医療/保険

⚫️コロナ禍の社会的不安やストレスに対するメンタルケアとは

8月のJamsピックアップで紹介されました!
美容/健康

コロナ禍の社会的不安やストレスに対するメンタルケアとは

オーストラリア各都市で新型コロナウイルスのデルタ株が猛威をふるい、シドニーのロックダウンも8月28日まで延長されました。ワクチン接種は進んでいますが、再び厳しい規制が敷かれ、気分が落ち込んでいる方も多いでしょう。

昨年実施された「新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルスに関する調査」では、新型コロナウイルス感染拡大の影響と、それに伴う行動制限などの対策から、人々の心理面にどのようなストレスが生じたか調査されました。それによると、昨年2月から9月まで、いずれの時期も半数程度の人が何らかの不安を感じ、その中でも自分や家族の感染に対する不安が6割以上と最も多い結果が出ています。

もともと人間には、未知のものや突然の制御不能に見えるものを恐れる本能が備わっています。そういう時には事実にこだわり、科学的な情報源に頼ることが、自分の気持ちを前向きにとらえて管理する最善の方法。オーストラリア心理臨床学会(Austrian Psychological Society)でも心理カウンセリングの面から、不安を感じている人々を助けるためのサポートを続けています。

心の悩みが悪化する前に、医学と科学で証明されてきた心理カウンセリングも利用して、身体と同じく心の健康を守っていきましょう。

シドニーの心理カウンセリングルームを20年以上運営し、オーストラリア在住の日本人のための心理カウンセリングの最前線を常に走ってきた「こころクリニック」では、日豪臨床経験30年以上のサイコロジストが一人一人の人生の物語に寄り添い、生理前に起こるメンタルの不調も、ストレスの多い状況下での現実調整の方法などをリラックスしながらじっくりと話し合います。マインドフルネスや認知療法、行動療法など、一人一人に合った方法で、自分の考え方との距離のとり方を学んでいき、日本人が海外生活において直面するストレスやトラブルなども改善していきます。

「こころクリニック」は現在シドニーの中心地、ワールドスクエアにあるビジネスセンターの45階で運営中。新型コロナウイルスのパンデミック状況下、オーストラリア全土の94%の心理カウンセリングがテレヘルスを導入していますが、2021年の年末まで、テレヘルス心理カウンセリングを含めた遠隔医療サービスにもメディケアや学生保険による保険カバーが適用されることが決定。クリニックまで行けない方やシドニー以外にお住まいの方も、遠隔の心理カウンセリングを受けることができます。

社会的不安やストレスに対するメンタルケア

新型コロナウイルスの感染拡大がもたらすさまざまな影響の中、心理的に留意しておくべき点も多々あります。

例えば、複数の報道から多面的に正確に事実を知り、イメージだけでやたらに怖がらないこと。合理的な態度を心がけて、極端に感情的または差別的になってしまうことに注意すること。「万が一の事態が起きた場合はこうしよう」と現実的にシュミレーションしておくこと。感染対策をとりながらも、なるべく平常心で普通に生活すること。

こうした留意点を実行するだけでも、社会的不安やストレスは軽減されるものですが、その行動の習慣化こそメンタルケアと呼ばれるもの。自分だけでは難しいという場合にも、焦らず、落ち込まず、気軽に心理カウンセリングへ通ってみましょう。

オーストラリアでは、ストレスがあった時に心理カウンセリングを利用するのは、インフルエンザでかかりつけ医に行くような普通のこと。心理カウンセリングはオーストラリア人にとって身近な存在で、むしろ自分の悩みが深刻になる前に早めに相談するという、予防接種のような位置付けでしょう。

心理カウンセリングで自分に合ったメンタルケアを

メンタルケアにもさまざまな方法があります。大事なのは自分の体質をよく理解し、自分特有の気分に対して、どこにいても予防的に生活できるようになること。事実を受け止め、客観的に自分の悩みや思考の傾向から、解決方法を導いてよりよい人生を送ることが大切です。

例えば、自己共感力を高めるメンタルフルネスは、単なる自分への慰めや同情ではなく、勇気をもって今後を生きていくための助けになるもの。「共感」「承認」「受容」…こうした気持ちを、しばしば人は、他人から得ようとしがちですが、本来「共感」も「承認」も「受容」も、他人ではなく自分が自身に対して共感してあげる、ありのままを認めてあげる、どんなことも受け入れてあげる気持ち。「今このネガティブな感情の行き場」を自分が作り、現実を受け入れ、現実へと踏み出す手助けになります。

また、よく耳にするマインドフルネスは注意力のトレーニングのことで、自分の心の中で起こる現象との距離の取り方について、自分のための取扱方法を見出していくメンタルケアになります。不安や恐怖、他人からの評価、どうにもならない過去のことなど現実の状況からいったん離れて、「心は平穏であるけれど感覚は鋭く精神的に安定した自分」のマインドフルネスな状態を身につけることで、今自分の身の回りで起こっていることや、自分自身の感情もありのままに受け止めることができるように。

マインドフルネスな状態を知ることができると、ストレスを軽減する他にも、集中力や睡眠の質が向上し、自律神経や免疫機能の回復が見込まれます。中でも「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経回復」といった効果は、最新の脳科学研究で実証済み。マインドフルネスによって頭の中が整理され、結果的にさまざまな能力が発揮されるだけでなく体の緊張も解れ、健康面も改善されるなら、より良い人生のためにも身につけて損はありません。

自己受容を高めるセルフコンパッションもまた、身につけることで精神の回復力がアップします。セルフコンパッションとは、自分自身の強みや長所、弱みや短所を認めることで、どんな状況下でも「あるがままの自分」を肯定的に受け入れられる心理状態のこと。日常的に辛いことを当たり前と思わず、自分に対して無条件の優しさと安らぎを与えることで、恐怖や否定的な考え、孤立などを回避することができ、幸福や楽観性などのポジティブな心の状態への準備をしていくメンタルケアです。

他者だけでなく自分自身に共感や優しさを向けると、自己受容はグンと高まります。セルフコンパッションを身につけることで、楽観的な考え方を持ち、人生に対する満足感や感謝の気持ちを多く感じられたなら、あなたの人生はずっと楽になるでしょう。

こうした自己共感力、マインドフルネス、セルフコンパッション(自己受容)を、サイコロジストと二人三脚で無理なく身につけていけるのが、心理カウンセリングです。

シドニーの心理カウンセリングルーム「こころクリニック」

心理カウンセリングのサイコロジストは、悩みを抱える人々が良い意思決定という形で行動できるようになることを援助してくれます。心理カウンセリングを受ける人は自分の状況や気持ちを話し、サイコロジストはそれを理解するために耳を傾けます。そのプロセスの中で、「わかってもらえた」「すっきりした」などの感覚と経験を得られること、そしてサイコロジストとの信頼関係の中で自分を客観視できるようになり、直面している問題に取り組めるようになることが心理カウンセリングの良いところ。

また、サイコロジストからの的確なサポートから自分の考え方や行動パターンを変えていったり、今後のストレスにどのように対処していくか、自分をどのようにマネジメントしていくか、といったことも習得していくことができます。このようなプロセスをサイコロジストと一緒に歩むことは、現状の問題の改善だけでなく、社会の中でその人があるがまま、美味しいものを食べた時のように楽しく明るい気持ちで、より良く生きることにもつながるでしょう。

このような心理カウンセリングの効果を生むためには、サイコロジストとの関係の質、用いる技法はとても重要なポイント。

「こころクリニック」担当サイコロジスト(臨床心理士)

「こころクリニック」には、日本とオーストラリアの両国の臨床心理士の資格と経験がある、経験の長い日本人開業サイコロジストやのしおりさんが在籍。Australian Psychological Societyの正会員歴20年以上、臨床経験は30年以上、シドニーの心理カウンセリングルームも20年以上運営しています。

オーストラリアのクリニックで心理カウンセリングや心理療法が可能な職種には、サイコロジスト、サイコセラピスト、カウンセラー、ソーシャルワーカーがありますが、その中でもソーシャルワーカーと並ぶ「医療資格」であり、心理カウンセリングと心理療法を専門とする職種が、サイコロジスト。

医療資格がなく学会員メンバーシップのみで働くカウンセラーやサイコセラピストよりも、サイコロジストの修業年数はさらに長く、その信頼性と専門性は医療保険カバーの範囲にも現れ、サイコロジストはGPの紹介があれば、ほとんどの保険で費用がカバー可能に。

心理カウンセリングの効果は実証研究でも確認されています。例えば、うつの症状に関しては、約50の厳密な研究を通して認知行動療法での明確な効果が示され、うつ症状の改善に寄与し、再発の予防にも寄与しています。

このように心理カウンセリングには的確な技法も求められますが、心理カウンセリングが効果を生むためには、サイコロジストがどのように関われるかといった信頼関係も重要になります。そのため、実績があり相性の良いサイコロジストとの出会いは心理カウンセリングの効果に欠かせないものとなります。

「こころクリニック」の心理療法は、共感的カウンセリングを基本としています。何より大切にしている治療の根本は常に「共感」であり、このサイコロジストの共感力が相談者の自己治癒力を高めることにも一役買います。何でも話せて、気持ちに共感してもらえる関係の中で、サイコロジストとプランニングした現実的なゴールに向かい、一人一人に合ったプロセスを進めていきます。

一回や数回のカウンセリングで終結するケースもあれば、さらに回数を重ねるケースもありますが、カウンセリングを必要としなくなった時が、ゴール達成の時です。サイコロジストとのセッションは終結しても、「こころクリニック」のカウンセリングで得られたことを胸に、現実世界の中で存分に羽ばたきましょう。

「こころクリニック」が専門とする相談内容

  • うつや落ち込み
  • よりポジティブな考え方を身につけたい
  • 不安
  • 悩みごとやストレス
  • カップルや夫婦間の問題、家族のコミュニケーションの問題
  • 子育ての悩み
  • 不眠
  • 過去や現在の体験について気持ちの整理をしたい
  • 対人関係、対人緊張、職場や学校でのストレス
  • ショックな経験の後で落ち込んでいる
  • 気分の波がある、イライラしやすい
  • 進路の問題、自分の方向性を明確にしたい
  • セクシャリティ(LGBTIQ+)の悩み
  • 生理前の月経症候群(PMS)

上記以外にも相談者に合わせた心理カウンセリングに対応しています。

予約時に「JAMS.TV見ました」と申し出ることで、初回無料のトライアル心理カウンセリング(約45分/テレヘルス含む)も受付中。

無料トライアルでも、自分のココロの状態や先生との相性、どのようにカウンセリングが受けられそうかなど、さまざまなことがチェックできます。海外生活で不安や悩みがある方は気軽に問い合わせてみましょう。

「こころクリニック」の主なカウンセリング方法

  1. 来談者中心療法/ヒューマニスティック・カウンセリング
    問題をレビューし、自分の気持ちや方向性に気づきや再確認をサポートする基本のカウンセリング。
  2. 心理教育/認知行動療法/対人関係療法/リラクセーション・呼吸法/マインドフルネス/アクセプタンス&コミットメント・セラピー
    気分の落ち込み、不安、パニックに対して、その症状に関係していると思われる要因を取り除くためのカウンセリング。
  3. 動機付け面接法/認知行動療法
    人や物に対する依存や行動への悩みを和らげるためのカウンセリング。
  4. 精神力動的精神療法/交流分析
    過去の親子関係の体験が現在の問題に影響していることが考えられる場合に、どんな親子関係の質でどんな影響を受けたのかを再認識し、ワークスルーの作業を進めるカウンセリング。
  5. ソーシャルスキルトレーニング/認知行動療法/交流分析
    自信が少ない、対人関係に悩んでいる、その問題が過去や育ちの問題から来ている、といった場合に一助となるカウンセリング。
  6. グリーフカウンセリング
    大事な人や状況を失った対象喪失後のグリーフの方のためのカウンセリング。

他にも子どものためのプレイセラピーや日本語の発達・知能検査を行った上での発達アセスメント、カップルまたは家族カウンセリングなども受付中。

2021年内はメディケアや学生保険でのテレヘルス・カウンセリングも

また、日本とオーストラリアの心理カウンセリングの最大の違いは、医療保険カバー。

オーストラリアにおけるサイコロジストは医療資格であるため、先に一般医GPの紹介があれば、ワーホリや留学生の海外旅行保険やOSHC(学生保険)、メディケアなどほとんどの保険で心理カウンセリング費用がカバーされます。メンタルケアの重要性を政府や社会が理解していることから、医療資格を持つサイコロジスト(臨床心理士)による心理カウンセリングにも医療保険が効き、永住者であればメディケア保険で診療費がカバーされます。

さらに、オーストラリアの国家資格を持つ「こころクリニック」なら、メディケアをお持ちの方は対面も遠隔もバルクビル(自己負担なし)で診察中。

新型コロナウイルスのパンデミック状況下、オーストラリア全土の94%の心理カウンセリングがテレヘルスを導入していますが、2021年の年末までテレヘルス心理カウンセリングを含めた遠隔医療サービスにもメディケアや学生保険による保険カバーが適用されることが決定。クリニックまで行けない方やシドニー以外にお住まいの方も、遠隔の心理カウンセリングを受けることができます。

「こころクリニック」への予約・お問い合わせ

カウンセリングルームは、シドニーシティの中心部のワールドスクエアにある、Regusというビジネスセンターの中。45階の受付にて「サイコロジストのやのしおりに会いに来た」旨を告げると、カフェのように快適なラウンジに通してもらえます。このラウンジからのシドニーシティの展望も良く、それだけでも心が開放的になります。

臨床心理士・やのしおり
電話:0416-006-835(受付時間8:00-22:00 シドニー現地時間)
Email:sydney@cocoroclinic.com

「こころクリニック」新カウンセリングルーム
所在地:Suite 4543, Level 45, Regus, World Square, 680 George Street Sydney 2000

フェイスブックで心理情報も発信中!

シドニーこころクリニック

所在地:Suite 4543, Level 45, Regus, World Square, 680 George Street Sydney 2000
電話:0416 006 835(受付時間 8:00 – 22:00)
メール:sydney@cocoroclinic.com
営業時間:月~土 8:30 – 20:00(日祝要相談)※予約制
ウェブ:http://cocoroclinic.com
英語ウェブ:http://en.cocoroclinic.com
Facebook:www.facebook.com/SydneyCocoroClinic

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

関連記事

その他の記事はこちら