医療/保険

◆出会い系に多数生息するスカマーが使う心理的操作法とは・・

出会い系サイトに多数生息するスカマー(詐欺師)に要注意です。

中には真剣に出会いを求めている人たちがいる一方で、

かなり高いパーセンテージのスカマーが生息していると思われます。

 

人の気持ちがわからない、共感性の低い、すなわちサイコパシーが高く、

人を自分の利益のために利用しようとする人たちです。

 

スカマーには最適な生息地なのです。次から次に出会え、同意の上と言うことで、タウさんの人を利用した上で、ドロンすることができますから。

 

その人たちによく使われる手は、

1。ラブボミング

その人たちは異常に魅了的に振舞うことができ、相手が求めているアテンションやケアを惜しみなく降り注ぎます。自分のことを好きにさせた結果、思った通りに、都合の良いように、自分に利益が来るように相手を動かそうとするのです。

 

2。ガスライティング

相手に、自分自身の判断能力に疑いを持たせ、スカマーの言うことの方をどんどん信じるように仕向けます。

 

3。ベンチング

たくさんの異性を、ベンチ入りさせます。例えば、数多くの女性(男性の場合も)とチャットをしたり会ったりして、自分のことを好きにさせて、特別な関係であるかのように思わせ、この人は〜用の女性、あの人は〜の時用の女性、などとして、ちゃんとは付き合わないけれども、色々な時に利用できる女性を数多く持ちます。または付き合っているかのように思わせ、実は同時に複数と関係を持って、隠して利用します。

 

4。マニピュレイティング

特徴的なのは、人の気持ちや行動をコントロールしようとすることです。寂しい異性にラブボミングして、甘い言葉を降り注ぎ、こんなに好きになったのは初めてだ、あなたは理想の人だ、どんなにあなたに夢中かと朝晩言い、相手にも自分のことを好きにならせ、その結果、金銭や、金銭でなくとも体や気持ちや親切を、どんどん自分に都合の良いようにくれるように仕向けます。

 

上のようなマニピュレイトのやり方は、カルト宗教の洗脳方法などとも共通していると言われます。

 

出会い系、オンラインデイティングの金銭詐欺は、ナイジェリアからの手紙など有名ですが(連日のチャットで親しくなった後に、金銭を送らせるように話を持って行く)、性的接触や気持ちや親切の詐欺もあります。こちらは犯罪スレスレで告発しにくい面があり、泣き寝入りになりやすいのでご注意ください。

 

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら