埼玉県の魅力をシドニーでPR

埼玉県の食品や伝統工芸品および観光のプロモーションを目的としたイベント「Japan Food & Drink Professional’s Expo 2017」(埼玉県主催、OISHI JAPAN企画・運営)が、11月13日、シドニー市内のゴールドクラス・逹磨にて開催された。

埼玉県は過去にも2度、シドニーにてプロモーションイベント「埼玉県物産&ツーリズム展」を開催しており、独自の魅力で「埼玉県」をシドニーに打ち出し、オーストラリア人の需要を喚起してきた。3回目となる今年は昼と夜の2部構成で、昼は県内食品事業者10社による自社商品の商談会、夜は一般人とVIPを招いた親睦会として県産食材をオーストラリア料理にアレンジしたディナーイベントの2部構成で、改めて「食」に的を絞って「食の宝庫」埼玉県の魅力をアピール。

 

   

和風レトロなテイストに装飾された会場には約200名の食品業界関係者が来場し、本場の職人による串焼きのデモンストレーション、日本酒売上を目標にしたスタッフ育成、日本酒の勧め方のワークショップが催されるなど盛りだくさんの内容で大にぎわい。埼玉県の伝統工芸品である鴻巣びなや越谷ミニ甲冑なども展示された。

 


埼玉県物産観光協会DMO戦略本部長の櫻井正道さん

「今回は実際に食材や料理をお客様に提供する販売店の方が非常に多く、埼玉の良さを実際に理解していただいて、さらにお客様へ情報発信していただけるかと思います。「埼玉」をブランドとして活かしていくことも重要ですが、最も大事なのは、埼玉県に今ある各メーカーさんのブランドを育成していくこと。埼玉は、野菜にしても肉にしても、ずっと東京の台所を支えてきたようなところがあり、現在は約730万人の人口を有する都市。昔からクオリティとコストとともに満足いただけるモノづくりをしているんだということを、お客様にもっと知っていただきたいですね」

 

今回、企画・運営を担当したOISHI JAPANは、動画メディアの制作・運営などを通して日本食文化をオーストラリアに発信する「食」のデジタルマーケティング会社。今回のように日本食・日本酒のイベントやBtoBの見本市などの実施、オーストラリアでの日本食出店に必要なクリエイティブマーケティングも精力的に手がける。

OISHI JAPAN代表の畑徳真さん(写真右)

 

昼の部の出展者


創業90年の品質本位のおいしいお茶づくりを一貫して通す「茶の矢島園」。自社独自の技術で品質劣化やザラザラ感を抑えて仕上げた「抹茶入粉玄米茶」が人気。

 


モンドセレクション最高金賞を10年連続受賞した味噌だれが自慢の「ひびき」。万能調味料の「みそだれ 秘伝」は、ディップソースから野菜炒めの隠し味まで、台所で幅広く活躍する。

 


創業以来200年以上にわたり、伝統的な醤油の醸造方法を守り続ける「笛木醤油」。杉桶の中で贅沢に旨味を詰めこんだ「再仕込み生醤油」や「春夏秋冬のだしの素」などを紹介。

 


穀物原材料を最新製法で加工し、新素材を生み出している「みたけ食品」。主力の「米粉」はグルテンフリー食材として世界的に注目され、用途に合わせたさまざまな種類を用意。

 


6年連続でiTQi(国際味覚審査機構)で三ツ星を受賞している有機醤油や柚子醤油を始めとした香りよく旨味の多い醤油を、1923年創業時から作り続ける「弓削多醤油」。シドニー北部にある日本食小売店「東京マート」でデモンストレーションやテイスティングを実施するなど、他イベントでも精力的にアピールしている。

 


iTQiにおいて3年連続優秀味覚賞を受賞したマヨネーズタイプ「マヨール」が目玉の「蒟蒻屋本舗」。卵不使用で植物性原料で作られたマヨネーズは、カロリー58%オフ。

 


ビタミンやカルシウムが豊富に含まれる小松菜の規格外サイズを利用して「小松菜パウダー」を開発した「ナガホリ」。すべて日本産の原材料で作られた「小松菜うどん」などを販売。

 


日本の製麺技術で長い年月をかけて作り出した、伝統的な麺の味と食感が売りの「桃太郎食品」。「グルテンフリー麺」やムスリムの人々も安心して食べられるノンポーク、ノンアルコールの「ハラル麺」は、ナノコンと大豆タンパクを練り込んだ健康志向。

 


井上スパイス」は、日本初の有機認証カレールゥ「オーガニックカレー」が目玉。食塩以外は有機原料を使用したスパイス香るカレーが味わえる。

 


日本国内で第5位の日本酒出荷量を誇る埼玉県には、他にも35の酒蔵があり、個性豊かな日本酒や世界一の評価を受けたウィスキー、地元産のぶどうを使ったワイン、世界的に名の知られる地ビール「COEDOビール」などを楽しむことができる。

 

 

過去の「埼玉県物産&ツーリズム展」イベントレポートはこちら
https://www.jams.tv/gourmet/67834
https://www.jams.tv/gourmet/63869

この記事をシェアする

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら

たい 鯛 SNAPPER

鯛、一年を通して 楽しめる魚です。 寿司でも 刺身でも、そして 寿司スタジオ特製 カルパッチョでも、 おいしー…