーストラリアの他州へ引越しする場合

3. オーストラリア国内の引越しについてのFAQ

4. オーストラリア国内の引越しまとめ

 

1. オーストラリア国内の引越し方法

比較的距離が近い州内での引越しをする場合、他州へ引越しをするよりも、自分に合ったさまざまな方法で荷物を運んで引越しをすることができます

引越し荷物の量や大きさ、時間や体力などを考慮して、状況に合わせた引越し方法を選びましょう。

1. 1 オーストラリアの同じ州内で引越しする場合

自分で引越し荷物を運んで引越しをする場合

引越し先が州内で比較的近くにある場合は、引越し会社に委託せずに自分で引越し荷物を運ぶ方法も一般的です

自分で引越し荷物を運ぶ利点としては、引越しにかかる費用が抑えられ、また引越し作業する時間に自由がきくという点が挙げられます

その反面、引越し先への荷物の運搬、梱包、管理や処理などの引越し作業をすべて自分でしなければいけないため、引越し荷物を運ぶ人手が足りなかったり、梱包が不十分で引越し荷物が傷つく可能性があります。

引越し先がオーストラリア国内で距離が近いとはいえ、引越し会社に頼まない分、荷物などの引越し作業は増えます。時間や体力などを考え、計画的に引越し作業に取り掛かりましょう。

 

引越し会社を利用して引越しをする場合

オーストラリア国内での引越しも、引越し会社に委託する方が効率よく引越し作業が進められます。特に引越し先が離れていたり、大きな家具や家電の荷物が多い場合は引越し会社に任せた方が安心でしょう。

引越し会社に委託する分、引越しにかかる費用は増えますが、結果的に荷物の梱包や運搬などの引越しにかかる手間と時間を減らせます。オーストラリア国内においても、引越し作業での体力的な部分や時間的な部分をまかなってくれるのが引越し会社です。

大きな引越し荷物の輸送はもちろん、荷物の梱包作業がサービスに含まれている引越し会社もあるので、引越し作業を頼むと荷物や家が傷つくなど、オーストラリア国内における引越しの際に起こるリスクを最小限に抑えることができます

引越し会社によっては荷物の運搬だけでなく、引越し前の荷物梱包サービスや引越し荷物の解体・組み立て、引越し後の家のクリーニングサービスを提供しているところもあります。

オーストラリアには、日本語にも対応している引越し会社があるので、そちらに問い合わせてみるのもいいでしょう。

引越し荷物の一部を自分で運び、一部を引越し会社に任せる場合

引越し荷物をすべて自分で運ぶ、引越し会社にすべて任せるという方法の他にも、小さい荷物は自分で引越し先に運び、大きな荷物の運搬など部分的に引越し会社に任せる方法もあります

「引越し荷物を全部引越し先に持って行くのは大変だけど、引越し会社に任せて引越しする費用がもったいない!」という人には、オーストラリア国内での引越し費用を最低限に抑えられるうえ、大きな荷物の運搬も安心なのでおすすめです。

自分の引越し荷物や費用などの状況に合わせて、引越し荷物の運搬方法を選びましょう。

1. 2 オーストラリアの他州へ引越しする場合

現在の家から他州へ引越しする場合、意外にも引越し会社を利用すると、結果的に引越しにかかる費用を抑えることができます

他州へ引越しするということは長距離の引越しになるので、すべて引越し会社に委託する方法がいいでしょう。

もし他州への引越しをすべて自分でする場合は、長距離の移動となるので日程や時間、引越し荷物の運搬方法など、考慮しなければならないことがたくさんあります。それらを考えると、引越し会社に任せた方が楽かつ安心でしょう。

家具や家電などの大きな引越し荷物以外にも、小さな荷物もまとめて新居に運搬できるので引越しが楽になります。

オーストラリアの引越し会社によっては、他州への引越しでも希望の日時で引越し先に荷物を届けられる場合もあります。もし希望の日時があれば引越し会社への問い合わせ時に尋ねてみましょう。

自家用車がある場合も、引越しサービスを含む運送会社に運搬を委託することで、車を引越し先まで運搬することができます。この車の運搬サービスも運送会社によって異なるので、まずは問い合わせることから始めましょう。

1. 3 オーストラリアの国内引越しを取り扱っている日本語対応引越し会社

オーストラリアにはいくつか、日本語で対応している引越し会社があります。

オーストラリアでの引越しが不安でも、日本語で対応してくれるので安心して任せることができます。ぜひ問い合わせてみてください。

NSW州内またはNSW州から

A & B エクスプレス

リバー・エクスプレス

オーストラリア全土

オーストラリア日本通運

2. オーストラリア国内引越しをするときの注意点

オーストラリア国内で引越しする場合でも、オーストラリアならではの引越しの注意点がいくつかあります。以下の点を踏まえて、オーストラリア国内の引越し準備をしましょう。

2. 1 オーストラリアの同じ州内で引越しする場合

上記の通り、オーストラリアの同じ州内の引越しで自分ですべての荷物を輸送する場合、上記の通り、オーストラリアの同じ州内の引越しで自分ですべての荷物を輸送する場合、

  • 引越しの人手が足りない
  • 引越し荷物または家に傷がつく
  • 引越しに時間がかかる

というリスクが挙げられます。

それらのリスクを抑えるには、一部の大きな引越し荷物だけでもオーストラリアの引越し会社に委託するのが無難でしょう。そうすることで、自分でしなければいけない引越し準備の手間と時間が省けます。

また、オーストラリアの引越し会社を利用する場合でも、引越し会社によってはカバーや梱包なしで引越し荷物を運搬・輸送するところもあるので、事前にその引越し会社へ確認し、安心して荷物を任せられる引越し会社を選ぶことが大切です

2. 2 オーストラリアの他州へ引越しする場合

オーストラリア国内の他州へ引越しをする場合、引越しを始める前に注意しなければいけないことがいくつかあります。以下の点を踏まえて、他州へ引越す場合の作業に取りかかりましょう。

オーストラリアの他州への車の運搬

オーストラリアの他州へ引越しする際に自家用車も運搬したい場合には、自分で運転して引越し先まで運ぶ方法と、引越し会社などの運送会社に委託して輸送する方法があります

オーストラリアの他州へ引越しするほとんどの場合、引越しサービスのある運送会社に委託して引越し先まで輸送する方法が利用されています。運送会社に運搬を委託する分費用はかかりますが、そうすることで引越しにかかる手間を省くことができます。

自分で運転して自家用車を引越し先に運ぶ場合は、国土が広いオーストラリア国内の長距離の運転となるので注意が必要です。

隣接する他州に引越しをする場合は、その方法でも自家用車の運搬ができますが、オーストラリアは日本の面積の20倍以上ある国なので、引越し先までの運転時間や自分の体調、車道の状況などを考慮した上で車を運搬できるようにしましょう

オーストラリア各都市の時差

盲点となりやすいのが、引越しにおけるオーストラリア国内での時差。他州の引越し先でも、引越し前の州の現地時間で引越し荷物が輸送される可能性があります

同じオーストラリア国内でも、その州の引越し会社と現地の輸送時間をしっかりと確認しておきましょう

オーストラリアの東海岸に面している州や都市間では、基本的に時差はありません。しかし、他州の都市へ引越しをする場合は現地との時差を考慮し、引越し先の州の引越し会社と確認した上で、引越し荷物の輸送を頼みましょう

オーストラリア国内各州の主な都市と、オーストラリアで一番人口が多い都市・NSW州シドニーとの時差は以下です。

都市 シドニーとの時差
メルボルン(VIC州) 時差なし
ホバート(TAS州) 時差なし
キャンベラ(ACT) 時差なし
アデレード(SA州) -30分
ブリスベン(QLD州) 時差なし/*-1時間
ダーウィン(NT州) -30分/*-1時間30分
パース(WA州) -2時間/*-3時間

*デイライトセービング期間中の時差デイライトセービングは、オーストラリアの各州で採用するかどうかを決めています。NSW州、VIC州、TAS州、SA州の4州及びACTで採用し、QLD州、WA州の2州及びNTでは採用していません。 デイライトセービングの期間は、毎年10月の第1日曜日午前2:00~4月第1日曜日午前3:00となっています。

オーストラリアの他州への引越し梱包

オーストラリアの引越し会社によっては、引越し荷物を輸送するのに梱包やカバーなしで運ぶところもあり、その場合は自分で引越し荷物の梱包やカバーを用意します。

オーストラリアの他州へ引っ越す場合は、国内での引越しとはいえ長距離の運搬となるため、温度や湿度の変化、衝撃による荷物への負担も考え、それに耐えられる引越し荷物の梱包やカバーが必要です

オーストラリアにある日本語対応の引越し会社では、引越し荷物の梱包やカバーを基本サービスとして提供しているところがほとんどなので、日本語でやりとりができる上に、荷物への負担を減らすことができるのでオーストラリア国内の引越しも安心です。

3. オーストラリア国内の引越しについてのFAQ

Q. オーストラリア国内の他州に引越しする時でも、引越し荷物を自分で運ぶことはできる?

A. すべて自分でオーストラリア国内の引越し作業をすることはできますが、引越しまでの準備時間や人手、引越し荷物の損傷を考えると引越しのプロに任せる方が安心かつ効率的でしょう

引越し会社に委託する分それなりの費用はかかりますが、引越し荷物の輸送だけではなく、梱包作業や引越し荷物の解体・組み立て、引越し後のクリーニングなどのサービスをしている引越し会社もあり、オーストラリア国内における引越しの際に起こるリスクを最小限に抑えることができます。

現在の家から近い引越し先であれば、小さめの引越し荷物は自分で運び、大きな家具や家電の引越し荷物の輸送は引越し会社に任せるという方法もあります。そうすることで、引越し費用も抑えられるうえに、大きな荷物の輸送も安心できます。

自分の状況に合わせたオーストラリア国内の引越し方法を選びましょう。

Q. オーストラリア国内の他州に引越しする時でも、希望日に合わせて引越し荷物を引越し先に輸送できる?

A. 引越し会社によっては、オーストラリアの他州への引越しでも希望日に合わせた引越し荷物の輸送をしてくれるところもあります

自分が引越しする日程よりも引越し荷物が早く輸送された場合は、引越し先に近い倉庫で一時保管されることになります。その際には引越し荷物の保管料として追加料金がかかりますが、希望の日時に引越し荷物が自分の引越し先に届けられるので、余裕をもって引越しができるのが特徴です

こちらも自分の状況に合わせた他州への引越し方法を選びましょう。

Q. 自家用車を他州への引越しにも持っていきたい!

A. オーストラリア国内の他州へ引越しをする際に、自家用車も引越し先へ持っていきたい場合は、引越し会社を含む運送会社にその車の運搬を任せるのがおすすめです。この車の輸送サービスは運送会社によって異なりますが、通常は数週間で引越し先に自家用車が輸送されます。

もちろん自分で運転して引越し先へ自家用車を運ぶこともできますが、他州への引越しとなるとオーストラリア国内とはいえ長距離になるので、車を運転する場合は体調や車道の状況などに注意が必要です。

4. オーストラリア国内の引越しのまとめ

国土が広いオーストラリア国内で引越しするのは、距離や時差の関係もあり大変です。しかし、日本からオーストラリア、またはオーストラリアから日本への引越しとは違い、国内への引越しなので、引越し荷物の輸送に融通がききやすいという利点があります。

注意点を踏まえたうえで、余裕をもったオーストラリア国内の引越しをしましょう。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら