jams_staff

オーストラリアで不動産購入、どうやって始めたらいい?

グローバルインテリジェンスマネージメントが主催する「無料オーストラリアの不動産セミナー」をご存知ですか? 不動産というと富裕層のビジネスというイメージもありますが、誰にでも分かりやすい内容で、JAMSスタッフも実際にセミナーに参加し、みっちり勉強してきました!

★40万ドル以下でもオーストラリアの好立地物件が買える!不動産セミナー限定の旬でオトクな物件情報を大公開!

JAMS.TVのニュースレターとFacebookページでも随時お知らせしているこのセミナー、

「そもそも主催のグローバルインテリジェンスマネージメントって、実際にどんな会社なの?」
「日本人がオーストラリアで不動産購入を始めるサポートをしてくれるそうだけど、安心して物件を買えるかな?」
「オーストラリアで不動産を買って成功できる秘訣はどこにあるの?」
「不動産って高額だし、専門的すぎてよく分からないんだけど」

このあたり、気になるところですよね。 今回は代表の鶴美枝さんに、ご自身の経歴や会社について、そしてオーストラリアの不動産市場について伺いました。皆さんが抱いている不安や疑問を解消し、家族や老後のために資産を増やす第一歩を踏み出してみるのもいいかも知れません。

鶴 美枝
グローバルインテリジェンスマネージメント代表取締役CEO

 

不動産購入って何?

鶴さん:不動産の特徴は、名前の通り“不動の資産”。仮想通貨の株やFXといった“流動資産”と比べられますが、不動産は社会的に評価価値があって安定していますし、いざ出費が必要な時には売却することもできます。皆さん、元気で働いているときは収入がありますよね。でも退職後には国に頼るか、家族に頼るか、自分の預金を切り崩していくしかなくなってしまう。そこで自分の労働の代わりに定期的な収入源となってくれるのが、不動産。堅実に上手に運用すれば、自分が働ける内に資産を作り、将来的にはその資産に養ってもらうことが可能になるわけです

例えば、仮に不動産を2軒保有していれば、自分の住む自宅があり、もう1軒から収入が期待できます。賃貸に住まわれている方も多いですが、その場合、20年経っても支払った家賃は他人のもの、自宅も借りたまま。不動産を購入するにはローンを支払う必要がありますが、20年以降には資産が自分の所有物になっているかもしれない。単純に見ても大きな違いだと思いませんか?

「不動産購入は遠い将来」と思わずに、ちょっと自分の生活を振り返って考える機会を作るのもいいですね。最初の1軒目はドキドキでしょうけれど、そのうち2軒、3軒と増やされ、毎年購入される方や、すでに5軒目の購入に成功された方もいますよ。 弊社の使命は「お客様一人一人が豊かになる」ということです。

 

一生の買い物に誠意ある不動産業者を

スタイリッシュなミーティングルームで個人面談ができる

鶴さん:不動産購入に興味のある方には、弊社のセミナーへの参加をお勧めしています。

というのも、同じ不動産を扱っている業者であっても物件のメリットだけ主張してデメリットを伝えない業者もいるからです。

グローバルインテリジェンスマネージメント(以下GIM)は不動産ライセンスを保有し、2010年創業時から不動産業界を研究し続けてきたコンサルティング会社です。当初経営していたライバル会社には、今はもう所在が分からないところもある中、弊社は慎重に分析を続け、優良物件にこだわり、日本でもセミナーを定期的に開催し、豪州不動産の優位さを説明してきました。不動産は社会的に責任が重い産業なので、お客様に真実を伝えて、誠実に接することが大事。

また、弊社は「どこの地域の価値が高まるか」を丹念に調べた上で、優良物件を厳選し、独占契約を結んでいます。そのため、市場には公開されない特別物件をお届けできるので、お客様から「価格が安すぎて驚いた」ともお聞きします。ビジネス・投資・教育・法律のアドバイスもしていることから、不動産投資をサポートするにしても多角的な見方で、一人一人に合った「無理のないプラン」を提案できることも、弊社の特長です。

自分自身も最初の不動産を買う前は不安だった経験があるので、お客様の気持ちがよくわかりますし、成功へのステップとしてメリットもデメリットも学んでおいてほしい。一生の買い物なので、納得して本当に好きなものを選んでいただきたいんです。弊社は買う気がない方に押し売りをしていないので、「どうしようかな」と迷っていて背中を押してほしいタイプの方は「押してください」と教えていただけると助かります(笑) 現在この国は不動産市場の良好な傾向が続いていて、各地からご要望も多いのですが、「他国の不動産とどこがどう違うのか」や「オーストラリアってこんなにいいんだ!」といったポイントをぜひ知っていただきたいですね。

資産の形成だけでなくオーストラリアの素晴らしさを存分に楽しみ、知識も増やして、精神的にも豊かに過ごせるライフスタイルをサポートしていきたい。投資を通じてより豊かになれる生き方をシェアしたり、皆さんとBBQやアクティビティを楽しんだり、インベストメントサロンのような集まりを支える場になればと思っています。

 

自らの信念に従い、法曹界から不動産業界へ転身

ワールドタワーのプライベートシネマのスクリーンにて説明中の鶴さん

鶴さん:日本では九州国際大学法学部の大学院で国際法修士(LLM)をとり、衛生陶器・住宅設備機器を製造するTOTO株式会社の国際本部で、役員秘書として長く勤務しました。この頃から住まいにこだわる仕事をしていたかったとも言えますね。

その後、国立ウェスタンシドニー大学法学部の大学院を卒業したことでダブルマスター(個人が2つ以上の修士課程を修了している)となったことから永住権の可能性が見え出しました。もともと修士取得後は日本に帰国予定でしたが、チャンスがあるので取得して、そのまま戻り損ねてしまいました(笑)

じつは長く法曹界にいました。国際ビジネス法を生かすために、シドニーの弁護士事務所に勤務していましたが、起業のきっかけは、その事務所に日本政府から法律調査依頼があったこと。当時の上司はその依頼を断ってしまいましたが、私個人としてはその責務に挑戦してみたいと思ったんですね。公的な仕事を受け入れしたい、そのために受けいれ機関が必要ということで独立し、自らビジネスを始めたというわけです。

事業始動後すぐに不動産について学び、公的登録を完了しました。亡くなった祖父が日本で複数不動産を保有していましたが、子供の頃からその継続を望まれていましたし、もともと法学部を目指したのも尊敬する祖父の影響でした。今でも、「祖父ならこういう場合はどうするだろう」と思いを馳せることがあります。

自分も優良な不動産を保有したいと思っていましたが、知れば知るほど、オーストラリアの不動産には資産価値があるとわかりました。空室が少なく、物件価値も賃貸価値もともに上昇が見込まれていて、法律によってオーナーの権利が堅く守られているのですから、こういう好条件の国はそうありません。

 

オーストラリア不動産の限りない将来性

鶴さん:不動産価値上昇は、供給と需要のバランスが重要な要素となっていますが、この国で物件価格が上がる背景にはさまざまな要因があります。

オーストラリアは生活環境が国際的にも評価が高く、世界各国からの移住希望者も後を絶ちません。人口増加と都市集中が相成って主要都市の不動産価格が一貫していく上昇トレンドなどについても、セミナーで毎回説明していますが、人口増加は年率1%強のペース。ここ10年で18%もの増加と政府統計局が記録しています。

老朽化した家でも100万ドルを超えるシドニー。どうやって買うんだろう、誰が買うのか分からないと思う人もいるでしょう。オーストラリアには、ダブルメリット*やネガティブギアリング**による理想的な環境があり、デュアルキー***など日本人向けの物件もあるので、30代で不動産を買っている人も意外といらっしゃって。特に弊社の物件は、市場には公開されていない特別なものなので、実現できる場合があるんですよ。

不動産について学び、しっかりと準備して最初の不動産を1つを買うことで、給料の他に収入ができますよね。そして最終的に収入が増えて、その副収入と担保価格で、さらに高額な不動産、もしくは少額の安心物件を購入することが、銀行評価によって可能になります。「夢のマイホームがシドニーでも買える」ように計画立てることもできますが、どの物件であっても将来性が高いわけではないことを踏まえて選択することがとても重要。弊社は提携銀行の担当にお客様を紹介し、「安心の将来設計」の手助けができるようサポートをしています。

オーストラリアが今後すぐ下がるかというと、まだまだ需要があるため、想定しにくいのが現状です。今チャンスなのは「地域差」。弊社では独自の分析を踏まえて、今後期待できる好ロケーションにこだわり、品質高い価値ある不動産を引き続き厳選してご紹介していきますので、ぜひご期待くださいね。

*【ダブルベネフィット】 不動産からは2種類の利益がある。オーストラリアの場合、以下の両方ともの利益が見込まれる物件もあり、投資としてもマイホームの価値の保有としても有効。 
①キャピタルゲイン:不動産の物件価値が上がることによって生じる利益。 ②インカムゲイン:賃貸家賃が上昇することで生じる利益。 住宅が中古となった場合、①②がともに下がる国もある。例えば、日本不動産の空室率が10%以上に対し、オーストラリアは2%と低く、需要に応じて①②ともに上昇傾向であるため、投資としての環境が整った国であると言える。
**【ネガティブギアリング】 オーストラリアで保有した不動産を賃貸し、賃貸収支がマイナスになる場合、給与所得や銀行利息などその他の所得と賃貸の損失を相殺して、課税所得を算出することができる。この不動産投資における税制優遇策によって節税が可能になるため、長期保有で将来的に有利
***【デュアルキー】 1軒の不動産で2世帯が居住できるように区分された住宅のこと。一方を自宅にしてもう一方を貸し出す、または双方を投資として貸し出すこともできる。賃貸家賃のリターンが高いので、慎重な日本人には向いている物件。

 

まずは情報満載のセミナーに参加しよう!

鶴さん:GIMのセミナーには、3回、4回とリピートして参加される方もいらっしゃいます。セミナー開始30分くらいは、お寿司などの軽食をつまみながら、懇親も兼ねて歓談しています(2017年現在)。

まずは不動産について基本的なことから重要な分析ポイント、市場のバックグラウンドを説明しています。マスコミによる情報は内容が偏る場合もあるので、最終的に不動産価値を査定する銀行や公的機関の資料を基軸にしています。創業以来、ぶれない視点で一貫した分析を行った結果が、すべて想定から外れていなかったことを実証できた会社であると、分かっていただけると幸いです。

その後、ロケーションを厳選した良品質の最新物件のご紹介をしています。2010年にGIMを設立して2011年から国内外でセミナーを開催していますが、2012年にご紹介したNSW州の物件は2016年に2倍の価格になりました。オーストラリアの不動産事情に詳しい専門家の方々からも「よくこんなにいい物件を見つけてきたね」とビックリされることもしばしば。

買い時を聞かれたら、「ご自分の用意が整い、この物件がほしいという出会いがあった時」と答えています。セミナーで相場観が分かるようになり、自分の考えがまとまってくると、スッと自分の目標の物件が買えるようになりますよ。現在価格が上がってくるオーストラリアでは、後になればなるほど買いにくくなります。人気物件は、購入希望者同士で取り合いになることも。せっかくのチャンスを逃さないように、念入りに準備を始めて、すばやくご購入されるといいでしょう。そのために、まず勉強して正しい知識を入れておくべき。最初の購入で失敗してしまうと、「もう二度と買いたくない」とか「とんでもないことをしてしまった」という後悔になってしまいますから。弊社のお客様で納得して購入された方は、その後も数年おきに少しずつ資産を増やし、大きな成果を挙げられているんですよ。

誰でも暮らす場所は必要です。生きることは住まうことでもあるのです。不動産はすべての人々との暮らしと結びついているので、その知識は無駄になりません。一般的によく言われるのが「富の二分化」。搾取する側とされる側に人々の生活が分かれていくという表現ですが、セミナーにお越しになる皆様に、豊かな未来、幸せな人生を歩んでいただきたいものですね。

 

次回開催セミナーのお知らせ

鶴さんのお話、いかがでしたか?

不動産のキホンを学べるのはもちろん、オーストラリアの今後を見越した物件紹介もあり、お寿司などの軽食まで付いてくる「無料不動産セミナー」。アットホームな雰囲気の中じっくりと勉強できるので、不動産購入の経験の有無や年齢に関係なく、気軽に参加してみましょう!

次回セミナーの開催日は、11月6日(月)、23日(木)!
11月6日(月)は、日本人の不動産投資家にも大人気の物件を紹介するフォティチュードホームズ社長と、その地域一帯を管理する不動産管理会社社長が参加。
11月23日(木)は、2017年の総集編! シドニー/メルボルン/ブリスベン3都市の物件の総まとめ。気になる物件を最終チェック! 不動産業界がロングホリデーに入る12月、1月前のラストチャンス!
今年いっぱいは軽食のお寿司もあるそうなので、お腹も頭も満足できること間違いなしのセミナーに、まずは気軽に参加してみましょう!

※ご予約の際は、ご本人のメールアドレス、電話番号記入の上お申し込みください。
JAMS.TVを通じてセミナーご参加の方には、物件見学のための往復航空券プレゼントなどの特典あり
🎁

アソシエイト/インターンも募集中!
GIMでは、アソシエイトとして自立したい方や、事務・広報・セミナーの手伝いをしたいインターン希望者を募集中。インターン後は日本やモルディブ、カナダなどで活躍されている元ワーホリメーカーもいるそうです。「オーストラリアに来て、それなりに楽しいけど先が見えない。自分たちのまわりの狭い世界だけじゃなく、広い視野で専門的な社会にも触れて、国際的な活躍を目指してみたい」という方は、GIMで自分の可能性に挑戦してみては?

 

セミナー開催日時はJAMS.TVのニュースレターFacebookページにて随時お知らせ(JAMS.TVだけの特典ありしますので、ご興味のある方はぜひお見逃しなく!

お急ぎの場合、無料個人面談も受付中。ご予約は以下連絡先か、お問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ!

 

    グローバルインテリジェンスマネージメント  

所在地:5503, World Tower, 91 Liverpool Street, Sydney
電話:(02) 8084-0308 / 0421-458-081
Email: gintelligencemanagement@live.com
http://gimanagement.net/index.html 

 

取材・文/武田彩愛(編集部)、撮影/鈴木利衣子(編集部)


グローバルインテリジェンスマネージメントへのお問合せはこちらから

この記事をシェアする

JAMS.TVでは取材を承っております。ご希望があればお問い合わせページよりお問い合わせください。

https://www.jams.tv/company/contact

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら