グルメ

オーストラリアのカフェで注文/便利な英語フレーズを覚えよう!

「コーヒー飲みたいけど英語でなんて注文すればいいんだろう….」

それにコーヒーの種類って? カフェのコーヒーメニュー多すぎない? 砂糖入れたいけど英語でどう言えばいいの?? なんかもうカフェのことも英語のこともわからないから行くのやめちゃおっかな……。

そんなもったいないことしていませんか?

オーストラリアのコーヒーは世界的に見てもトップレベル。コーヒーへのこだわりが強いオーストラリアの人たちは並々ならぬ情熱をコーヒーのカップ一杯に傾けています。オーストラリアとは違ったコーヒー文化のある僕たち日本人も、コーヒーが好きな人は多いはず(ですよね?)。

なら、せっかくなので、オーストラリアのコーヒーをオーストラリアのカフェで、英語で、楽しんじゃいましょう

今回の記事では、オーストラリアのカフェでの注文方法、英語のフレーズやコーヒーのアレンジカスタマイズまで、たっぷりのボリュームでお送りします

オーストラリアのカフェでの英語注文、日本のカフェとの違いは?

もともとがイタリアからのエスプレッソ文化から始まったオーストラリアのコーヒーは、同じカフェでも日本の喫茶店文化とはまた違った発展をしています。カフェの街とも言われるシドニー、メルボルンでは朝からカフェのコーヒーを飲むのが日常の一部。

とはいえ、スターバックスやタリーズコーヒーをはじめとしたエスプレッソが楽しめるカフェは、日本でもすでに親しまれてきていますよね。おなじみメニューのコーヒーのラテやカプチーノは身近な存在という人も多いのでは?

でも、英語でのメニュー注文って難しそう!
英語でメニュー注文はできても、その後に何か言われたらどうしよう?

そんな心配はご無用! オーストラリアのカフェで必要になる英語フレーズと解説をまとめました。この記事の情報さえ押さえておけば、オーストラリアのカフェでもメニューを見て簡単に英語で注文できるはずです!

英語で注文その前に! カフェのコーヒーの種類を簡単におさらい

オーストラリアやニュージーランドでは、そのカフェ独自のコーヒーメニューもあったりします。まずは実際にカフェに行く前に、簡単にコーヒーの種類をおさらいしておきましょう。

Black Coffee(ブラックコーヒー)

ミルクの入ってないブラックコーヒー。日本のコーヒーよりも味は強め?

  • Espresso(エスプレッソ)
  • Long Black(ロングブラック)

White Coffee (ホワイトコーヒー)

ミルク入りコーヒー。ミルクと泡の分量がそれぞれ違います。

  • Flat White(フラットホワイト)
  • Latte(ラテ)
  • Captino (カプチーノ)
  • Picoro(ピッコロ)

Filter Coffee(フィルターコーヒー)

日本でいうブラックコーヒー。提供しているカフェは少なめ。

  • Bach Blew(バッチブリュー)
  • Pour over(プアオーバー)

Iced Coffee(アイスコーヒー)

普通に頼むと甘〜いコーヒー。ブラックはアイスロングブラックで注文しましょう。

  • Iced Long Black(アイスロングブラック)

もっと詳しいコーヒーメニューの解説は以前の記事から↓

オーストラリアのカフェでの英語の注文方法
〜注文までの流れから英語での注文フレーズまで〜

オーストラリアのカフェメニューもバッチリ覚えた! それではここからカフェでの注文方法をご説明。メニューの注文までの流れは大体、以下のような流れで進みます。

  1. カフェに入る
  2. メニューの注文を伝える
  3. カフェの店内 or 持ち帰りか
  4. メニューの代金支払い

どこのカフェもメニューの注文の流れはこんな感じ。カフェによっては、先にカフェの店内か持ち帰りか聞かれることもあるので要注意。あとは自分の注文を英語で伝えるだけですね。

では、ロングブラックをカフェメニューの注文例として、英語と一緒に解説していきましょう。

Step.1 カフェに入る

カフェ店員:「Hi, how are you?」(こんにちはー)
あなた:「nice thanks, how are you?」(こんにちは)

オーストラリアではカフェでもどこでも、「how are you」が挨拶としてよく使われます。ハローと同じ感じですね。

Step.2 メニューの注文を伝える

カフェ店員:「what can I get for you?」(今日は何にしますか?)
あなた:can I get Long Black?」(ロングブラックをください)
カフェ店員:「any sugar?」(砂糖は入れる?)
あなた:「1 sugar please.」(砂糖1つでお願いします)

「can I get 〜?」はメニューの注文時に、どこでも使える便利なフレーズです。オーストラリアのカフェでは砂糖を入れるかどうかも(ほとんどのお店で)メニューの注文時に聞かれるのでご注意を!

Step.3 カフェの店内 or 持ち帰り

カフェ店員:「have here or take away?」(カフェ店内利用 or 持ち帰り?)
あなた:「take away, please.」(持ち帰りでお願いします)
カフェ店員:「can I get your name?」(名前を教えてください)
あなた:「I’m Tatsu.」(Tatsuです)
カフェ店員:「Anything else?」(他にご注文は?)
あなた:「That’s all thanks.」(特にないです、ありがとう)

カフェの店内利用は「have here」、持ち帰りは「take away」と伝えます。名前を聞かれた場合には、日本の名前は伝わりにくいことが多いので、カフェ用に簡単な英語のニックネームを用意しておくと伝わりやすいですよ。

最後に他にメニューの注文がないか確認されるので、特になければ「that’s all」とカフェの店員に伝えましょう。

Step.4 メニューの代金支払い

カフェ店員:「Tatsu, pay by cash or card?」(支払いは現金、それともカード?)
あなた:「Cash, please.」(現金でお願いします)
カフェ店員:「OK, $4 please.」(OK、4ドルです)
あなた:「here you are.」(どうぞ)
カフェ店員:「Thanks.」(ありがとう)

支払いの際には現金かカードか聞かれますので、どちらで支払うか伝えましょう。

英語注文の基本の流れさえ覚えてしまえば、後はどこのカフェだろうと英語だろうと怖いものなし! 初めてのカフェに行くなら、朝のコーヒーで忙しい時間は避けた方が無難かも。カフェが比較的ゆっくりとする10時以降が狙い目です。

カフェで使えるカフェネームを持とう!

©︎POPSUGAR.

日本人の名前はオーストラリアでは伝わりづらく、僕たち日本人には聞き慣れた名前でも、オーストラリア人にはまるで呪文のよう!?

そこで使えるのが、英語の名前を使ったカフェネーム。実際に僕の場合、「Tatsu(タツ)」をもじって英語の「Two(トゥー)」と伝え始めたところ、以降はバッチリカフェの店員に伝わるようになりました。

ここからは、英語のカフェネームの参考になる名前をご紹介していきます。

*英語のカフェネーム 女性バージョン
ナツミ→ナタリー(英語:NATALIE)
エミ→エマ(英語:EMMA)
ケイコ→ケリー(英語:KELLY)
ミチコ→ミシェル(英語:MICHELLE)
アミ→エイミー(英語:AMY)

*英語のカフェネーム 男性バージョン
リュウイチ→ルーク(英語:LUKE)
ショウタ→ショーン(英語:SHAUN/SEAN)
ジュンペイ→ジョン(英語:JOHN)
トモヤ→トーマス/トム(英語:THOMAS/TOM)
イサム→サム(英語:SAM)

このように、自分の名前の音に近い英語のカフェネームを選んだり、好きな芸能人やミュージシャンの名前(本名や幼少期のニックネームなどでも)や、何の関係もない英語の名前をつけるのも、もちろんいいでしょう!

また、日本語の名前を使っていても、英語的にはちょっと変な意味に聞こえてしまう可能性がある場合もあります! 発音には注意しましょう。

*英語の発音に要注意!女性バージョン
サエコ→英語にすると:PSYCHO(精神病者)
ナツ→英語にすると:NUTS(頭のおかしい人)
ナナ→英語にすると:NANA(うすのろ)
ヒトミ→英語にすると:HIT ME(叩いて)
マイコ→英語にすると:MICHAEL(マイケル 男性)
マキ→英語にすると:MUCKY(汚い)
ユウホ→英語にすると:YOU WHORE(売春婦)

*英語の発音に要注意!男性バージョン
シュウ→英語にすると:SHOE(靴)
シン→英語にすると:SIN(罰当たり)
ユウサク→英語にすると:YOU S*CK(最低)
ダイ→英語にすると:DIE(死ぬ)
ノブ→英語にすると:KNOB(ドアなどのノブ)

日本人の僕たちには「英語の名前やカフェネームなんて恥ずかしい」なんて思ったりもするかもしれませんが、アジア人でも、本名そのままを使っている人はむしろ少数派。なので、この機会にお気に入りの英語のカフェネームをつけちゃいましょう!!

ここからは上級編!カフェでカスタマイズオーダーをしてみよう!

カフェでの英語のメニュー注文に慣れてきたら、ちょっと周りの人の注文に耳をすませてみてください。何やら基本のコーヒーメニューにちょっとしたアレンジを加えているようです。ストロング、スリークオーター、ソイミルク……、オーストラリア人は自分のコーヒーを自由にアレンジして楽しんでいます。

ここからは上級編! 基本のコーヒーメニューから一歩進んだ、自分オリジナルのカスタマイズコーヒーオーダーをカフェで試してみましょう!

カフェのコーヒーメニュー注文でカスタマイズできること

エスプレッソの量、ミルクの種類、温度やフォームミルク(ミルクの泡の量)とたくさんのことが、カフェではカスタマイズとして注文できます。

例えばエスプレッソの量を増やして濃いめのコーヒーにしてみたり、ミルクをソイミルク(豆乳)に変更してソイラテにして楽しんでみたり、カフェに行ったその日の気分に合わせて自分のコーヒーをカスタムすることができるんですよ。

カフェのコーヒーメニューカスタマイズで使える英語例文

ではここからは、カフェで注文するコーヒーのカスタマイズで使える英語を紹介していきます。

  • Strong(ストロング)
    コーヒーのエスプレッソを追加する。ガツンと強い味のコーヒが飲みたい時に。
  • Weak(ウィーク)
    エスプレッソを少なくする。今日はマイルドな味のコーヒーがいい、そんな時にはこのカスタム。
  • 3/4 (スリークオーター)
    全体のコーヒーの量を3/4の量で作ってもらう。僕はこのカスタムコーヒーがお気に入りです!
  • 1/2(ハーフ)
    こちらはコーヒーの量を半分で作ります。
  • Ex Froth (エクストラフロス(フォーム))
    コーヒーにミルクの泡をたくさん入れてもらう。コーヒーがフワフワになります。
  • Ex Hot(エクストラホット)
    熱めのコーヒー。寒い日に重宝。
  • Soy (ソイ)
    コーヒーのミルクをソイミルクに変更します。
  • Almond Milk(アーモンドミルク)
    コーヒーのミルクをアーモンドミルクに変更。扱ってないお店もあります!
  • Skim (スキム)
    コーヒーのミルクを低脂肪のミルクに変更。甘さ控えめ。

カフェのコーヒーのカスタマイズはこんな感じ。僕はよく3/4(スリークオーター)のフラットホワイトをカフェで頼んでいます。普通のコーヒーよりも味が濃くてまったり濃厚に。オーストラリアに来てからのお気に入りです。

カフェでメニューをカスタマイズして注文する時は、基本のコーヒーの名前の前に、そのカスタマイズをプラスして注文するだけ。例えば、ラテを1/2(ハーフ)のSoy(ソイ)にカスタマイズしたいのであれば、「Can I get 1/2, soy, Latte please?」でOK!

カフェでコーヒーのメニューを注文する時は、少しゆっくりめの英語で話すと伝わりやすいですよ。オーストラリアのカフェでコーヒーのカスタマイズを楽しめるようになれば、あなたもカフェ上級者の仲間入りです!

オーストラリアのカフェでの英語の注文方法 〜まとめ〜

カフェで英語でメニュー注文、初めは緊張しますよね。僕も初めて行った時には、カフェの店員さんの前でカチコチに緊張しました。言いたい英語が出てこない、やっと出てきた英語は「Flat White please.」の単語だけ。いやー、緊張した。

それでもコーヒーの注文を英語で終え、カフェの店員さんの笑顔に癒され、おいしいコーヒーを飲めば、きっとカフェでの楽しみが広がっていくはず。英語でのメニュー注文も慣れれば難しくありません。今回ご紹介した例文をバッチリ覚えて、お気に入りのカフェを見つけに行ってみてくださいね!

バリスタTatsuのマニアックなカフェ紹介【part.4】

おいしいコーヒーのお店やカフェを紹介していくこのシリーズ。今回はシドニーのウルティモにあるカフェ「SOMA(ソーマ)」をご紹介。SOMAはシドニーで有名なコーヒーロースターのMecca(メッカ)のコーヒーを提供しているカフェ。UTSのそばにあるので、昼時は学生のお客さんもたくさん利用していました。

SOMAのコーヒーメニューは幅が広く、シングルオリジンのエスプレッソにフィルターコーヒー、そしてフードメニューも充実しています。その中から僕が今回オススメするのは、Iced Long Black(アイスロングブラック)

実は僕はここで初めてアイスロングブラックを飲みました。シングルオリジンのコロンビアを使ったコーヒーは香ばしく、クルミのような後味が残るさっぱりとしたコーヒーでとてもおいしかったです。そしてカウンターの椅子のデザインがめっちゃかっこいいんです、特に足掛け! ここに座って通りゆく人の波をのんびりとウォッチングするのも隠れたカフェの楽しみ方!

今回の記事で覚えたフレーズを使ってぜひカフェで英語でメニューを注文をしてみてください。それでは次回のカフェ紹介もお楽しみに〜。

SOMA
Weekdays 7:00-16:00, Weekend:Close
2/646 Harris St, Ultimo NSW 2007, Australia

 

JAMS.TV公式ブロガー:TATSU(バリスタ)
豪日で活躍するバリスタ、コーヒーの探求者。東京・名古屋の有名店でバリスタとしての勤務経験を持ち、スターバックス在籍時代にはブラックエプロンを取得。2017年から海外でのバリスタ修行をスタートし、その1カ国目としてオーストラリアにワーキングホリデーで来豪する。シドニーの名門カフェ「Gumption」での勤務を通して、オーストララリアンコーヒーの道を極めるために日々奮闘中。コーヒー愛に満ちたブログ「BariTra」も運営中。

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら