604 views
新規投稿
シドニー

オーストラリアワーキングホリデー後のフィリピン留学!?ネイティブ専門校での留学レビュー

投稿者情報

TJ

aelc_japan@hotmail.co.jp

基本情報

住所 Pyrmont NSW 2009
タイプ 語学・教育
サービス料金 有料
投稿者の他の記事 3件の記事があります

私がAELCをフィリピン留学に選んだ理由は、もちろんネイティブスピーカーの先生とのマンツーマンの授業が魅力的だったからです。

フィリピンに来る前はワーキングホリディでオーストラリアに滞在し、3か月間語学学校に通いました。その後、思うように予定が進まなかったことや英語力がまだ足りないと感じたことから、再度語学留学したいと考えました。

オーストリア渡航前に父親から一度、フィリピン留学を勧められました。当時は、フィリピンに留学?聞いたことないわ。と思っていたので調べることすらしませんでした。

しかし、フィリピン留学後渡豪してきたというクラスメートが多く、一対一の授業のこと、物価が安いこと、寮生活で英語漬けの環境にあることを教えてもらいました。

二か国目ということもあり留学自体にそれほど不安はありませんでしたが、フィリピンでの生活については不安がありました。もちろん、日本はすごく安全で快適なため、同じクオリティで生活ができるわけではありませんが、私の予想をはるかに超えた快適な生活でした。また友達もすぐできて、すごく優しい人たちばかりだったので毎日楽しく過ごすことができました。

先生にも恵まれて、毎日充実していました。ネイティブスピーカーの先生たちは幅広い趣味、知識があり、英語だけでなく色々なことを教わりました。その中で感じたことは、日本についての知識、興味が少なすぎるということです。日本の政治、少子化、食文化、言語などについての話が出たとき、日本語でも答えるのが難しく知識が乏しいため、センテンスすら作れないこともありました。しかしそれがあったからこそ、日本についても興味が湧いてきました。英語を上達させようと留学を決めたのですが、たくさんのことに興味を持ち始めているのには自分でも驚いています。

また、快適に過ごせたのは、学校のスタッフのみなさんのおかげでもあります。掃除洗濯のスタッフのみなさんはいつも明るくて、会うたびにこちらも明るくなります。電気が切れたときもすぐに対応してくれるスタッフ、おいしいご飯を作ってくれるカフェテリアのスタッフ。インスタントの味噌汁とふりかけを持ってきたのですが、使いきれず余りました。また、門番も24時間いるので安全です。友達と早朝に待ち合わせしたとき、彼女が起きてこなかったので部屋をノックし、起きているか確認するためにドアに耳をあてて部屋の前で待っていました。その後すぐに門番のクーヤがやってきました。私はよく早朝に朝市に行くので、私だとわかると朝市に行くの?彼女起きてこないの?と聞き、帰っていきました。部屋の前で不審な動きをしていると思い、駆けつけてきたとわかったとき、守られている!とすごく安心しました。

11週間の語学留学を終えて今思うのは、絶対にまた来たいということです。また働いてお金を貯めて、時間ができたら確実にここに戻ってくると思います。日本での勉強の続け方も教わったので、次にネイティブの先生たちに会う時びっくりするくらい上達させたいと思っています。