教育/留学/習い事

語学学校で学べるコースとは?

一般英語(General English)
ビギナー(初心者)からアドバンス(上級者)まで、幅広く分かれたレベルのクラスがあります。そのため、自分のレベルにあったクラスでの就学が可能です。日常会話をはじめ、日々の生活の中で役立つ英語を学びます。通常朝からお昼過ぎまでのクラスが一般的ですが、夕方から夜にかけて就学も可能です。

 

英会話、発音矯正
会話を中心の英語クラスをご希望の方、また、伝わる英語を身につけたい方へ。
各学校により、会話、発音矯正の他、ネイティブスピーカーの中に入っても物おじせず話せるようになることを掲げたもの、プレゼンテーションもできるようになるものなど、ご希望に応じて選択もできます。

 

ビジネス英語
一定の英語力をお持ちで、ビジネスで使える英語力を身につけたい方へ。実社会で不可欠な、英語での公文書の書き方、プレゼンテーションの仕方、電話での応対の仕方など、様々な場面を想定し、ビジネス業界にて不可欠な英語の能力、技能を実践的に身に付けます。

 

IELTS
IELTSのテスト対策コース。オーストラリアの専門学校大学・大学院、ビザ取得をお考えのへ。

日 本で海外留学と言えば TOEFL が主流となっていますが、オーストラリアでは「 IELTS 」を良く耳にします。 IELTS には、 General (ジェネラル)、 Academic (アカデミック)の 2 種類のコースがあります。後者は、前者に比べ、学術的内容が含まれ、大学・大学院進学を目的にする方向けとなります。 英語主習得に不可欠な4つの能力、 読む( Reading) 、書く( Writing) 、聞く( Listening )、話す( Speaking ) を総合的に伸ばしますので、一般英語の後、 IELTS コースに挑戦されるのも、更なる英語力アップに効果的です。
ケンブリッジ検定準備コース
各レベルが分かれており、KET(基礎レベル)、PET(初中級・中級以上)、FCE(中上級以上)、CAE(上級以上)、CPE(最上級)など、レベルにより取得するコースが異なります。また、一度資格取得をすると、TOEICやIELTSのように有効期限がなく、一生使える資格となります。

英語習得に不可欠な5つの力、 読む( Reading) 、書く( Writing) 、聞く( Listening )、話す( Speaking )の他、文法(Use of English) を総合的に伸ばしますので、一般英語就学後、 ケンブリッジ コースに挑戦されることで、更なる英語力アップに効果的です。

仕事に使える英語として評価されるのはFCE以上となります。ぜひ挑戦を!
TOEIC準備コース
日本帰国後の就職に備えたい方へ。
一般英語の選択授業で学べるところ、2週間の短期間でスキルを身につけるものなどがあります。

 

J-shine
児童、小学生に英語を教えるための資格取得コース。6週間前後の短期間で資格が取得できます。また、現地のチャイルドケアセンターで実習が含まれています。入学日が設定されているため、ご自身の留学プランに合わせた日程を考慮するとよいでしょう。

 

TESOL
大人に英語を教えるための資格取得コース。外部の生徒さんに実際に教える機会があるなど、実践的な内容になっています。入学日が設定されているため、ご自身の留学プランに合わせた日程を考慮するとよいでしょう。

 

進学準備英語コース
TAFE、専門学校、大学・大学院進学を考えている方のコースです。TAFE、専門学校、大学・大学院進学後に必要となる力を身に付けます。エッセイ(論文)の書き方、プレゼンテーションの仕方など、TAFE、専門学校、大学・大学進学した際に困らない様に学術的な英語の勉強をします。

 

医療英語・OET準備コース
医療現場で使える英語を身につけられたい方向けのコース。
OET(Occupational English Test)の準備コースもあります。OETは、読む( Reading) 、書く( Writing) 、聞く( Listening )、話す( Speaking )で構成されているテストです。看護師、医師の他、歯科医、理学療法士などの医療系職種の方が、オーストラリアでの資格書き換えのために使えるテストにもなっています。

 

その他、ホスピタリティ、デザイン、チャイルドケア用の英語コースもあります。

この記事をシェアする

他のエミク記事も読む

オフィシャル Facebook

https://www.facebook.com/pages/Edu-Migrate-Information-Centre/135947306508712

お得な情報満載!エミクブログ

http://ameblo.jp/emic-visant/

ビザネット Twitter

https://twitter.com/VisaVisanet

エミク Twitter

https://twitter.com/emicsydney

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら